遺伝子研究関連のバイオニュース

  

[公開日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]

2020
8月
伝染性のまれな腫瘍によりタスマニアデビルは絶滅の危機に瀕しているが、ワシントン州立大学とシアトルのフレッドハッチンソン 癌 研究センターの科学者らによる新しい研究は、この動物の生存とヒトの 癌 の新しい治療への希望を示している。 2020年8月1日に Genetics のオンラインで公開されたこの研究では、野生のタスマニアデビルの伝染性 癌 の成長を抑制する単一の遺伝子変異(RASL11Aの活性化)が見付かった。 この論文は、「RASL11Aの活性化に関連するタスマニアデビルでの腫瘍の自然退縮(Spontaneous Tumor Regression in Tasmanian Devils ...もっと読む (この記事を361人が閲覧)

2020
8月
ニュージーランド固有の爬虫類である ムカシトカゲ のゲノムを配列決定するために、国際研究チームがマオリ族と連携した。2020年8月5日にNatureでオンラインで公開された研究は、この古代種の進化を理解するための基礎を築き、それを保護するための保全活動に情報を与えることができる。 このオープンアクセスの論文は「 ムカシトカゲ のゲノムが羊膜類進化の古代の特徴を明らかにする(The Tuatara Genome Reveals Ancient Features of Amniote Evolution.)」と題されている。 この研究には、オタゴ大学(ニュージーランド)とヨーロッパ分子生物学研究所 ...もっと読む (この記事を440人が閲覧)

2020
8月
最悪の脳腫瘍である神経 膠芽腫 の原因となる発癌遺伝子が特定された。 この発見は、致命的な癌に有望な新しい治療標的を提供するものだ。 この研究者らは、癌遺伝子は癌細胞の生存に不可欠であり、それがなければ、癌細胞は死ぬと述べた。 この成果は2020年7月10日にネイチャーコミュニケーションズで発表された。 この論文は「細胞骨格レギュレーターAVILが 膠芽腫 の腫瘍形成を促進する(A Cytoskeleton Regulator AVIL Drives Tumorigenesis in Glioblastoma .)」と題されている。 バージニア大学(UVA)医学部およびUVA癌センターの研 ...もっと読む (この記事を742人が閲覧)
    大容量の抗体精製に使用できる優れた結合能 Ab-Capcher 抗体精製アフィニティ磁気ビーズは、特許の高結合・アルカリ耐性 rProtein A 誘導体を結合したアフィニティ磁気ビーズです。 従来製品の約5倍の結合能とアルカリ洗浄による再使用ができるため、従来のアフィニティ磁気ビーズでは困難だった多量の抗体精製を簡便に行うことができます。 ラット・マウスをはじめ幅 ...もっと読む

2020
8月
テキサス大学サウスウェスタン(UTSW)の研究者らによる2つの新研究では、 概日時計 の維持が個々の細胞の遺伝的およびランダムな手段の両方で行われていることについて説明している。 これらの研究成果は、2020年5月1日に PNAS 、2020年5月27日に eLife でオンライン公開された。これは生物の 概日時計 がどのように柔軟性を維持し、老化と癌への洞察を提供するものだ。 このオープンアクセスのPNASの論文は「概日周期におけるノイズ駆動型セルラー異質性( Noise-Driven Cellular Heterogeneity in Circadian Periodicity ) ...もっと読む (この記事を404人が閲覧)

2020
7月
ドイツのボーフムとミュンスターの研究者らは、細菌細胞内のすべての RNA 分子の構造を一度に決定する新しい方法を開発した。 これまでは、解析を各 RNA 分子に対して個別に行う必要があった。 正確な組成に加えて、それらの構造は RNA の機能にとって重要だ。 チームは、2020年5月28日にNucleic Acids Researchでオンラインで公開された論文で、鉛(Pb)シーケンスのLead-Seqと呼ばれる新しいハイスループット構造マッピング手法について説明している。 この論文は「Lead-Seq:鉛(II)イオンを使用したin vivoでのトランスクリプトーム全体の構造プロービング(L ...もっと読む (この記事を449人が閲覧)

2020
7月
2020年6月18日、NIHのディレクターであるFrancis Collins 医学博士は、血液型と重度の COVID-19 のリスクについてブログに投稿した。 本記事は、そのブログの内容に基づいている 。 Collins 博士のブログのタイトルは「遺伝子、血液型は深刻な COVID-19 のリスクに結びついている( Genes, Blood Type Tied to Risk of Severe COVID-19. )」 と題されている。 COVID-19 に罹患した多くの人々は、軽い病気であるか、まったく症状がないこともある。 しかし、その他の人々は、彼らが回復するのを助けるために酸素 ...もっと読む (この記事を983人が閲覧)

2020
6月
Nucleic Acids Research(NAR)で2020年6月18日に発表された「Breakthrough Article」で、カナダのシェルブルック大学のVincent Burrus博士が率いる研究者グループは、(細菌株と種間の抗生物質耐性遺伝子の動員と移動を促進する)特定の接合性プラスミドが、如何に CRISPR 防御システムの分解メカニズムを回避するかを解説している。 NARのBreakthrough Articlesは、その分野における長年の問題を解決する研究、または新しい研究の機会と方向性を明確に動機づけ、導く研究分野への例外的な新しい洞察と理解を提供する研究について説明して ...もっと読む (この記事を566人が閲覧)
    細胞本来の生育環境を正確に反映した細胞培養システムAvatarシステムは、細胞の機能・外部特性・内部特性(遺伝子的特性等)を維持したまま培養できる細胞培養システムです。採取された貴重な細胞が正常に増殖し、意味のある結果を導き出すためには本来の状態を維持する環境が必要です。Avatarシステムは、生体内環境状態を再現できる初めての細胞増殖システムで ...もっと読む

2020
4月
我々の宇宙の 85%を占める神秘的な暗黒物質がある ように、何十年もの間、科学者を困惑させてきたヒ トゲノムの「暗い」部分がある。 2020 年 3 月 6 日に Genome Research のオンライ ンで発表された研究は、これまでこれらの暗くて静 かな領域に隠されていたショウジョウバエのゲノム の新しい部分を特定している。 「Drosophila Genetic Reference Panel の遺伝子発現ネットワー ク(Gene Expression Networks in the Drosophila Genetic Reference Panel)」と題さ れた共同論文は、クレム ...もっと読む (この記事を580人が閲覧)



バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム