細胞解析関連のバイオ研究支援製品

細胞解析

CTC(Circulating Tumor Cell)キャプチャー検出システム、マクロファージ活性化能(免疫活性化能)を評価する受託サービス等、様々な細胞解析ツールをご紹介しています。



細胞解析関連のライフサイエンスバーチャル展示会・出展製品リスト

  • 免疫賦活機能の評価:マクロファージ受託解析サービス

    マクロファージ活性化のエビデンス受託試験。機能性食品素材成分等の免疫賦活作用を評価します。

    出展企業:自然免疫応用技研株式会社

                    細胞解析のイメージ

    様々な素材成分のマクロファージ活性化能(免疫活性化能)を評価します。

    企業における機能性食品、化粧品等の研究開発や、大学・研究機関等における学術データ取得を支援します。

  • Celsee Diagnostics:CTC(Circulating Tumor Cell)キャプチャー検出システム

    独自のマイクロ流体回路によるCTCs (Circulating Tumor Cells)キャプチャー・検出システム

    出展企業:バイオストリーム株式会社

                    細胞解析のイメージ

    米国では年間60万人近くが癌関連で亡くなると推計されています。癌関連死の90%は転移によるものです。

    現在、癌の転移を検出するための標準的な手法は、生検(生体組織診断またはバイオプシーとも呼ばれます)です。しかしながら、生検は時間がかかる上、痛みが伴う等患者への負担が大きく、さらに費用の問題もあります。

    従来の生検に代わる転移検出法として、血液等の体液を用いたリキッドバイオプシー(Liquid biopsy)が注目されています。

    癌患者の体内では、癌組織由来の微量の細胞が血中やリンパ液中に浸潤し、体内を循環していることが知られています。それらの細胞は血中循環腫瘍細胞(Circulating Tumor Cells; CTCs)と呼ばれます。CTCsは転移との関係が示唆されており、血中のCTCsを検出することで、リキッドバイオプシーが可能になると期待されています。

    Celsee Diagnostics, Inc.(旧名:DeNovo Sciences, Inc.)では、独自のマイクロ流体回路技術を用いて、高効率・高精度なCTCsのキャプチャー・検出システムを開発しました。このシステムは、リキッドバイオプシーを志向した癌転移の臨床研究に最適です。

ライフサイエンスバーチャル展示会・製品カテゴリー

製品ブランド

運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
    登録ユーザー数
    2853人
    2017年11月22日 現在
    34 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 製品ページ を参照しています。)
    登録ユーザ: 0 ゲスト: 34
    アクセスカウンター
    DATEVisits/PVs
    2017/11/22:422/1868
    2017/11/21:748/16510

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。