海外学会ダイジェストPrecision Medicine World Conference (PMWC) 2017 - バイオマーケットjp

Precision Medicine World Conference (PMWC) 2017


 >  海外学会ダイジェスト  >  Precision Medicine World Conference (PMWC) 2017
Precision Medicine World Conference (PMWC) 2017 シリコン・バレーで開かれた今年のPrecision Medicine World Conference (PMWC) 2017では、バイオテック専門家1,300人、後援企業40社、出展企業30社などが全世界から参加し、何人もの斯界のリーダーがプレゼンテーションを行った。この会議は、Stanford Health Care、Intermountain Precision Genomics、University of California-San Francisco (UCSF)、Duke University School of Medicineが共同後援団体を務めた。

150人を超える部会発言者には、University of Texas (UT) MD Anderson Cancer Center, Immunotherapy ProgramのExecutive Directorを務めるJames Allison, Ph.D.、Providence St. Joseph HealthのChief Science Officerを務めるLeroy Hood, M.D., Ph.D.、中国のBGI (Beijing Genomics Institute) のGlobal Head of R&Dを務めるYiwu He, Ph.D.、BGI company, Complete GenomicsのChief Science Officerを務めるRade Drmanac, Ph.D.、Stanford School of Medicine, Institute of Stem Cell Biology & Regenerative MedicineのDirectorを務めるIrv Weissman, M.D.、University of California-BerkeleyのProfessor of Chemistry & Molecular & Cell Biologyを務めるJennifer Doudha, Ph.D.、音波液体ハンドリング企業、LabcyteのMark Fischer-Colbrie President兼CEOらの名前もあった。

まる3日間の刺激あふれる部会においては、がん免疫療法、科学的ウエルネス、液体生検バイオマーカー腸メタボロームゲノムシーケンシング、ビッグデータからの知識、音波を用いた精密リキッドハンドリングCRISPR-Cas9遺伝子編集の威力などが関心を集めていた。月曜日朝早い部会では、Dr. Allisonが、長らく謎に包まれていたT細胞受容体の同定から、T細胞の活動を促進するCD28分子、T細胞の活動を抑制するCTLA-4分子の同定まで過去30年間にわたる研究について語った。このCTLA-4の発見は、CTLA-4を標的とすることで、T細胞の抑制を取り除き、強力な免疫反応を助ける抗体のイピリムマブIpilimumab)の開発に結びつき、皮膚がんその他のがんの治療でその効果が示された。この研究は、T細胞増殖を阻害するいわゆる「免疫チェックポイント阻害」を取り除き、がんに対する効果的な免疫反応を刺激するという手法を基礎とするがん免疫療法の根本的な変革を助けることになった。科学雑誌は、「がん免疫療法」を「2013年最大のブレークスルー」に選んでいる。Dr. Allisonは、「最近の研究では、T細胞の活性を回復する上でPD-1分子阻害の有効性が示された。また、抗CTLA-4と抗PD-1を組み合わせた療法はいずれかを単独で用いるより優れた治療効果がある」という証拠を挙げている。
  著者:   作成:2017/3/26 21:45:46 長年、生物学とバイオテック・エンジニアリングの分野で発明の才と先見の明を知られたDr. Hoodは、最近には将来の医薬、特にP4医療 (predictive [予測]、preventive [予防]、personalized [個別化]、participatory [患者参加]) の分野での活動のプレゼンテーションを行った。 Dr. Hoodは、「How Scientific Wellnes ...続きを読む
ログインしてください
    BD Rhapsody シングルセル解析システム
    数万のシングルセルに対し数百の遺伝子を同時解析BD社のBD Genomicsグループは、独自のMolecular Indexingテクノロジーを基本に、シングルセル解析システム " Rhapsody "を開発しました。 ...

      著者:   作成:2017/3/26 21:53:54 BGIのDr. Heは、中国のBGIが開発した新型DNAシーケンサーについて説明し、全ゲノム・シーケンシングの料金も現在の$1,000から、2020年頃には$100になっているだろうと予想している。 BGISEQ-500と名付けられたこの新しいシーケンサーは、先頃BGIが買収したシリコン・バレー企業、Complete GenomicsのCSOを務めるRade Drmanac, Ph.D.が開 ...続きを読む
    ログインしてください
      GlycoWorks RapiFluor-MS N型糖鎖解析キット
      糖タンパク質N型糖鎖解析を飛躍的に効率化する革新的新ソリューション誕生! 糖タンパク質N型糖鎖の切り出し~標識~精製をたった3つのステップで30分以内で行うためのキットです ...

        著者:   作成:2017/3/26 21:55:24 Dr. Weissmanのプレゼンテーションは、「Immunotherapy: Immuno-Checkpoint Inhibitors and Beyond—Controlling Gene Expression with CRISPRi and CRISPRa (免疫療法: 免疫チェックポイント阻害薬とそれ以降、CRISPRiおよびCRISPRaによる遺伝子発現制御)」と題されて ...続きを読む
      ログインしてください
        高吸着能ゲルを充填したReady to useの抗体精製カラムキット Ab-Express
        高吸着能ゲルを充填したReady to useの使い捨て抗体精製カラム&バッファーキット。 低価格・簡単・スピーディー。 ラット・マウス・ウサギ等、様々な抗体精製にお薦めします。

          著者:   作成:2017/3/26 21:56:56 Dr. Doudnaは、細菌のCRIPSR獲得免疫系を強力なゲノム編集ツールとして利用することで大きな展開が可能になり、この技術を用いて、様々な生物の遺伝子を改変、調節、視覚化できるようになったことについて語った。 ...続きを読む
        ログインしてください
          Ab-Capcher 抗体精製アフィニティ磁気ビーズ
          大容量の抗体精製に使用できる優れた結合能 Ab-Capcher 抗体精製アフィニティ磁気ビーズは、特許の高結合・アルカリ耐性 rProtein A 誘導体を結合したアフィニティ磁気ビーズです。 従来製 ...

            著者:   作成:2017/3/26 21:58:29 「炉端雑談部会」では、LabcyteのPresidentであり、CEOを務めるFischer-Colbrie氏が、GE Ventures, Health Care Ventures, Directorを務めるAlex de Winter, Ph.D.と、「How to Commercialize Disruptive Technlogies That Advance Personalized M ...続きを読む
          ログインしてください
            iKnifeサンプリング機能搭載REIMS研究システム
            食品偽装、微生物学、組織学など、サンプルの素材・差異をダイレクトイオン化精密質量分析で瞬時に判断 iKnifeサンプリング機能搭載REIMS研究システムは高性能飛行時間型(Tof)質量分析 ...

              著者:   作成:2017/3/26 22:00:01 大成功をおさめたPMWC 2017は、PMWC Intl, Silicom Venturesの2人の共同創設者、Presidentを務めるTal Beharと、Chairmanを務めるGadi Beharの両氏の主催で開かれた。 ...続きを読む
            ログインしてください
              Xcell Biosciences Avatarシステム
              細胞本来の生育環境を正確に反映した細胞培養システムAvatarシステムは、細胞の機能・外部特性・内部特性(遺伝子的特性等)を維持したまま培養できる細胞培養システムです。採取さ ...




              運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

              バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

              ユーザー登録すると...

              コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

              様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

               

              ユーザー登録は1分で完了

              ユーザー登録は無料

              運営者:バイオアソシエイツ株式会社

                登録ユーザー数
                2906人
                2018年01月23日 現在
                34 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
                登録ユーザ: 1 ゲスト: 33
                BioQuick ニュース

                BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
                BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

                抗体よもやま話
                創薬よ何処へ
                アクセスカウンター
                DATEVisits/PVs
                2018/01/23:683/6993
                2018/01/22:776/16443

                 

                クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
                バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。