力を持つ既成の検査法/自動化システムとFDA認可で機器の採用も迅速化が可能

普通、病院は既成の検査法を選び、検査室の責任を回避し、メーカーに責任をとらせる傾向がある。加えて、システムそのものと同様に各検査も日常的な臨床での利用には管轄規制当局の認可を必要とする(FDA 510kやCE-IVDマークのように)。現世代のLC-MS/MS機器はそういうのとは異なる。

  ログインしてください。