海外学会ダイジェストASEMV2014(American Society for Exosomes and Microvesicles)ペプチドを使用した効率的なエクソソーム採取法 - バイオマーケットjp

ペプチドを使用した効率的なエクソソーム採取法


 >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2014(American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  ペプチドを使用した効率的なエクソソーム採取法

  著者:  作成:2015/1/28 9:00:00

ワシントン州立大学科学部大学院生ブランドン・クック氏は、エクソソームの取り込みのためにはシンプルかつ直接的でグローバルな方法が必要であることを強調した。これは確かに、全ミーティングを通して言われてきたことである。クック氏の研究グループは、選択的な類似性またはアニオン性リン脂質ナノベシクルを有するペプチドを固型支持体上に固定してエクソソームを取り込むことが出来るという仮説に基づき、本研究の方法(特許)に至ったのだと言う。これはタンパク質標識から独立したものである。ペプチドの小型ライブラリーはBiotage Initiatorとマイクロ波反応装置、そして質量分析を駆使して設計された。ビオチンはペプチドと接合され、エクソソームを擬態するためにリポソームのモデルシステムが使用された。リポソーム(30nm、100nm、そして400nm;0-20%ホスファチジルセリン)はエクソソームのサイズと表面電位を模擬するようにデザインされた。分析の結果、リポソームは形態的に球形で、エクソソームと擬態していることが明らかになった。たぶんさ多分散指数は0.07-0.02と小さく、バッチ間の変動は軽微であった。ゼータ電位測定によると、どのバッチの表面電位のアニオン作用も特定のリポソームモデルに望ましいものであった。またFRET測定においては、ペプチドは表面局在にとどまらず脂質二重層にも挿入する。カチオン性および芳香族アミノ酸残基が脂質ナノ小胞の認識および結合において重要な役割を果たすこともBLI(生物発光イメージング)によって解った。解離定数はナノモル範囲であった。ペプチドは、才蔵と表面電位共にエクソソーム模擬するリポソームモデルにおける選択を披露 した。また、大きいリポソームや中立表面電位を有するものには軽微な接合しか見せなかった。クック氏はこれらの発見を、ガン由来のエクソソームを分離する有益な方法を確立させることに活用する予定だ。また、自身の方法と免疫親和性法の取り込み能率も比較する予定である。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « 牛乳miRNAは高バイオアベイラビリティを有する遺伝子発現誘発物である
    血清および血漿由来EVのmiRNAとmRNAのプロファイリング »



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:37平均点:4.86

    おすすめ製品・サービス

    ACQUITY UPLC H-Class Bio
    生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核 ...
        運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

        バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

        ユーザー登録すると...

        コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

        様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

         

        ユーザー登録は1分で完了

        ユーザー登録は無料

        運営者:バイオアソシエイツ株式会社

          登録ユーザー数
          2966人
          2018年04月22日 現在
          27 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
          登録ユーザ: 0 ゲスト: 27
          BioQuick ニュース

          BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
          BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

          抗体よもやま話
          創薬よ何処へ
          アクセスカウンター
          DATEVisits/PVs
          2018/04/22:689/5950
          2018/04/21:719/18607

           

          クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
          バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。