海外学会ダイジェスト米国人類遺伝学会 (The 64th Annual Meeting of the American Society of Human Genetics)膨大なデータと膨大な遺伝学 - バイオマーケットjp

膨大なデータと膨大な遺伝学

ASHG 


  著者:  作成:2014/11/26 9:00:00

19日午前には活発な相互交流が見られた。3人の異なる分野の膨大なデータを抱える専門家がそれぞれの見地から生物学的な問題について語ったのである。講演者は、IBM Watson Research Center, Computational Biology Center DirectorのAjay Royyuru, Ph.D.が、「Genomic Analytics with IBM Watson」のテーマで語り、Google, Engineering DirectorのDavid Glazerが、「Lessons from a Mixed Marriage, or Big Sequencing Meets Big Data」のテーマで語り、Centers for Disease Control, Office of Medicine and Public Health Genomic DirectorのMuin J. Khoury, M.D., Ph.D.が、「Medicine and Public Health」のテーマで語った。

Dr. Royyuruは、現実的にすべてのがんが異なるという認識の上に立った精密治療の巨大な課題について強調した。特に最近のNature News article で、過去の「失敗した」医薬治験を再調査する意義について考え、特に医師が予期した以上に長生きし、「exceptional responder」と呼ばれている膵臓がん患者について報告していることに言及した。Dr. Royyuruは、患者個別にしか効果がない治療法が進展することはまずあり得ないとしても、少なくとも検討に値するのではないかと述べている。

Dr. Khouryは、次の3点を強調している。
(1) Dr. Khoury自身の著作「Transforming Epidemiology for the 21st Century」に明確に述べられているように、確固とした疫学研究ガイドラインを設定する重要性。
(2) 公衆衛生問題を広く周知徹底し、知識管理、知識綜合、知識転換などの知識解釈にしっかりとしたアプローチを形成していく。 
(3) 今後も科学的根拠に基づいた医療と集団検診を活用し、それにWatson、Googleや協同して作業を進める人々のニーズを合わせる。

Dr. Khouryは、CDCが援助する「Evaluation of Genomic Applications in Practice and Prevention (EGAPP)」についても強調している。EGAPP Working Groupは、発達の速い臨床現場での遺伝子検査の効力と有用性に関する公開資料にアクセスできる体制の整備を支援することを目的として2005年に設立された。この機関は独立した学際的パネルで、試験に優先順位をつけて選択し、CDCが委託したエビデンス・レポートその他の背景要因の審査を行い、知識に重大なギャップがあればこれを明らかにし、個々の臨床例での適切な遺伝子検査の指針を提起するなどの役目を担っている。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « 痛みの激しい遺伝性皮膚疾患の新薬の第III相試験で良好な結果
    更なる発見に向けて »



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:33平均点:4.24

    おすすめ製品・サービス

    iRepertoire TCR/BCRレパートリー プライマーセット:次世代シーケンサーによる網羅的シーケンス解析
    次世代シーケンシングによる免疫レパートリーの配列決定 次世代シーケンシングは、免疫レパートリーのV領域(またはV(D)J配列)をパラレルに数百万の塩基配列決定を可能にしますが、次世代シーケンサーの多くは配列のread-lengthに限界があります。 そこでiRepertoire社では、様々なread-lengthに対応したヒト・マウス免疫細胞のCDR3領域をカバーするマルチプレックスPCRプラ ...
    • 用語の定義について
       まず、いくつかの主要用語を定義し、区別しておくことが重要である。まず、「 targeted proteomics 」と「 discovery proteomics 」であるが、「 dis…続きを読む (2016-7-13)  
    • Hyper Reaction Monitoring-Mass Spec (HRM-MS)
      HRM-MS™ (2) は、スイスのチューリッヒに本社を置く次世代プロテオミクス界をリードするBiognosys AG で開発された次世代ハイコテント・プロテオミクス技術である。 H…続きを読む (2016-7-13)  
    • Digital Biobanking: 未来のプロテオミクス
       Biognosysis社によると、HRM-MS™ の特長の一つは、サンプル測定の時には重要と分かっていなかった、あるいは重要と考えられていなかったタンパク質やタンパク質アイソ…続きを読む (2016-7-13)  
    • Integrated Diagnostics社のXpresys Lung Test
       The Xpresys® Lung Testは、2013年10月に市場に発表された。この製品は、簡単な採血だけで、肺結節 (ILNs) が良性かどうかを示す発現のシグネチャーの手…続きを読む (2016-7-13)  
    • Biodesix社のVeriStrat® NSCLC Proteomics Test
       カナダとカリフォルニアを拠点に事業を展開するBiodesix, Inc.は、がん患者の治療成果向上のために血液検査による診断検査法の開発と商品化を行う分子診断法開発企業である。 同社…続きを読む (2016-7-13)  
    運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

    バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

    ユーザー登録すると...

    コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

    様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

     

    ユーザー登録は1分で完了

    ユーザー登録は無料

    運営者:バイオアソシエイツ株式会社

      登録ユーザー数
      2966人
      2018年04月22日 現在
      27 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 27
      BioQuick ニュース

      BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
      BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

      抗体よもやま話
      創薬よ何処へ
      アクセスカウンター
      DATEVisits/PVs
      2018/04/22:688/5926
      2018/04/21:719/18607

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。