未分類関連のライフサイエンスニュース

  

[公開日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]

2018
9月
メープルツリーはメープルシロップと美しい紅葉でよく知られている。 しかし、その葉の美しさは肌にとっても役立つものになる可能性があることが判明した。科学者らは、葉からの抽出物がしわを防止し得ることを報告している。この研究成果は第256回アメリカ化学会(ACS)の全国会議および博覧会で発表された。 世界最大級の学会であるACSは、2018年8月19日〜8月23日にボストンでこの会議を開催した。ACSミーティングでは、幅広い科学分野で10,000件以上のプレゼンテーションが行われた。 このメープルリーフの研究者は、以前に、サトウキビとレッドメープルの樹木から得た樹液とシロップの化学的および健康的 ...もっと読む | 閲覧(1058)
高吸着能ゲルを充填したReady to useの抗体精製カラムキット Ab-Express
高吸着能ゲルを充填したReady to useの使い捨て抗体精製カラム&バッファーキット。 低価格・簡単・スピーディー。 ラット・マウス・ウサギ等、様々な抗体精製にお薦めします。
2017
2月
慢性的な自己免疫疾患である狼瘡(ループス)は、炎症、痛み、皮膚、関節、および臓器の損傷を介して、冒された人の身体を破壊する可能性がある病気である。 ミシガン大学の研究者らは、腎臓のバイオマーカーが狼瘡の進行と合併症の徴候を示すかどうかを調べた。 「狼瘡患者は、腎臓の関与のリスクが高いため、透析または移植を必要とする末期腎疾患になる可能性があります。」とミシガン大学の環境健康科学と産科医学およびInstitute for Healthcare Policy and Innovationのメンバーである、内科(リウマチ学)准教授のEmily Somers, Ph.D., Sc.M.は述べている。 ...もっと読む | 閲覧(1183)
ArcherDX FusionPlex融合遺伝子検出アッセイ
次世代シーケンスによる融合遺伝子の検出 疾患関連融合遺伝子の数は増加の一途を辿り、その同定には次世代シーケンサー(NGS)を用いることが現実的になってきています。 しかし、一般的なライブラリ調製法では、偽陰性が生じる、大量のサンプルが必要、新規の融合を容易に検出できない、といった問題があります。 ArcherDX社では、NGS用試薬生産のノウハウに、斬新 ...


運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
    登録ユーザー数
    3094人
    2018年11月16日 現在
    新メンバー
    わしづか 2018/11/13
    タカ 2018/11/13
    M8ODFY 2018/11/8
    kitaguch 2018/11/7
    Osk_BM.J 2018/11/1
    makilua 2018/11/1
    sakasama 2018/10/31
    cortina7 2018/10/30
    9 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
    登録ユーザ: 1 ゲスト: 8
    抗体よもやま話
    質量分析屋のネタ帳
    創薬よ何処へ

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。