海外学会ダイジェストASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) 単離エキソソームのサイズ・カーゴ・機能を左右するもの - バイオマーケットjp

単離エキソソームのサイズ・カーゴ・機能を左右するもの


 >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  単離エキソソームのサイズ・カーゴ・機能を左右するもの

  著者:  作成:2017/11/7 14:00:21

水曜日にはChioma Okeoma博士による「エキソソームスペシエーション」(サイズ・カーゴ・機能)についての発表が行われた。アイオワ大学からニューヨークのストーニーブルック大学に最近移動した博士は、エキソソームを放出する宿主の臨床状態は「エキソソームスペシエーション」(サイズ、貨物、機能)に影響を及ぼし、放出されたエキソソームが保存される環境条件はエキソソームの物理化学的性質および機能に影響を及ぼし得る、と示唆した。生物学的流体は、現時点で使用されているか、または将来の使用のために凍結されている(特に、臨床的環境において)ため、貯蔵条件の検討は重要である、と彼女は述べた。博士はその後、これらのポイントを担っているグループの仕事について説明した。


チームは、違法薬物を使用、または感染性因子に曝露したドナーから単離されたエキソソームは健康体のドナーから単離されたエキソソームとは異なる物理化学的特性を有することを実証した。 例えば、違法薬物使用者の精液から採ったエキソソームはmRNA、CD63、およびCD9タンパク質のレベルが減少していることが判明した。 これは、精子エキソソーム誘発HIVを阻害する機能の喪失と一致する。Okeoma博士はさらに、貯蔵条件(温度や時間)がエキソソームに重大な影響を及ぼす可能性があることを指摘した。具体的には、彼女のグループは、-80℃での精液エキソソームの長期凍結が、アセチルコリンエステラーゼなどの特定のエキソソームカーゴの活性に影響を与える可能性があることを発見した。このようなエキソソームはまた、エキソソーム/ HIV相互作用の状況において抗HIV活性が損なわれるが、宿主細胞を調節する能力において効力を維持する。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « 癌における静脈血栓寒栓症のリスクを予測するアッセイの鍵を握るEV関連組織因子
    脂肪毒性EVの放出にはSTARD-11媒介性のセラミド輸送が必要である »



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:3平均点:3.33

    おすすめ製品・サービス

    ACQUITY UPLC Arc Bio
    ルーチンのバイオセパレーションを効率化 ACQUITY Arc Bioシステムは、既に他のLCシステムで開発した分析法の一貫性を損なうことなく効率的かつ容易に移管できます。 更にバイオイナート流路設計により、タンパク質との相互作用と、高塩濃度移動相使用時における腐食を最小限に抑えることで、生体高分子分析に更なる堅牢性を付与し、システム稼働時間を最大化します ...
        運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

        バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

        ユーザー登録すると...

        コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

        様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

         

        ユーザー登録は1分で完了

        ユーザー登録は無料

        運営者:バイオアソシエイツ株式会社

          登録ユーザー数
          2966人
          2018年04月23日 現在
          24 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
          登録ユーザ: 0 ゲスト: 24
          BioQuick ニュース

          BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
          BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

          抗体よもやま話
          創薬よ何処へ
          アクセスカウンター
          DATEVisits/PVs
          2018/04/23:618/5602
          2018/04/22:769/7879

           

          クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
          バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。