もっとも短期間で近固定に進んだ人間の遺伝子重複が自閉症遺伝子領域付近で見つかる

Dr. Mortonの暖かい歓迎の挨拶に続いて、もっとも優れたアブストラクトから4件を選んで総会でのプレゼンテーションがあった。その一つは、University of Washington, Dr. Evan Eichler研究室の学院生、Xander Nuttle, B.S., B.S.E.が自ら第一著者を務めた「Human-Specific Gene Evolution and Structural Diversity of the Chromosome 16p11.2 Autism CNV」と題されたアブストラクトの発表だった。University of Washington の研究チームは、現代人2,551人、大型類人猿86頭、ネアンデルタール人1体、デニソワ人1体のゲノムを解析した。