ナチュラルキラー細胞由来エキソソームとエキソソームmiRNAはがん治療に役立つのか

10月10日火曜日の夕方には、ロサンゼルス子供病院のMuller Fabbri博士による、癌治療におけるNK細胞由来のエキソソームおよびNK細胞由来のマイクロRNA(miRNA)の可能性のある役割についての論議があった。彼は最初に、NK細胞由来エキソソームがMYCN増幅神経芽腫細胞株に対して細胞傷害活性を示すことに注目した。さらに、これらのエキソソームは、腫瘍における発現がNK活性化マーカー(すなわち、NKG2DおよびDNAM-1)と相関し、予後の影響を有する腫瘍抑制因子miRNAを保有する。