海外学会ダイジェストASEMV2014(American Society for Exosomes and Microvesicles) - バイオマーケットjp

ASEMV2014(American Society for Exosomes and Microvesicles)


 >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2014(American Society for Exosomes and Microvesicles)
ASEMV2014(American Society for Exosomes and Microvesicles) 臨床医学において巨大な可能性を秘め、今まさに世界中から注目を集めているものがある。エクソソームだ。2014年10月31日に米国カリフォルニア州にて開催されたASEMV(American Society for Exosomes and Microvesicles:米国エクソソーム・マイクロ小胞協会)ミーティングには、最新の研究や技術を議論するため、200人以上もの研究者やベテランの営業担当者が集まった。

今回で4回目となる今ミーティングはスティーブン・ゴールド教授(ジョン・ホプキンズ大学医学部;ASEMV代表)とダグラス・テイラー氏(ルイスヴィル大学元教授;ASEMV役員;Exosome Science Inc社CSO)によってアシロマ・カンファレンスグラウンズにて開催された。

ミーティングではプレゼンテーションが約70件、ポスターが約80件提示され、ガン細胞からエクソソームを作成する件やエクソソーム分子をガンの診断および治療をモニターするバイオマーカーとして活用する件など、様々なエクソソーム関連の発表が行われた。これらによると、エクソソームの活用はガンだけに留まらず、デング熱やクローン病、心臓疾患、結核、アルツハイマー病などの神経疾患、そしてプリオンによって誘発されるクロイツフェルト・ヤコブ病など幅広い分野での活用が見込める。

エクソソームの分離や特異的な活用技術についても議論された。既に使用されているものから開発途中のものまで様々な技術を活用する方法があるそうだ。また、これらの技術を使って分子解析も可能となる。さらに、これらの方法を標準化することの重要性についても討論が行われた。研究所間で結果を比較出来るようにするためだ。

バイオテクノロジー系会社や製造会社によるブースも設置されていた。System Bioscience Inc(カリフォルニア州マウンテンビュー)、 Maverix Biomics (カリフォルニア州サン・マテオ)、JSR Micro Life Sciences Materials Innovation (カリフォルニア州サニーベール)、QIAGEN (本拠地はネザーランドだがカリフォルニア州レッドウッド市内および世界中にオ フィスを持つ)、Thermo Fisher ScientificブランドのLife Technologies (カリフォルニア州カールスバッド)、 Exosome Diagnostics Inc (マサチューセッツ州ケンブリッジ)、Makvern Instruments (UKウォルセスター)、iZON Sciences Ltd (UKオックスフォード)、CARIS Life Sciences (テキサス州ダラスフォート・ウォース)、Particle Metrix (ドイツ)、 HansaBioMed (エストニア、タリン)、PMDx(Precision Molecular Diagnostics) (フロリダ州タンパ、モフィットガンセンター)、AG Scientific (カリフォルニア州サンディエゴ)、UNIFlow by UNIConnect (ユタ、ソルトレイク)、そしてCedarlane Corporation (カナダ、バーリントン・オンタリオおよびNCバーリントンにメイン・オフィスがある)などが参加していた。

スタンフォードやUCSF、UC-Berkeleyなど米国内からの参加は勿論、研究者は世界中から集まった。ニュージーランド、タイ、韓国、日本、ブラジル、スイス、ドイツ、UK、そしてフィンランド、と様々な国の研究者が参加した。UKからの参加者の中にはサウジアラビアやシベリアからの移民も2人いた。

本レポートではまずエクソソームについての説明後、計4日間に及んだミーティングから選りすぐりの研究について解説する。

(2015.1.26より記事を公開)
  著者:   作成:2015/1/26 9:00:00 エクソソームはガン細胞を含む多種多様な細胞から作成される極小の亜細胞系膜結合型小胞である。元の細胞を模する膜や細胞タンパク質、DNA、そしてRNA(mRNAやmiRNA含む)を保有する。今、細胞間における情報のやり取りにエクソソームが活用出来るのではないか、と示唆されているのだ。免疫システムを抑制して血管生成を活性化する分子をガン細胞から伝達することによって、エクソソームはガンを進行させることが分 ...続きを読む
ログインしてください
    BD Rhapsody シングルセル解析システム
    数万のシングルセルに対し数百の遺伝子を同時解析BD社のBD Genomicsグループは、独自のMolecular Indexingテクノロジーを基本に、シングルセル解析システム " Rhapsody "を開発しました。 ...

      著者:   作成:2015/1/26 9:00:00 ブレイクフィールド博士によると、細胞外RNA(EC RNA)にはリボ核タンパク質などを含む様々な細胞外小胞がある。細胞外にあるRNAの殆どは非翻訳の小さな(200塩基以下)のもので、「単独であることはない」とブレイクフィールド博士は言う。タンパク質と一緒である場合や、細胞外安定性を高める小胞内で発見されることが多い。細胞外にある非翻訳RNAはマイクロRNA(miRNA)、低分子干渉(siRNA)、 ...続きを読む
    ログインしてください
      抗体トランスフェクション試薬 Ab-Carrier
      抗体トランスフェクション試薬Ab-Carrierは、生細胞内への抗体導入試薬です。 プロテノバが独自に開発した膜透過性人工ペプチドの機能により、細胞毒性を抑制しつつ簡単に効率良く抗 ...

        著者:   作成:2015/1/26 9:00:00 次に、ガビン・ライト博士(Wellcome Trust Sanger Institute社)によるCARIS発見の講義が行われた。ライト博士が発表したのは、1つ以上の精子によって卵子膜のブロックを多精受精可能にするプロセスを促す2種のタンパク質の発見についてであった。精子のタンパク質はイズモ1(縁結びの神様、出雲大社より命名)、卵子のタンパク質は最初葉酸レセプター4(Folr4)と名付けられたが、 ...続きを読む
      ログインしてください
        CELLDATA RNAstorm FFPE RNA抽出キット
        FFPEサンプルからの高品質・高収量核酸回収フォルムアルデヒドの使用により、核酸は高領域に渡って化学修飾が生じ ます。現状の手法では、その様なFFPEサンプルからの核酸回収には高 ...

          著者:   作成:2015/1/26 9:00:00 膵臓ガン細胞から作成されたエクソソームは唾液腺まで運ばれる、と立証したのはULCA歯学科教授、歯学博士、医学博士、そしてULCA頭首ガン研究センター代表のデイビット・ウォング博士である。唾液腺でエクソソームは吸収され、小腸に届き、パイエル板を含む免疫システムと共に働くと考えられている。免疫反応を抑制し、膵臓腫瘍の生長を促進するのである。また、唾液腺から作成されたエクソソームは様々な疾患のバイオマー ...続きを読む
        ログインしてください
          ReVERSE-AVIDIN Spin Column
          ビオチン化タンパク質を10分で簡単に精製できるスピンカラムです。 従来のストレプトアビジンと同様の強固な結合は保持しつつ、ビオチンを添加するだけで簡単にアガロースビーズ ...

            著者:   作成:2015/1/26 9:00:00 ジョン・ホプキンズ大学医学部准教授のフロリン・セラルー博士によって発表されるはずであった本プレゼンテーションは、諸事情によりASEMV代表のゴールド博士によって発表された。トピックは小胞を介した胆管癌(CCA)の抑制である。CCAは肝臓ガンの種類では2番目に多く、生存率も数ヶ月と芳しくない。ホプキンズグループは以前の研究で癌関連繊維芽細胞(CAFs)中で抑制されるmiRNAを発見している。インビト ...続きを読む
          ログインしてください
            GenTegra 核酸安定化プロダクト
            核酸サンプルの長期室温安定保存が実現GenTegra社の特許取得済みの核酸保存用製品GenTegra(精製したDNA・RNA)およびGenPlate(血液サンプル)は、室温での多サンプルの長期保存や輸送に大 ...

              著者:   作成:2015/1/26 9:00:00 PhD)が発表した研究はエクソソームを心筋梗塞(MI)後の治療に使用するというものであった。Cardiosohere由来細胞(CDC)のエクソソームがMI後の瘢痕化を抑え、また心臓組織の再建に役立つというのだ。MI後に起る瘢痕化は消えることがなく、一度失われた組織は二度と戻らないのが心臓学の常識である、と彼は述べた。しかしCDCエクソソームを活用 すれば、この常識を覆せるかもしれない。米国では年間 ...続きを読む
            ログインしてください
              Enzymatics 5x WGS
              全てを1本のチューブで行う、シンプルかつ迅速なワークフローを実現 Enzymatics社の5x WGS (Whole Genome Sequencing; 全ゲノムシーケンス) ライブラリ調製アッセイでは、次世代シーケンス用ライ ...

                著者:   作成:2015/1/28 9:00:00 スタンフォード大学医学部博士研究員、金田正光博士(PhD)は、エクソソームとMVは構造も機能も異なるものであることを発表した。この結果が確証され、認められれば、現時点ではまだ謎の多い本問題に光を指すこととなるであろう。金田博士はまず、エクソソームのサイズは40nmから300nmであることに対し、MVのサイズは90nmから600nmであることを指摘した。また、両小胞は積量や表面電位においても異なるこ ...続きを読む
              ログインしてください
                iRepertoire TCR/BCRレパートリー プライマーセット:次世代シーケンサーによる網羅的シーケンス解析
                次世代シーケンシングによる免疫レパートリーの配列決定 次世代シーケンシングは、免疫レパートリーのV領域(またはV(D)J配列)をパラレルに数百万の塩基配列決定を可能にしますが、 ...

                  著者:   作成:2015/1/28 9:00:00 ネブラスカ・リンコーン大学分子栄養学教授、イェナス・ゼンプレーニ博士(PhD)は、牛のmiRNAがヒトおよびマウスの遺伝子発現に影響を及ぼす事について討論した。健康な大人が栄養的に適切な牛乳を飲み、食後の濃度を時間に対したグラフにして比較したのである。結果、有意義な量のmiR-29b及びmiR-200cが吸収されたのに対し、血漿miR-1濃度(ネガティブ・コントロール)は変わらなかった。miR-2 ...続きを読む
                ログインしてください
                  Enzymatics SPARK DNA Sample Prep Kit
                  コンスタントに高収量のライブラリーおよびシーケンス結果を得られます! 高精度の次世代シーケンシングデータを得るためには高品質なDNAライブラリーの調製が不可欠です。Enzymatics ...

                    著者:   作成:2015/1/28 9:00:00 ワシントン州立大学科学部大学院生ブランドン・クック氏は、エクソソームの取り込みのためにはシンプルかつ直接的でグローバルな方法が必要であることを強調した。これは確かに、全ミーティングを通して言われてきたことである。クック氏の研究グループは、選択的な類似性またはアニオン性リン脂質ナノベシクルを有するペプチドを固型支持体上に固定してエクソソームを取り込むことが出来るという仮説に基づき、本研究の方法(特許 ...続きを読む
                  ログインしてください
                    iRepertoire TCR/BCRレパートリー プライマーセット:次世代シーケンサーによる網羅的シーケンス解析
                    次世代シーケンシングによる免疫レパートリーの配列決定 次世代シーケンシングは、免疫レパートリーのV領域(またはV(D)J配列)をパラレルに数百万の塩基配列決定を可能にしますが、 ...

                      著者:   作成:2015/1/28 9:00:00 日曜日の本ミーティング最後のプレゼンター、レオノーラ・バラヤ博士(PhD)は、サンドラ・ブレイクフィールド研究所神経科学科神経プログラム部准研究員、そしてマサチューセッツ総合病院およびハーバート医科大学でPhDを遂行している。博士もまた、液体バイオプシーの偉大なる可能性について触れた。様々な疾患における状態を、最低限に侵襲的な方法で特性分析可能になるからだ。正常細胞由来のEVプールにおいて、疾患特 ...続きを読む
                    ログインしてください
                      Enzymatics ZipScript One-Step RT-qPCR Mix
                      高精度なマルチプレックスを可能にしたワンステップRT-qPCRアッセイ ZipScript One-Step RT-qPCR Mixは、RNAに特化した高効率のマルチプレックスqPCRアッセイで、広いダイナミックレンジでのター ...

                        著者:   作成:2015/1/28 9:00:00 三橋マサト博士はカリフォルニア州アールバイン、NanoSomiXのチーフ研究員で、元日立化学研究所の主幹研究員(カリフォルニア州ロサンゼルス)である。彼は、炎症性胃腸炎のクローン病と潰瘍性大腸炎が如何に非侵襲的なバイオマーカーを必要としているかを力説した。三橋博士のグループは、炎症発症中である患者の腸管腔内EVを、健康体コントロールのそれと比較し、遺伝子発現上の違いの有無を調べた。サンプルとして、 ...続きを読む
                      ログインしてください
                        Enzymatics 5x WGS
                        全てを1本のチューブで行う、シンプルかつ迅速なワークフローを実現 Enzymatics社の5x WGS (Whole Genome Sequencing; 全ゲノムシーケンス) ライブラリ調製アッセイでは、次世代シーケンス用ライ ...




                        運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

                        バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

                        ユーザー登録すると...

                        コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

                        様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

                         

                        ユーザー登録は1分で完了

                        ユーザー登録は無料

                        運営者:バイオアソシエイツ株式会社

                          登録ユーザー数
                          2906人
                          2018年01月23日 現在
                          33 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
                          登録ユーザ: 1 ゲスト: 32
                          BioQuick ニュース

                          BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
                          BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

                          抗体よもやま話
                          創薬よ何処へ
                          アクセスカウンター
                          DATEVisits/PVs
                          2018/01/23:683/6990
                          2018/01/22:776/16443

                           

                          クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
                          バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。