先端診断特集コラム先端診断特集コラム臨床プロテオミクスでプレシジョン医療の発展促進も 「Biodesix社、Biognosys社のHRM-MSテクノロジー利用可能に」 - 先端診断特集コラム

Biodesix社、Biognosys社のHRM-MSテクノロジー利用可能に


トップ  >  先端診断特集コラム  >  臨床プロテオミクスでプレシジョン医療の発展促進も  >  Biodesix社、Biognosys社のHRM-MSテクノロジー利用可能に

  著者:  作成:2016/7/13 9:29:59

 2015年7月29日、Biodesix社は、「Biognosys社との協定に達した。Biognosys社は、同社のBiognosys HRM-MS技術をBiodesix社のコンパニオン診断開発の一部として供与し、がん治療市場の新しいタンパク質アッセイ開発に充てることになる (10)」と発表している。


Biognosys社のHRM-MSは、次世代ハイコンテント・プロテオミクス技術であり、何千種ものタンパク質を高再現性高精度で定量化し、患者タイプ別グループの臨床的に有意味な差異の判定を助けるものである。


他のMSラベル化法と比べると、HRM-MS試料調製は、化学物質を使わず、分画も必要としないため、作業がはるかに容易であり、解析できる試料の数にも制限がない。

 

Biodesix社のプロテオミクス検査製品の基本は、深いMALDI-TOF MSデータを深い学習原理と組み合わせ、患者の血液試料から必要な分子情報を集め、それを臨床的な結果と相関させることにある。

 

Biodesix社は、HRM-MS技術を手に入れることで、仮説に頼らない方法論で開発された検査製品の生物学的原理を理解する筋道となるだけでなく、幅広い範囲の診断検査製品とコンパニオン診断製品の開発と有効性検証が可能になる。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      

この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票数:27平均点:7.04
  • 用語の定義について
     まず、いくつかの主要用語を定義し、区別しておくことが重要である。まず、「 targeted proteomics 」と「 discovery proteomics 」であるが、「 dis…続きを読む (2016-7-13)  
  • Hyper Reaction Monitoring-Mass Spec (HRM-MS)
    HRM-MS™ (2) は、スイスのチューリッヒに本社を置く次世代プロテオミクス界をリードするBiognosys AG で開発された次世代ハイコテント・プロテオミクス技術である。 H…続きを読む (2016-7-13)  
  • Digital Biobanking: 未来のプロテオミクス
     Biognosysis社によると、HRM-MS™ の特長の一つは、サンプル測定の時には重要と分かっていなかった、あるいは重要と考えられていなかったタンパク質やタンパク質アイソ…続きを読む (2016-7-13)  
  • Integrated Diagnostics社のXpresys Lung Test
     The Xpresys® Lung Testは、2013年10月に市場に発表された。この製品は、簡単な採血だけで、肺結節 (ILNs) が良性かどうかを示す発現のシグネチャーの手…続きを読む (2016-7-13)  
  • Biodesix社のVeriStrat® NSCLC Proteomics Test
     カナダとカリフォルニアを拠点に事業を展開するBiodesix, Inc.は、がん患者の治療成果向上のために血液検査による診断検査法の開発と商品化を行う分子診断法開発企業である。 同社…続きを読む (2016-7-13)  

おすすめ製品・サービス

質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出すことに成功しました。またNanoPore Optical Interferometry(干渉分光法)を用いることで、ベースラインドリフトが僅か0.35RU/hと従来のSPR法に比べ極めて安定 ...もっと読む
ルーチンのバイオセパレーションを効率化 ACQUITY Arc Bioシステムは、既に他のLCシステムで開発した分析法の一貫性を損なうことなく効率的かつ容易に移管できます。 更にバイオイナート流路設計により、タンパク質との相互作用と、高塩濃度移動相使用時における腐食を最小限に抑えることで、生体高分子分析に更なる堅牢性を付与し、システム稼働時間を最大化します。 逆相 (RP)、イオン交換 (IEX)、サイズ排除 (SEC)、親水性相互作用(HILIC)、または疎水性相互作用 (HIC) といった生体高分子の特性解析に必要な全てのクロマトグラフィーモードを同一システムで、かつ良好なサンプル回収率、低キャリーオーバー、高い堅牢性で実施可能です。もっと読む
生体試料中薬物濃度分析、高分子医薬品の定量で、更なる高感度を実現Xevo TQ-XSには、更なる高感度分析のために、最適化された様々なテクノロジーが搭載されており、より高感度が必要とされるバイオ医薬品やADC(抗体薬物複合体)の定量分析で、信頼性の高い結果を得ていただけます。もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

運営者:バイオアソシエイツ株式会社

運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3373人
2020年01月28日 現在
新メンバー
bluez 2020/1/26
hirori 2020/1/25
bwongwoo 2020/1/23
kuromits 2020/1/21
kimiya 2020/1/17
cacao 2020/1/16
miya3 2020/1/16
おにく 2020/1/13
HiroK 2020/1/12
SHUSE 2020/1/9
はじめまして 2020/1/9
fskyk 2020/1/9
JUN TANA 2020/1/5
うまごん 2020/1/4
MJkawa 2019/12/26
29 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 先端診断コラム を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 29
BioQuick ニュース

BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

バーチャル展示会