免疫学関連のライフサイエンスニュース

  

[公開日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]

2019
12月
CRISPR / Cas9技術を使用してがん患者の免疫細胞を遺伝子編集し、それらの細胞を患者に注入することは、最初の臨床試験からの初期データに基づき米国で安全かつ実現可能であることが発表された。 ペンシルバニア大学アブラムソンがんセンター の研究者は、これまでの試験で3人の参加者(2人は多発性骨髄腫、1人は肉腫)に対し、編集されたT細胞が増加し、深刻な副作用なしに腫瘍標的に結合することを観察した。 調査アプローチに関連します。ペンシルバニア大学は、 パーカーがん免疫療法研究所 (PICI)および Tmunity Therapeutics と協力してこの研究を実施している。 「このトライア ...もっと読む | 閲覧(547)
コメントあり 2  | 
使いたくても使えなかった、乾熱滅菌の課題を解決!手軽に使える11時間180℃乾熱滅菌モデル 培養時は、省容量ヒーター(5A)単独で省エネ。乾熱滅菌時は培養用+滅菌用2つのヒーター(8A)で運転する独立ヒーター構造を採用。15A電源での2台積み時も1台は乾熱滅菌しながら、もう1台は通常培養が可能。ラボでの使いやすさを考え抜いた乾熱滅菌モデルです。 器内温度 ...もっと読む
2019
7月
世界中で感染症を減らす上で最も成功した介入の1つであるワクチン接種だが、新生児を保護する上では依然として有効性が限られている。 マサチューセッツ総合病院(MGH)、MITおよびハーバード大学によるラゴン研究所の研究は、妊娠中のワクチン誘発免疫がどのようにして胎児に移るのかを決定した。これはより効果的な母体ワクチンの開発に影響を与えるだろう。 Cellの6月27日号に掲載されたこの論文のタイトルは「Fcグリカンによる胎盤抗体導入の媒介調節(Fc Glycan-Mediated Regulation of Placental Antibody Transfer)」と題されている。 「新生児は、 ...もっと読む | 閲覧(633)
コメントあり 2  | 
抗体トランスフェクション試薬Ab-Carrierは、生細胞内への抗体導入試薬です。 プロテノバが独自に開発した膜透過性人工ペプチドの機能により、細胞毒性を抑制しつつ簡単に効率良く抗体を導入できます。 Ab-Carrierは、高い膜透過活性とIgG 結合活性を有するので、非常に効率よく種々の動物種やサブクラスのIgGを生細胞に導入できます。もっと読む
2019
6月
医学界のネッシー探しに例えられるかもしれない発見が、ジョンズホプキンス医学、IBM Research、および他の4つの共同研究機関からなる研究チームによって行われた。1型糖尿病の発症に重要な役割を果たす可能性がある疑わしい「X細胞」として、「悪役ハイブリッド」免疫系細胞についての存在が初めて報告された。 Cellの2019年5月30日号の特集として発表された新しい論文の中で、異常なリンパ球(一種の白血球) - 正式には二重発現細胞(DE)細胞として知られている - を報告している。 このオープンアクセスの論文は、「1型糖尿病患者由来の特有の二重受容体発現リンパ球に存在するパブリックBCRは強 ...もっと読む | 閲覧(1014)
ナレッジ・ベースド・フィルターで厳選した200植物由来の800抽出物が含まれたライブラリ  Greenpharma社は最も多様性に富んだフィトケミカル製品を揃えるために、ナレッジ・ベースド・フィルターにより200植物を内因性および外因性の基準から選定しました。 これらの植物は異なる地域に自生し(外因性基準)、科・属、そして種の多様性(内因性基準)から選択されて ...もっと読む
2019
5月
子宮頸部の前癌を治療するための新しい免疫療法により、臨床試験に参加した3分の1の女性が病変とHPV感染の両方を完全に排除することに成功した。この注射(治療用ワクチン)には、子宮頸部上皮内腫瘍(CIN: cervical intraepithelial neoplasia)として知られるほぼすべての子宮頸癌前駆体の原因となるハイリスクのヒトパピローマウイルス(HPV: human papilloma virus)を攻撃する免疫系反応を引き起こす3種類のタンパク質遺伝子が含まれている。 「HPVに感染している女性を治療するための製品は殆ど無い。比較的簡単で成功率がこのようなものを見たのは今回が初 ...もっと読む | 閲覧(1338)
ビオチン化タンパク質を10分で簡単に精製できるスピンカラムです。 従来のストレプトアビジンと同様の強固な結合は保持しつつ、ビオチンを添加するだけで簡単にアガロースビーズからビオチン化タンパク質を溶出できます。もっと読む
2019
1月
前臨床モデルにおいても癌患者においても、免疫チェックポイント阻害療法について多くの成功例がある。 しかし、そのような免疫療法がどのようにしてその反応を引き出すのか、そしてチェックポイント阻害療法が癌を根絶するための免疫システムの再活性化に成功(または失敗)する要因については、多くの疑問が残っている。 ボストンのBrigham and Women's Hospitalの研究者らが同じくボストンにあるBroad研究所の同僚と共同で行った新しい研究で、腫瘍の免疫細胞の重要なクラスであるT細胞の異なる集団に対する免疫チェックポイント阻害療法の効果を調べた。このチームの驚くべき成果は、過去に ...もっと読む | 閲覧(894)
機能性化粧品・医薬外品等に最適な天然物由来の生物活性低分子有機化合物を探索・供給 Greenpharma社(フランス)は、最先端のケモインフォマティクスを駆使したリバース生薬学で天然物由来の生物活性分子を探索し、エビデンスの明確な機能性化粧品・医薬外品等の開発を支援します。 Greenpharma社では、有効成分を含有する天然原料の安定確保を含め、製品開発・生産 ...もっと読む
2018
12月
スクリプス研究所の科学者は、原理上、癌および慢性ウイルス感染を治療するための標的にすることができる重要な免疫系調節タンパク質を発見した。2018年11月12日にNature Chemical Biologyに掲載されたこの研究では、脳と神経の宿主を特徴とする希少な遺伝病を引き起こすタンパク質ABHD12 (abhydrolase domain containing protein 12)の機能について特定している。この論文は、「Lyso-PSリパーゼABHD12の選択的遮断は、in vivoでの免疫応答を刺激する(Selective Blockade of the Lyso-PS Lipase ...もっと読む | 閲覧(1056)
Ab-Capcherは、従来の抗体精製プロテインAゲルでは限定された適応抗体生物種やプロテインGゲルの結合量の低さと言った問題点を一挙に解決した高性能プロテインA アガロースビーズ(ゲルカラム担体)です。 特にこれまで研究者のご不満の多かったラットやマウスのモノクローナル抗体も簡単・高純度に精製できます。もっと読む
2018
12月
細菌は、私たちが呼吸するあらゆる空気の中に存在する。気道がこれらの細菌の感染からどのように保護されるのか、今まで謎のままだった。細菌を吸入すると、細菌を直接攻撃する細胞から直ちにエキソソームが分泌され、鼻の前部から気道に沿って抗菌タンパク質を送り、細菌が体の奥に入る前に防御する。マサチューセッツEye and Earの研究チームは、2018年11月12日にJournal of Allergy and Clinical Immunology(JACI)にオンラインで公開された論文でこの新メカニズムについて説明している。 この発見は、私たちの免疫システムに新たな光をもたらし、また、ある細胞群から別 ...もっと読む | 閲覧(1138)
明瞭でフェーズ問題解消のHLAタイピング NGS解析によるシングルアッセイ CareDx TruSight HLA v2 HLAタイピングのリーディングカンパニーであるCareDx社が提供するイルミナ社製のNGSベースのHLAタイピングキットです。 HLA-A, C, DQB1, DQA1 およびDPA1は遺伝子全長をカバーしており、HLA-Bはエクソン1からイントロン6まで、DRB1/3/4/5はエクソン2からイントロン4まで、DPB1はエ ...もっと読む
2018
11月
テキサス大学アーリントン校(UTA)の研究者らは、免疫応答を調節し、髄膜炎や敗血症などの中枢神経系の炎症性疾患を潜在的に制御する新しいパスウェイを発見した。「このプロセスを調整するためには、細菌感染に対する炎症反応がどのような調節を引き起こすかを知る必要がある。そうすることができれば、敗血症や髄膜炎、癌や筋ジストロフィーなどの今まで治療が困難だった中枢神経系の炎症性疾患をコントロールすることができる。」とUTA准教授のSubhrangsu Mandal博士は語る。 Mandal博士のチームの研究成果は、2018年10月23日にScientific Reportsにオンラインで掲載された。 こ ...もっと読む | 閲覧(772)
高吸着能ゲルを充填したReady to useの使い捨て抗体精製カラム&バッファーキット。 低価格・簡単・スピーディー。 ラット・マウス・ウサギ等、様々な抗体精製にお薦めします。もっと読む


運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3385人
2020年02月24日 現在
新メンバー
おまんじゅう 2020/2/21
tohnukk 2020/2/19
kmaradon 2020/2/17
やまっち 2020/2/17
仙風 2020/2/16
satomako 2020/2/13
orgchem 2020/2/7
HIRAkazu 2020/2/5
maemae 2020/2/4
nagatake 2020/1/30
sakanoue 2020/1/29
Hiroada 2020/1/28
bluez 2020/1/26
hirori 2020/1/25
bwongwoo 2020/1/23
49 人のユーザが現在オンラインです。 (41 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 49
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会