海外学会ダイジェスト米国人類遺伝学会 (The 64th Annual Meeting of the American Society of Human Genetics)痛みの激しい遺伝性皮膚疾患の新薬の第III相試験で良好な結果 - バイオマーケットjp

痛みの激しい遺伝性皮膚疾患の新薬の第III相試験で良好な結果

ASHG 


 >  海外学会ダイジェスト  >  米国人類遺伝学会 (The 64th Annual Meeting of the American Society of Human Genetics)  >  痛みの激しい遺伝性皮膚疾患の新薬の第III相試験で良好な結果

  著者:  作成:2014/11/26 9:00:00

18日の総会での二番目のアブストラクト・プレゼンテーションは、erythropoietic protoporphyria (EPP) または一般に「popcorn ichthyosis」と呼ばれる、耐えられないほどの痛みを伴う、ごくまれな常染色体劣性遺伝性皮膚疾患の新治療薬が第III相試験で良好な結果が出たという報告だった。

発表は、ニューヨーク市所在Mount Sinai School of Medicine, Genetics and GenomicsのDeanを務めるRobert J. Desnick, M.D., Ph.D.が行った。遺伝性のこの疾患は、皮膚が光にきわめて敏感になり、光にさらすと耐えられない痛みや腫れを引き起こし、通常光にさらされやすい顔、手足などに傷跡を残す。EPP患者は皮膚が光にさらされた時の痛みは耐えられないほどだと訴えている。

Dr. Desnickは、「現在のところ、効果的な治療法はなく、陽光を避けることが唯一の対策で、そのため、患者は日光を避けて歩く『shadow jumpers』と呼ばれている。現在、この疾患の治療薬として試験を受けているのはafamelonatideで、これは、メラニン形成によって皮膚の色素沈着を起こし、紫外線にさらされる皮膚を太陽光 (UV) による損傷から守る天然の メラノコルチン・ ペプチド・ホルモン・ アルファメラニン細胞刺激ホルモン (α-MSH) の人工合成物で、予備研究や臨床治験で効果が示された。

治験では、この薬剤を16mgの皮下生体吸収インプラントの形で投与した。Dr. Desnickは、この薬剤の第III相試験で、薬剤の投与を受けたEPP患者では、太陽光を浴びて痛みを感じるまでの時間がかなり伸び、かつ皮膚がんの危険も抑えられたことが示されと報告している。EPP治療薬afamelonatide の試験は、SCENESSE®の名前でClinuvelとの共同で行われた。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « もっとも短期間で近固定に進んだ人間の遺伝子重複が自閉症遺伝子領域付近で見つかる
    膨大なデータと膨大な遺伝学 »



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:35平均点:5.14

    おすすめ製品・サービス

    BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム
    タンパク質分離をより確かに - タンパク質の分離に関わる様々な問題を解決する新規カラム BioResolve RP mAb Polyphenyl カラムのイメージ BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム 高い分子量と、複雑な構造をもつタンパク質の分析には多くの困難が伴います。 粒子径2.7 μmのソリッドコアパーティクル、新規官能基を採用することにより、分離の向上のみならず、キャリーオーバーの改善 ...
    • 用語の定義について
       まず、いくつかの主要用語を定義し、区別しておくことが重要である。まず、「 targeted proteomics 」と「 discovery proteomics 」であるが、「 dis…続きを読む (2016-7-13)  
    • Hyper Reaction Monitoring-Mass Spec (HRM-MS)
      HRM-MS™ (2) は、スイスのチューリッヒに本社を置く次世代プロテオミクス界をリードするBiognosys AG で開発された次世代ハイコテント・プロテオミクス技術である。 H…続きを読む (2016-7-13)  
    • Digital Biobanking: 未来のプロテオミクス
       Biognosysis社によると、HRM-MS™ の特長の一つは、サンプル測定の時には重要と分かっていなかった、あるいは重要と考えられていなかったタンパク質やタンパク質アイソ…続きを読む (2016-7-13)  
    • Integrated Diagnostics社のXpresys Lung Test
       The Xpresys® Lung Testは、2013年10月に市場に発表された。この製品は、簡単な採血だけで、肺結節 (ILNs) が良性かどうかを示す発現のシグネチャーの手…続きを読む (2016-7-13)  
    • Biodesix社のVeriStrat® NSCLC Proteomics Test
       カナダとカリフォルニアを拠点に事業を展開するBiodesix, Inc.は、がん患者の治療成果向上のために血液検査による診断検査法の開発と商品化を行う分子診断法開発企業である。 同社…続きを読む (2016-7-13)  
    運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

    バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

    ユーザー登録すると...

    コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

    様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

     

    ユーザー登録は1分で完了

    ユーザー登録は無料

    運営者:バイオアソシエイツ株式会社

      登録ユーザー数
      2966人
      2018年04月22日 現在
      29 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 29
      BioQuick ニュース

      BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
      BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

      抗体よもやま話
      創薬よ何処へ
      アクセスカウンター
      DATEVisits/PVs
      2018/04/22:688/5930
      2018/04/21:719/18607

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。