海外学会ダイジェストASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) 敗血性ショック治療のためのスーパーリプレッサーIkBエキソソーム - バイオマーケットjp

敗血性ショック治療のためのスーパーリプレッサーIkBエキソソーム


 >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  敗血性ショック治療のためのスーパーリプレッサーIkBエキソソーム

  著者:  作成:2017/11/14 14:00:35

10月9日の月曜日の朝は、Cellex Life Sciences、Inc.の最高経営責任者(CEO)であり韓国・KAISTバイオ・バイオエンジニアリング部のチョルヒ・チェー博士が、敗血症性ショックを含む急性炎症性疾患を治療する新しいシステムの可能性を説明した。敗血症性ショックの症例は毎年2000万人にも上り、ICUの主な死因であるとチェー博士は指摘し、治療改善の必要性を強調した。チェー博士のグループはこれまで、制御された可逆的タンパク質・タンパク質相互作用(PPI)を介して可溶性タンパク質を細胞質ゾルに送達することが可能な「EPLOR」(exosomes for protein loading via optically reversible protein-protein interaction)という名の光生成エンジニアリングエクソソームシステムを開発してきた。タンパク質負荷EXPLORを用いた処理は、時間および用量依存的な様式で、カーゴタンパク質の細胞内レベルおよびレシピエント細胞におけるそれらの機能を有意に増加させることが示された。 現在の研究では、敗血症性ショック症候群のような急性炎症性疾患の潜在的治療法として、NF-κB経路の強力な阻害剤であるスーパーリプレッサーIkB(SRI)の送達にEXPLOR技術を使用する可能性を試験しようとした。本グループは、エキソソーム産生細胞中で融合タンパク質を一過的または安定的に発現することによって、工学的エキソソームにSRIを負荷することを実現させた。研究者らは、インビトロで標的細胞、およびインビボで標的器官に機能的タンパク質としてのSRIの細胞内送達をさらに実証した。最後に、研究者らは、ナイーブエキソソームで見られるものと比較して、敗血症性ショック動物モデルにおけるSRI負荷エキソソームの有益な効果を観察した。 チェー博士は、これらの結果が急性炎症性疾患の治療に対するEXPLORの可能性を明確に示していると結論づけている。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « 脂肪毒性EVの放出にはSTARD-11媒介性のセラミド輸送が必要である
    ナチュラルキラー細胞由来エキソソームとエキソソームmiRNAはがん治療に役立つのか »



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:4平均点:5.00

    おすすめ製品・サービス

    高吸着能ゲルを充填したReady to useの抗体精製カラムキット Ab-Express
    高吸着能ゲルを充填したReady to useの使い捨て抗体精製カラム&バッファーキット。 低価格・簡単・スピーディー。 ラット・マウス・ウサギ等、様々な抗体精製にお薦めします。
        運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

        バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

        ユーザー登録すると...

        コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

        様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

         

        ユーザー登録は1分で完了

        ユーザー登録は無料

        運営者:バイオアソシエイツ株式会社

          登録ユーザー数
          2966人
          2018年04月23日 現在
          25 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
          登録ユーザ: 0 ゲスト: 25
          BioQuick ニュース

          BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
          BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

          抗体よもやま話
          創薬よ何処へ
          アクセスカウンター
          DATEVisits/PVs
          2018/04/23:618/5584
          2018/04/22:769/7879

           

          クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
          バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。