まとめ

このレポートは完全なものではないが、臨床プロテオミクスの分野で期待感が高まっていることをはっきりと描けたのではないか。MSを用いたプロテオミクス技術の臨床応用は人々が期待したほど速やかには進まなかったが、過去2,3年の間にこの分野の技術が大きく前進している。