関連のバイオ研究支援製品

 >  バイオストリーム

バイオストリーム

バイオストリームの出展製品

バイオストリームの製品リスト

CELLDATA RNAstorm FFPE RNA抽出キット:FFPEサンプルからの高品質・高収量核酸回収
出展企業:バイオストリーム株式会社

FFPEサンプルからの高品質・高収量核酸回収

バイオストリームのイメージ

フォルムアルデヒドの使用により、核酸は高領域に渡って化学修飾が生じ ます。現状の手法では、その様なFFPEサンプルからの核酸回収には高温 での処理が行われるため、その結果、核酸の分解を促進し、十分な回収結 果が得られません。

一方、CellData Sciences社は特許のCAT5TM技術に より、より低温で温和な条件で科学的に修飾を取り除き、その結果、高収率 で高品質の核酸が得られます。

フォルマリン固定組織 ( FFPE )サンプルからの高純度DNA及びRNA抽出は 非常に困難で、その結果、回収後の増幅収率が低くなり、各解析データの 結果の質も悪くなります。

これは、フォルムアルデヒドによる対象DNA・RNA への付加や架橋反応が起因しています。従来からの回収手段は高温処理 の為に、加水分解により塩基修飾部での分解が促進されます。

一方、CellData Sciences社で開発した抽出キットは、特許のCAT5TM技術 を取り入れ、より低温で温和な条件での処理により、高品質のDNA・RNAの 回収が可能となります。

SPARK DNA Sample Prep Kit:次世代シーケンサー用DNAライブラリー調製
出展企業:バイオストリーム株式会社

高品質かつ高収量な次世代シーケンス用ライブラリを、よりシンプルなワークフローで。

バイオストリームのイメージ

高精度の次世代シーケンス解析を行うためには、高品質なライブラリの調製が不可欠です。

Enzymatics社では、室温保存可能な次世代シーケンス(DNA Seq)用ライブラリ調製キット「SPARK DNA Sample Prep Kit」を開発しました。

本製品は、各反応用に分けられ凍結乾燥されたマスターミックスで構成されており、断片化済の2本鎖DNAから次世代シーケンス(DNA Seq)用のライブラリを調製します。

さらに、高忠実度を誇る2X VeraSeq PCR Mixと組み合わせることで、ホルマリン固定パラフィン包埋(Formalin‐Fixed Paraffin‐Embedded; FFPE)サンプル由来のDNAからでも高効率なライブラリ調製が可能になります。

iCubate:自動DNAサンプル調製システム
出展企業:バイオストリーム株式会社

特許のマルチプレックスPCR (arm-PCR)テクノロジーによるPCRバイアスを排除したDNAサンプル調製

バイオストリームのイメージ

icubate社の自動DNAサンプル調製システムは、核酸抽出〜マルチプレックスPCR (arm-PCR)〜マイクロアレー・ハイブリダイゼーションの全工程を約3時間で自動処理可能です。

マルチプレックスPCR後の生成物は簡単に回収可能なのでNGS用ライブラリー調製にも最適です。

自動検出装置および必要なプライマー・試薬がプレロードされた各種の検出用カセットも各種ラインナップされています。

核酸安定化プロダクト:DNA・RNAの長期保存
出展企業:バイオストリーム株式会社

核酸サンプルの長期室温安定保存が実現

バイオストリームのイメージ

GenTegra社の特許取得済みの核酸保存用製品GenTegra(精製したDNA・RNA)およびGenPlate(血液サンプル)は、室温での多サンプルの長期保存や輸送に大変便利にお使い頂けます。

iRepertoire マルチプレックスPCRプライマーセット:TCR/BCRレパトア解析
出展企業:バイオストリーム株式会社

次世代シーケンスによる免疫レパトア解析

バイオストリームのイメージ

TおよびBリンパ球抗原受容体(TCR・BCR)の多様性は、多くの遺伝子セグメントの再構成によって体細胞レベルで生成されます。

これらの遺伝子セグメント:V (variable), D (diversity), J (joining), そして C (constant)は、結合特異性と免疫グロブリンおよびTCRのダウンストリームにおける適用性を決定しています。

受容体のV(D)J遺伝子再構成領域は、エピトープ認識の要素として注目されています。 V(D)Jは、アミノ酸配列に翻訳されると、V領域のリーダー配列からなる幾つかの部分:フレームワーク(FR)1、相補性決定領域1(CDR1)、FR2、CDR2、 FR3、CDR3、FR4、およびCドメイン(下図参照)に分割することができますが、その中でもCDR3領域は抗原特異性に関与しているとされ特に注目されています。

近年の次世代シーケンス技術の登場により、多数の塩基配列をパラレルかつ高速に決定することが可能になりました。

そこでiRepertoire社では、ヒト・マウス免疫細胞のCDR3を中心とした領域を次世代シーケンサーで網羅的に解析するためのシステム(試薬および専用データ解析)を開発しました。

本製品を使用することで、疾患と免疫レパトアの関係を自在に解析することができます。

Enzymatics ZipScript:One-Step RT-qPCR Mix
出展企業:バイオストリーム株式会社

高精度なマルチプレックスを可能にしたワンステップRT-qPCRアッセイ

バイオストリームのイメージ

ZipScript One-Step RT-qPCR Mixは、RNAに特化した高効率のマルチプレックスqPCRアッセイで、広いダイナミックレンジでのターゲット検出を可能にします。

ZipScriptは、RNase H活性の無い逆転写酵素と活性化速度が早いホットスタートタイプのDNAポリメラーゼとを混合した溶液で、dNTPを含むバッファーが付属しています。

わずか0.5 pgのRNAから、1ウェルあたり5種類までのターゲットをワンステップの反応で簡単に確実に検出できます。

卓越したRT-qPCRの性能に加えて、Enzymaticsの世界水準の製造プロセスにより、常に一定で再現性の高い結果を保証します。

ArcherDX FusionPlex:融合遺伝子検出アッセイ
出展企業:バイオストリーム株式会社

次世代シーケンスによる融合遺伝子の検出

バイオストリームのイメージ

疾患関連融合遺伝子の数は増加の一途を辿り、その同定には次世代シーケンサー(NGS)を用いることが現実的になってきています。しかし、一般的なライブラリ調製法では、偽陰性が生じる、大量のサンプルが必要、新規の融合を容易に検出できない、といった問題があります。

ArcherDX社では、NGS用試薬生産のノウハウに、斬新なターゲット増幅と世界レベルのシーケンス解析の技術を組み合わせ、Archerアッセイ、ワークフロー、解析プログラムを開発しました。

このアッセイは、独自のAnchored Mulitiplex PCR (AMP) を利用してターゲットエンリッチメントを行うことで、がんの発生や進行を司る様々な融合遺伝子やその他の遺伝子再構成を検出するためのライブラリを調製します。

Archer FusionPlexアッセイは、凍結乾燥された試薬を使用する迅速でシンプルなワークフローです。そのため、多量のサンプルを扱うラボにも適しており、またコンタミや作業ミスを大幅に削減することができます。

シーケンスデータはArcher解析パイプラインで処理され、ライブラリの品質情報とともに、包括的で正確な融合、挿入/欠失に関する情報を得ることができます。

Xcell Biosciences Avatarシステム:生体内環境を精密に再現する細胞培養システム
出展企業:バイオストリーム株式会社

細胞本来の生育環境を正確に反映した細胞培養システム

バイオストリームのイメージ

Avatarシステムは、細胞の機能・外部特性・内部特性(遺伝子的特性等)を維持したまま培養できる細胞培養システムです。

採取された貴重な細胞が正常に増殖し、意味のある結果を導き出すためには本来の状態を維持する環境が必要です。Avatarシステムは、生体内環境状態を再現できる初めての細胞増殖システムです。

例えば、圧力と酸素をサンプルの種類に特異的な生体内環境状態に相当したレベルに調整できます。生体内で何が起こっているかを生体外で確認できる最良のシステムです。

AvatarシステムはO2、CO2、圧力、温度及び湿度を表示し、各項目はサンプルが生息する本来の状態に合わせて調整できます。このような革新的な機能により、以前は培養できなかったサンプルでも培養が可能となり、短時間で信頼性の高い真実の結果を導き出します。

Avatarシステムの主要な機能は、既に細胞発生、転移、循環腫瘍細胞等の分野での生物学的な解明により実証済みです。

Celsee Diagnostics:CTC(Circulating Tumor Cell)キャプチャー検出システム
出展企業:バイオストリーム株式会社

独自のマイクロ流体回路によるCTCs (Circulating Tumor Cells)キャプチャー・検出システム

バイオストリームのイメージ

米国では年間60万人近くが癌関連で亡くなると推計されています。癌関連死の90%は転移によるものです。

現在、癌の転移を検出するための標準的な手法は、生検(生体組織診断またはバイオプシーとも呼ばれます)です。しかしながら、生検は時間がかかる上、痛みが伴う等患者への負担が大きく、さらに費用の問題もあります。

従来の生検に代わる転移検出法として、血液等の体液を用いたリキッドバイオプシー(Liquid biopsy)が注目されています。

癌患者の体内では、癌組織由来の微量の細胞が血中やリンパ液中に浸潤し、体内を循環していることが知られています。それらの細胞は血中循環腫瘍細胞(Circulating Tumor Cells; CTCs)と呼ばれます。CTCsは転移との関係が示唆されており、血中のCTCsを検出することで、リキッドバイオプシーが可能になると期待されています。

Celsee Diagnostics, Inc.(旧名:DeNovo Sciences, Inc.)では、独自のマイクロ流体回路技術を用いて、高効率・高精度なCTCsのキャプチャー・検出システムを開発しました。このシステムは、リキッドバイオプシーを志向した癌転移の臨床研究に最適です。

Enzymatics 5x WGS:次世代シーケンス用2ステップDNAライブラリ調製アッセイ
出展企業:バイオストリーム株式会社

全てを1本のチューブで行う、シンプルかつ迅速なワークフローを実現

バイオストリームのイメージ

Enzymaticsの5x WGS (Whole Genome Sequencing; 全ゲノムシーケンス) ライブラリ調製アッセイでは、次世代シーケンス用ライブラリ調製の全ての工程 (断片化を含む) を1本のチューブで行うことができます。

自在にサイズ調節可能な酵素ベースの断片化と、シンプルで迅速なワークフローにより、Illumina社の次世代シーケンサーで直ちにシーケンス可能な高品質ライブラリを2.5時間以内に調製できます。

高効率な断片化とライゲーション試薬、さらに最適化されたPCR試薬を組み合わせることで*、5x WGSライブラリ調製アッセイは、 次世代シーケンス用ライブラリ調製における品質、スピードおよび処理能力という課題に対する唯一の解決策となり得ます。

本アッセイは、EnzymaticsのISO 13485:2003品質マネジメントシステムに準拠した世界トップレベルの施設で製造されています。弊社独自の製造プロセスにより、ロット間差のない高純度製品の供給を保証します。

*PCRフリーも可能です

製品カテゴリー

製品ブランド

運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
    登録ユーザー数
    2804人
    2017年09月24日 現在
    59 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 製品ページ を参照しています。)
    登録ユーザ: 0 ゲスト: 59
    アクセスカウンター
    DATEVisits/PVs
    2017/09/24:660/24484
    2017/09/23:730/28967

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。