LC-MS:質問・疑問 Re: 前処理【前処理 - サンプル前処理 - LC-MS フォーラム】

前処理

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


なし 前処理

msg# 1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2014/4/3 18:13
ゲスト    投稿数: 0
LC/MSのサンプル前処理は、LC分析の時と同じで大丈夫ですか? LC/MSのサンプル前処理で特に注意すべきことがあれば教えて下さい。
投票数:0
tyutaka

なし Re: 前処理

msg# 1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/4/22 17:59
tyutaka  エキスパート   投稿数: 46
LC/MSのサンプル前処理は、基本的にはLC分析の時と同じですが、注意すべき事項もあります。それはUV吸収がなくMSでイオン化される夾雑成分の混入です。頻繁に見受けられるのは、ポリエチレングリコール(PEG)系界面活性剤の混入です。例えば、プラスチック製のサンプルチューブなどは、メーカーによっては内面の洗浄に界面活性剤を使用しています。それが前処理の過程でサンプルに混入してしまうと、本来試料には含まれていない筈の夾雑成分がLC/MSで観測されてデータの信頼性が損なわれたり、カラムから界面活性剤と共溶出する分析種のイオン化が阻害されたりという問題が起こります。PEG系の界面活性剤の多くはUV吸収を持たないため、UV検出でのLC分析では問題になりません。
投票数:3

なし Re: 前処理

msg# 1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/4/23 13:11
ゲスト    投稿数: 0
サンプルチューブからの夾雑物も排出され夾雑物になってるような気がします。メーカーにより違いますか?または推薦できメーカーはありますか?
投票数:0
tyutaka

なし Re: 前処理

msg# 1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/5/31 15:33
tyutaka  エキスパート   投稿数: 46
サンプルチューブの内壁からの溶出物は、メーカーやグレードによって大分異なります。溶出物の少ない製品は沢山ありますが、IWAKIのマイクロチューブは安心して使えます。
投票数:2
Analytics

なし Re: 前処理

msg# 1.2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/6/27 14:08
Analytics  シニア   投稿数: 12
微量分析になればなるほど、可塑剤は気になります。最近出ているリッチェル社のチューブは特に蛋白質の微量分析では一番良いみたいですね。
投票数:2
Candy

なし Re: 前処理

msg# 1.3
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/7/4 16:03
Candy  シニア   投稿数: 10
Biotage社の珪藻土(キーゼルグール)はなかなか評判が良いみたいです。いろんな会社が出してきましたが、天然物なので品質がバラついてましたね。これは品質が良いみたいと聞きました。
投票数:5


  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています


  条件検索へ

トピック一覧
コメント投稿するにはログインしてください
  •      

【PR】製品モール掲載製品
  • banner
    質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出す ...
  • banner
    生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 
  • banner
    食品偽装、微生物学、組織学など、サンプルの素材・差異をダイレクトイオン化精密質量分析で瞬時に判断 iKnifeサンプリング機能搭載REIMS研究システムは高性能飛行時間型(Tof)質量分析計と強力で直感的なソフトウェア、ダイレクトイオン化を組み合わせることで、前処理が不要で迅速かつ容易な分子プロファイリングを可能としました。 この革新的な iKnife はハンドヘルドサンプリング装置で、情報を豊富に含んだ蒸気をサンプルの表面から直接生成します。この蒸気が飛行時間型質量分析計により分析され、数秒で正確な分子プロファイリングが得られます。
  • banner
    化合物の分子を可視化するHigh Definitionイメージング 脱離エレクトロスプレーイオン化(DESI)イメージングとは、マトリックス塗布などの前処理の必要がないイオン化技術で、電荷を有するスプレー溶媒によって、試料をイオン化します。 DESI は非破壊的なソフトイオン化であり、単一の組織切片を複数回分析することができます。DESI による測定後の組織切片を再利用して、同一試料を組織染色することやMALDI 質量分析イメージングとのデータ比較を行うことができます。 応用範囲は、薬物代謝研究、がん研究(バイオマーカーの発見など)、法医学分析(指紋分析、不正薬物、乱用薬物など ...
  • banner
    疑うことなく確信できる分離へ – 質量分析の威力を全てのお客様に ACQUITY QDa検出器は、UV検出器やPDA検出器などの光学検出と同じ感覚でご使用いただけるMS検出器です。 幅35.3cm、高さ20cmと小型サイズで、電源を入れて分析を実行するだけで質量情報を取得可能です。 従来の質量分析計では通常必要とされるサンプル毎の調整や、ユーザーによる調整が不要で分離分析の既存ワークフローを変更せず使用できます。 また、初めて使用する分析技術者でも特別なトレーニングや経験も不要で、最高品質のマススペクトルデータをルーチンで継続的に生成できます。

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

運営者:バイオアソシエイツ株式会社

運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
にほんブログ村 科学ブログ 生命科学へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。

  •      

登録ユーザー数
3355人
2019年12月12日 現在
新メンバー
BLINK072 2019/12/12
すいすい 2019/12/11
だれでもないひと 2019/12/11
nekoneko 2019/12/8
hitoshi 2019/12/6
apobec1 2019/12/4
かなめん 2019/12/3
shhhd 2019/11/28
けい 2019/11/27
mafumi 2019/11/26
eikipuku 2019/11/25
Katayan 2019/11/23
BOS2016 2019/11/23
ks1991 2019/11/21
ひろ 2019/11/14
35 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが LC-MS フォーラム を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 35
バーチャル展示会