結び

結論として、LC-MS/MS分析技術は、臨床検査室にとって多大なメリットがあると思われるが、まだ装置のコストや操作にかなりの技術的熟練を必要とするなど、いくつかの障害が残っている。それでも、メーカーは、自動化システムやキットなど機器の稼働に必要な器材を開発していくことが予想され、LC-MS/MS分析のメリットがさらに高まり、この技術を臨床検査室でさらに幅広く利用する推進力になっていく。この記事の初めの方で述べたが、免疫学測定法をLC-MS/MS分析に置き換えるだけでも200億ドルの市場の可能性がある。それだけでも進歩の強い動機になるはずだ。

  ログインしてください。