海外学会ダイジェストASEMV2014(American Society for Exosomes and Microvesicles)牛乳miRNAは高バイオアベイラビリティを有する遺伝子発現誘発物である - バイオマーケットjp

牛乳miRNAは高バイオアベイラビリティを有する遺伝子発現誘発物である


 >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2014(American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  牛乳miRNAは高バイオアベイラビリティを有する遺伝子発現誘発物である

  著者:  作成:2015/1/28 9:00:00

ネブラスカ・リンコーン大学分子栄養学教授、イェナス・ゼンプレーニ博士(PhD)は、牛のmiRNAがヒトおよびマウスの遺伝子発現に影響を及ぼす事について討論した。健康な大人が栄養的に適切な牛乳を飲み、食後の濃度を時間に対したグラフにして比較したのである。結果、有意義な量のmiR-29b及びmiR-200cが吸収されたのに対し、血漿miR-1濃度(ネガティブ・コントロール)は変わらなかった。miR-29bのターゲットとして知られるRUNX2の発現は、牛乳摂食後、血液単核細胞内で31%上昇した。ヒトのHEK-293腎臓細胞において、食後のmiR-29bおよびmiR-200c濃度を模擬した細胞カルチャに牛乳エクソソームを追加したところ、レポーター遺伝子はコントロールのそれと比べて共に44%と17%減少した。ゼンプレーニ博士は、自身の研究グループの見解では175に及ぶ牛乳のmiRNAは約10,000ものヒト遺伝子をターゲットとしている、と述べた。C57BL/6JマウスにmiRNAを枯渇した食事を4週間施したところ、充分なmiRNAを含む食事のものと比べて血漿miR-29b濃度が61%減少した。つまり、内因性合成で食事中不十分なものは補えないということである。ヒトがブロッコリースプラウトを摂食すると、植物特有のmiR-167aもアブラナ属特有のmiR-824も血漿レベルでは上昇しないことが研究では判明している。牛乳由来のエクソソームはバイオアベイラビリティが高く、ヒトの遺伝子発現に影響をおよぼすことが出来る、と自身の研究結果を元にゼンプレーニ博士は述べた。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « EVによる生体分子移動の多様性
    ペプチドを使用した効率的なエクソソーム採取法 »



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:39平均点:5.90

    おすすめ製品・サービス

    フルスペクトル分子イメージング
    MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析を融合した高精度・高空間分解能分子イメージング 生理学と細胞機能をより理解し、組織または生体全体における薬剤の分布をモニター、可視化する目的で、ウォーターズでは、MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析の技術の長所を融合しました。 空間分解能に優れ、質量分析イメージングとして実績の高 ...
        運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

        バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

        ユーザー登録すると...

        コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

        様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

         

        ユーザー登録は1分で完了

        ユーザー登録は無料

        運営者:バイオアソシエイツ株式会社

          登録ユーザー数
          2966人
          2018年04月22日 現在
          25 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
          登録ユーザ: 0 ゲスト: 25
          BioQuick ニュース

          BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
          BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

          抗体よもやま話
          創薬よ何処へ
          アクセスカウンター
          DATEVisits/PVs
          2018/04/22:689/5946
          2018/04/21:719/18607

           

          クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
          バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。