バイオ掲示板更新情報 - LC-MS フォーラム - バイオマーケットjp

  ホーム >> バイオ掲示板更新情報 >> LC-MS フォーラム

バイオ掲示板更新情報

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

リンク 単体表示


link LC-MS フォーラム LC-MS フォーラム (2017/11/22 2:30:03)

現在データベースには 114 件のデータが登録されています。

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] LC/MS用脱塩チューブによるナトリウム付加イオン低減の試み (2017/9/20 18:39:06)
メタノールを移動相として用いたLC-ESI(+)/MSにおいて、プロトン付加分子([M+H]+)のみならずナトリウム付加イオン([M+Na]+)が生成し易いことは知られています。 複数の付加イオンが観測されることでマススペクトルが複雑になり、解析が困難になるという問題が起こります。そこで、LC/MS用脱塩チューブ”ソルナックチューブ”の陽イオン交換機能を用いて、移動相中のナトリウムイオンを除去することを試みました。 その内容を、ブログに投稿しました。 http://ms-solutions.jp/blog/845
メタノールを移動相として用いたLC-ESI(+)/MSにおいて、プロトン付加分子([M+H]+)のみならずナトリウム付加イオン([M+Na]+)が生成し易いことは知られています。 複数の付加イオンが観測されることでマススペクトルが複雑になり、解析が困難になるという問題が起こります。そこで、LC/MS用脱塩チューブ”ソルナックチューブ”の陽イオン交換機能を用いて、移動相中のナトリウムイオンを除去することを試みました。 その内容を、ブログに投稿しました。 http://ms-solutions.jp/blog/845

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSの話題・口コミ] LC/MS関連の書籍が発刊されます (2017/9/14 17:21:20)
液体クロマトグラフィー研究懇談会が編集したLC/MSの専門書”LC/MS, LC/MS/MS Q&A 100 龍の巻”が発刊されます。 http://ms-solutions.jp/blog/833
液体クロマトグラフィー研究懇談会が編集したLC/MSの専門書”LC/MS, LC/MS/MS Q&A 100 龍の巻”が発刊されます。 http://ms-solutions.jp/blog/833

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] イオン源の切り替えなしで幅広い化合物をイオン化 - 新しいイオン化法 (2017/7/6 16:28:10)
UniSprayは新しく開発された独自のイオン源です。 UniSprayイオン源を使用した場合、ESI、APCI、または APPI と比較して、 1回の分析でサンプル中のより多くの化合物を検出することができます。 UniSpray には以下のようなメリットがあります。 ■ ターゲットピンへのスプレーの衝撃で液滴を微細化、脱溶媒効率を向上 ■ コアンダ効果による気相イオンの真空下への効率的な取り込み ■ ESI、APCI、APPIでそれぞれ最適化する必要のあった化合物を幅広くイオン化、同時分析できる可能性 詳細はこちら 詳細はこちら
UniSprayは新しく開発された独自のイオン源です。 UniSprayイオン源を使用した場合、ESI、APCI、または APPI と比較して、 1回の分析でサンプル中のより多くの化合物を検出することができます。 UniSpray には以下のようなメリットがあります。 ■ ターゲットピンへのスプレーの衝撃で液滴を微細化、脱溶媒効率を向上 ■ コアンダ効果による気相イオンの真空下への効率的な取り込み ■ ESI、APCI、APPIでそれぞれ最適化する必要のあった化合物を幅広くイオン化、同時分析できる可能性 詳細はこちら 詳細はこちら

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] LC/MS用脱塩カートリッジ”ソルナック”キャンペーン価格のご案内 (2017/7/5 16:46:31)
リン酸塩緩衝液条件でのオンラインLC/MSを可能にする「LC/MS用オンライン脱塩カートリッジ”ソルナック”」、8月末までキャンペーン価格でご提供します。 リン酸塩緩衝液条件でのLC/MSは、二次元LCを用いれば従来から可能でしたが、オンラインでの分析が可能になるのは、この技術だけです。 http://ms-solutions.jp/wp-content/uploads/sites/9/2016/06/ エムエスソリューションズフライヤー_F1700120170306-2_キャンペーン価格.pdf
リン酸塩緩衝液条件でのオンラインLC/MSを可能にする「LC/MS用オンライン脱塩カートリッジ”ソルナック”」、8月末までキャンペーン価格でご提供します。 リン酸塩緩衝液条件でのLC/MSは、二次元LCを用いれば従来から可能でしたが、オンラインでの分析が可能になるのは、この技術だけです。 http://ms-solutions.jp/wp-content/uploads/sites/9/2016/06/ エムエスソリューションズフライヤー_F1700120170306-2_キャンペーン価格.pdf

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] LC/MS用脱塩カートリッジ”ソルナック”を用いた医薬品中不純物の分析例 (2017/4/14 14:09:32)
エムエス・ソリューションズ株式会社で開発した、リン酸塩緩衝液条件でのLC/MS分析を可能にする脱塩カートリッジ”ソルナック”を用いた医薬品中不純物の分析例です。 ↓ http://ms-solutions.jp/blog/673
エムエス・ソリューションズ株式会社で開発した、リン酸塩緩衝液条件でのLC/MS分析を可能にする脱塩カートリッジ”ソルナック”を用いた医薬品中不純物の分析例です。 ↓ http://ms-solutions.jp/blog/673

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] 超小型MS検出器[ACQUITY QDa 質量検出器]がPittcon Today Excellence 金賞を受賞 (2017/3/9 10:48:54)
ウォーターズの ACQUITY QDa 質量検出器が、Pittcon2017 Conference and Expoで Pittcon Today Excellence 金賞を受賞しました。 ACQUITY QDa 質量検出器は、小型で使いやすく手頃な価格で手に入れることができ、ボタンひとつでクロマトグラフィー分離に高品質な質量スペクトル情報を追加できる質量検出器です。また、2013 年にAnalytical Scientist 誌のトップイノベーションアワード、2014 年に Pittcon Editors 銀賞を受賞しています。 ニュースリリース全文はこちら
ウォーターズの ACQUITY QDa 質量検出器が、Pittcon2017 Conference and Expoで Pittcon Today Excellence 金賞を受賞しました。 ACQUITY QDa 質量検出器は、小型で使いやすく手頃な価格で手に入れることができ、ボタンひとつでクロマトグラフィー分離に高品質な質量スペクトル情報を追加できる質量検出器です。また、2013 年にAnalytical Scientist 誌のトップイノベーションアワード、2014 年に Pittcon Editors 銀賞を受賞しています。 ニュースリリース全文はこちら

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MS関連学会での話題] 第309回液体クロマトグラフィー研究懇談会のご案内 (2017/2/14 15:32:33)
3月22日午後、オルガノ株式会社において、第309回液体クロマトグラフィー研究懇談会が開催されます。 講演主題は”LC/MS(/MS)の幅を広げる最新技術”です。 http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/reikai/lckon309.html LC/MS(/MS)は、感度や選択性に優れる分析法であることから、従来の装置・技術だけでも様々な分野でその威力を発揮しています。 しかし、”これがあると今までよりも+αの仕事ができる”という、LC/MS(/MS)の幅を広げる技術もあります。 本例会では、前処理・分離・イオンモビリティなど様々な観点から“+α”の最新技術についてご講演頂きます。 今回は、投稿者がオーガナイザーを務めます。大勢のご参加をお待ちします。参加申し込み締切は3月15日です。
3月22日午後、オルガノ株式会社において、第309回液体クロマトグラフィー研究懇談会が開催されます。 講演主題は”LC/MS(/MS)の幅を広げる最新技術”です。 http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/reikai/lckon309.html LC/MS(/MS)は、感度や選択性に優れる分析法であることから、従来の装置・技術だけでも様々な分野でその威力を発揮しています。 しかし、”これがあると今までよりも+αの仕事ができる”という、LC/MS(/MS)の幅を広げる技術もあります。 本例会では、前処理・分離・イオンモビリティなど様々な観点から“+α”の最新技術についてご講演頂きます。 今回は、投稿者がオーガナイザーを務めます。大勢のご参加をお待ちします。参加申し込み締切は3月15日です。

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] リン酸塩緩衝液条件でのLC/MSを可能にする脱塩カートリッジ (2017/2/10 20:57:48)
通常、LC/MSではリン酸塩緩衝液を用いることはできません。 リン酸塩による分析種のイオン化阻害や塩析出によるトラブルが起こるためです。 エムエス・ソリューションズでは、リン酸塩緩衝液条件でのLC/MSを可能にする脱塩カートリッジを開発、販売を開始しました。 HPLCとMSの間に、内径4.6 mm×長さ30 mmのカートリッジを接続するだけです。詳細はホームページをご覧ください。 http://ms-solutions.jp/
通常、LC/MSではリン酸塩緩衝液を用いることはできません。 リン酸塩による分析種のイオン化阻害や塩析出によるトラブルが起こるためです。 エムエス・ソリューションズでは、リン酸塩緩衝液条件でのLC/MSを可能にする脱塩カートリッジを開発、販売を開始しました。 HPLCとMSの間に、内径4.6 mm×長さ30 mmのカートリッジを接続するだけです。詳細はホームページをご覧ください。 http://ms-solutions.jp/

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MS関連学会での話題] 第22回LCテクノプラザ (2016/12/21 12:42:18)
1月19ー20日の2日間、横浜情報文化センターにおいて、液体クロマトグラフィー研究懇談会主催のLCテクノプラザが開催されます。 普通の学術会議ではなく、現場でLCやLC/MSを使っている研究者や技術者同士の情報交換・提供の場です。 講演申し込み期限を延長して、現在も講演募集中です。発表内容に新規性は問われません。分析におけるコツや失敗談などでも歓迎されます。ご興味ある方は、是非発表・ご参加をお願いします。参加だけの場合は、事前申し込みは不要です。 http://lckon.sakura.ne.jp/lctech/lctec22.html
1月19ー20日の2日間、横浜情報文化センターにおいて、液体クロマトグラフィー研究懇談会主催のLCテクノプラザが開催されます。 普通の学術会議ではなく、現場でLCやLC/MSを使っている研究者や技術者同士の情報交換・提供の場です。 講演申し込み期限を延長して、現在も講演募集中です。発表内容に新規性は問われません。分析におけるコツや失敗談などでも歓迎されます。ご興味ある方は、是非発表・ご参加をお願いします。参加だけの場合は、事前申し込みは不要です。 http://lckon.sakura.ne.jp/lctech/lctec22.html

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Re: 新しい質量分析取得モードでプロテオミクスとリピドミクスの進展を実現 (2016/9/29 16:07:38)
tyutaka様 お手数をおかけして申し訳ございません。 今後とも宜しくお願いいたします。
tyutaka様 お手数をおかけして申し訳ございません。 今後とも宜しくお願いいたします。

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Re: 新しい質量分析取得モードでプロテオミクスとリピドミクスの進展を実現 (2016/9/29 16:07:38)
tyutaka様 お手数をおかけして申し訳ございません。 今後とも宜しくお願いいたします。
tyutaka様 お手数をおかけして申し訳ございません。 今後とも宜しくお願いいたします。

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Re: 新しい質量分析取得モードでプロテオミクスとリピドミクスの進展を実現 (2016/9/29 15:15:07)
ありがとうございます。 今一つ理解できませんが、丁度御社のアプリの方と一緒なので、質問してみます。
ありがとうございます。 今一つ理解できませんが、丁度御社のアプリの方と一緒なので、質問してみます。

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Re: 新しい質量分析取得モードでプロテオミクスとリピドミクスの進展を実現 (2016/9/29 15:15:07)
ありがとうございます。 今一つ理解できませんが、丁度御社のアプリの方と一緒なので、質問してみます。
ありがとうございます。 今一つ理解できませんが、丁度御社のアプリの方と一緒なので、質問してみます。

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Re: 新しい質量分析取得モードでプロテオミクスとリピドミクスの進展を実現 (2016/9/29 10:16:12)
tyutaka様 ご回答遅くなりまして申し訳ございません。 > MSeとは違うのですか? MSeとは異なります。どちらもDIAではありますが、 SONARでは四重極での選択が行われます。 > SciexのSWATHと類似の技術でしょうか? どちらかといいますと、SWATHよりはHDMSe(イオンモビリティーMSe)に類似の技術です。 四重極での分離をイオンモビリティーの分離と同じく、新しい次元として扱います。
tyutaka様 ご回答遅くなりまして申し訳ございません。 > MSeとは違うのですか? MSeとは異なります。どちらもDIAではありますが、 SONARでは四重極での選択が行われます。 > SciexのSWATHと類似の技術でしょうか? どちらかといいますと、SWATHよりはHDMSe(イオンモビリティーMSe)に類似の技術です。 四重極での分離をイオンモビリティーの分離と同じく、新しい次元として扱います。

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Re: 新しい質量分析取得モードでプロテオミクスとリピドミクスの進展を実現 (2016/9/29 10:16:12)
tyutaka様 ご回答遅くなりまして申し訳ございません。 > MSeとは違うのですか? MSeとは異なります。どちらもDIAではありますが、 SONARでは四重極での選択が行われます。 > SciexのSWATHと類似の技術でしょうか? どちらかといいますと、SWATHよりはHDMSe(イオンモビリティーMSe)に類似の技術です。 四重極での分離をイオンモビリティーの分離と同じく、新しい次元として扱います。
tyutaka様 ご回答遅くなりまして申し訳ございません。 > MSeとは違うのですか? MSeとは異なります。どちらもDIAではありますが、 SONARでは四重極での選択が行われます。 > SciexのSWATHと類似の技術でしょうか? どちらかといいますと、SWATHよりはHDMSe(イオンモビリティーMSe)に類似の技術です。 四重極での分離をイオンモビリティーの分離と同じく、新しい次元として扱います。

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Re: 新しい質量分析取得モードでプロテオミクスとリピドミクスの進展を実現 (2016/9/28 12:41:35)
これは、MSeとは違うのですか? SciexのSWATHと類似の技術でしょうか?
これは、MSeとは違うのですか? SciexのSWATHと類似の技術でしょうか?

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Re: 新しい質量分析取得モードでプロテオミクスとリピドミクスの進展を実現 (2016/9/28 12:41:35)
これは、MSeとは違うのですか? SciexのSWATHと類似の技術でしょうか?
これは、MSeとは違うのですか? SciexのSWATHと類似の技術でしょうか?

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] 新しい質量分析取得モードでプロテオミクスとリピドミクスの進展を実現 (2016/9/28 9:46:22)
ウォーターズコーポレーションは、データ非依存的分析 (DIA) により MS/MS データを提供する、Xevo G2-XS 四重極飛行時間型 (QTof) 質量分析計 (MS) のための新しいデータ取得モード SONAR を発表しました。このテクノロジーにより、ラボでの分析の効率と得られる結果の信頼性が高まります。SONAR データにより、MS/MS 分析では通常必須である追加のメソッド開発を行うことなく、1 回の注入から複雑なサンプルに含まれる脂質、代謝産物、およびタンパク質を定量し、同定することが可能です。 この新しい質量分析取得モードは第 15 回ヒトプロテオーム機構 (HUPO) 年次世界会議において発表され、ウォーターズコーポレーションの MS テクノロジーエキスパートである Bob Bateman および John Hoyes が質量分析装置の進展における功績を認められ、Board Science and Technology Awardの表彰を受けました。 ニュースリリース全文はこちら
ウォーターズコーポレーションは、データ非依存的分析 (DIA) により MS/MS データを提供する、Xevo G2-XS 四重極飛行時間型 (QTof) 質量分析計 (MS) のための新しいデータ取得モード SONAR を発表しました。このテクノロジーにより、ラボでの分析の効率と得られる結果の信頼性が高まります。SONAR データにより、MS/MS 分析では通常必須である追加のメソッド開発を行うことなく、1 回の注入から複雑なサンプルに含まれる脂質、代謝産物、およびタンパク質を定量し、同定することが可能です。 この新しい質量分析取得モードは第 15 回ヒトプロテオーム機構 (HUPO) 年次世界会議において発表され、ウォーターズコーポレーションの MS テクノロジーエキスパートである Bob Bateman および John Hoyes が質量分析装置の進展における功績を認められ、Board Science and Technology Awardの表彰を受けました。 ニュースリリース全文はこちら

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] 新しい質量分析取得モードでプロテオミクスとリピドミクスの進展を実現 (2016/9/28 9:46:22)
ウォーターズコーポレーションは、データ非依存的分析 (DIA) により MS/MS データを提供する、Xevo G2-XS 四重極飛行時間型 (QTof) 質量分析計 (MS) のための新しいデータ取得モード SONAR を発表しました。このテクノロジーにより、ラボでの分析の効率と得られる結果の信頼性が高まります。SONAR データにより、MS/MS 分析では通常必須である追加のメソッド開発を行うことなく、1 回の注入から複雑なサンプルに含まれる脂質、代謝産物、およびタンパク質を定量し、同定することが可能です。 この新しい質量分析取得モードは第 15 回ヒトプロテオーム機構 (HUPO) 年次世界会議において発表され、ウォーターズコーポレーションの MS テクノロジーエキスパートである Bob Bateman および John Hoyes が質量分析装置の進展における功績を認められ、Board Science and Technology Awardの表彰を受けました。 ニュースリリース全文はこちら
ウォーターズコーポレーションは、データ非依存的分析 (DIA) により MS/MS データを提供する、Xevo G2-XS 四重極飛行時間型 (QTof) 質量分析計 (MS) のための新しいデータ取得モード SONAR を発表しました。このテクノロジーにより、ラボでの分析の効率と得られる結果の信頼性が高まります。SONAR データにより、MS/MS 分析では通常必須である追加のメソッド開発を行うことなく、1 回の注入から複雑なサンプルに含まれる脂質、代謝産物、およびタンパク質を定量し、同定することが可能です。 この新しい質量分析取得モードは第 15 回ヒトプロテオーム機構 (HUPO) 年次世界会議において発表され、ウォーターズコーポレーションの MS テクノロジーエキスパートである Bob Bateman および John Hoyes が質量分析装置の進展における功績を認められ、Board Science and Technology Awardの表彰を受けました。 ニュースリリース全文はこちら

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MS関連学会での話題] 第303回液体クロマトグラフィー研究懇談会 (2016/9/21 22:34:02)
9月29日(木)13時より、東ソー株式会社において、第303回液体クロマトグラフィー研究懇談会が開催されます。 講演主題は、”医薬品の不純物分析の現状”です。 http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/reikai/lckon303.html
9月29日(木)13時より、東ソー株式会社において、第303回液体クロマトグラフィー研究懇談会が開催されます。 講演主題は、”医薬品の不純物分析の現状”です。 http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/reikai/lckon303.html

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MS関連学会での話題] 第303回液体クロマトグラフィー研究懇談会 (2016/9/21 22:34:02)
9月29日(木)13時より、東ソー株式会社において、第303回液体クロマトグラフィー研究懇談会が開催されます。 講演主題は、”医薬品の不純物分析の現状”です。 http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/reikai/lckon303.html
9月29日(木)13時より、東ソー株式会社において、第303回液体クロマトグラフィー研究懇談会が開催されます。 講演主題は、”医薬品の不純物分析の現状”です。 http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/reikai/lckon303.html

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MS関連学会での話題] JASIS2016/JAIMAセミナー (2016/8/26 16:55:46)
昨年もご案内しましたが、今年もJASISに併設されるJAIMAセミナーがあります。 ”これであなたも専門家-LC編” 私はLC/MSの話をします。 http://www.jasis.jp/regist/jp/jasisconfsrch.php
昨年もご案内しましたが、今年もJASISに併設されるJAIMAセミナーがあります。 ”これであなたも専門家-LC編” 私はLC/MSの話をします。 http://www.jasis.jp/regist/jp/jasisconfsrch.php

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MS関連学会での話題] JASIS2016/JAIMAセミナー (2016/8/26 16:55:46)
昨年もご案内しましたが、今年もJASISに併設されるJAIMAセミナーがあります。 ”これであなたも専門家-LC編” 私はLC/MSの話をします。 http://www.jasis.jp/regist/jp/jasisconfsrch.php
昨年もご案内しましたが、今年もJASISに併設されるJAIMAセミナーがあります。 ”これであなたも専門家-LC編” 私はLC/MSの話をします。 http://www.jasis.jp/regist/jp/jasisconfsrch.php

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] ハイスループットマイクロフロー LC-MS ? 高い分析感度を 3 分以内で実現 (2016/8/26 13:32:49)
ウォーターズはIMSC(第21回国際質量分析会議)において、クロマトグラフィーフィッティングの新シリーズおよび新製品のマイクロスケール分離デバイスを発表しました。これらの新製品により、ペプチドバイオアナリシス、薬物動態研究、内因性ペプチドバイオマーカーのバリデーション研究において、ナノからマイクロスケールの液体クロマトグラフィー (LC) によるさらに高いレベルの生産性の達成が可能になりました。 ウォーターズが新たに発表した論文では、6 種類の低分子分析種を含む破砕血漿サンプルを、同一のプロトタイプ BEH C18 iKey HT デバイス (300 μm × 50 mm、1.7 μm) に 1,000 回注入して分析した研究について記述しています。その結果、変動係数 (% CV) は 5% 未満、UPLC/UHPLC と比べて少なくとも 2 倍の感度、そして各サンプルの分析のサイクルタイムが 3 分以内であることが確認されました。 ニュースリリース全文はこちら ionKey/MSシステム: インフォグラフィックはこちら
ウォーターズはIMSC(第21回国際質量分析会議)において、クロマトグラフィーフィッティングの新シリーズおよび新製品のマイクロスケール分離デバイスを発表しました。これらの新製品により、ペプチドバイオアナリシス、薬物動態研究、内因性ペプチドバイオマーカーのバリデーション研究において、ナノからマイクロスケールの液体クロマトグラフィー (LC) によるさらに高いレベルの生産性の達成が可能になりました。 ウォーターズが新たに発表した論文では、6 種類の低分子分析種を含む破砕血漿サンプルを、同一のプロトタイプ BEH C18 iKey HT デバイス (300 μm × 50 mm、1.7 μm) に 1,000 回注入して分析した研究について記述しています。その結果、変動係数 (% CV) は 5% 未満、UPLC/UHPLC と比べて少なくとも 2 倍の感度、そして各サンプルの分析のサイクルタイムが 3 分以内であることが確認されました。 ニュースリリース全文はこちら ionKey/MSシステム: インフォグラフィックはこちら

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] ハイスループットマイクロフロー LC-MS ? 高い分析感度を 3 分以内で実現 (2016/8/26 13:32:49)
ウォーターズはIMSC(第21回国際質量分析会議)において、クロマトグラフィーフィッティングの新シリーズおよび新製品のマイクロスケール分離デバイスを発表しました。これらの新製品により、ペプチドバイオアナリシス、薬物動態研究、内因性ペプチドバイオマーカーのバリデーション研究において、ナノからマイクロスケールの液体クロマトグラフィー (LC) によるさらに高いレベルの生産性の達成が可能になりました。 ウォーターズが新たに発表した論文では、6 種類の低分子分析種を含む破砕血漿サンプルを、同一のプロトタイプ BEH C18 iKey HT デバイス (300 μm × 50 mm、1.7 μm) に 1,000 回注入して分析した研究について記述しています。その結果、変動係数 (% CV) は 5% 未満、UPLC/UHPLC と比べて少なくとも 2 倍の感度、そして各サンプルの分析のサイクルタイムが 3 分以内であることが確認されました。 ニュースリリース全文はこちら ionKey/MSシステム: インフォグラフィックはこちら
ウォーターズはIMSC(第21回国際質量分析会議)において、クロマトグラフィーフィッティングの新シリーズおよび新製品のマイクロスケール分離デバイスを発表しました。これらの新製品により、ペプチドバイオアナリシス、薬物動態研究、内因性ペプチドバイオマーカーのバリデーション研究において、ナノからマイクロスケールの液体クロマトグラフィー (LC) によるさらに高いレベルの生産性の達成が可能になりました。 ウォーターズが新たに発表した論文では、6 種類の低分子分析種を含む破砕血漿サンプルを、同一のプロトタイプ BEH C18 iKey HT デバイス (300 μm × 50 mm、1.7 μm) に 1,000 回注入して分析した研究について記述しています。その結果、変動係数 (% CV) は 5% 未満、UPLC/UHPLC と比べて少なくとも 2 倍の感度、そして各サンプルの分析のサイクルタイムが 3 分以内であることが確認されました。 ニュースリリース全文はこちら ionKey/MSシステム: インフォグラフィックはこちら

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] ハイスループットマイクロフロー LC-MS – 高い分析感度を 3 分以内で実現 (2016/8/24 13:19:13)
ウォーターズはIMSC(第21回国際質量分析会議)において、クロマトグラフィーフィッティングの新シリーズおよび新製品のマイクロスケール分離デバイスを発表しました。これらの新製品により、ペプチドバイオアナリシス、薬物動態研究、内因性ペプチドバイオマーカーのバリデーション研究において、ナノからマイクロスケールの液体クロマトグラフィー (LC) によるさらに高いレベルの生産性の達成が可能になりました。 ウォーターズが新たに発表した論文では、6 種類の低分子分析種を含む破砕血漿サンプルを、同一のプロトタイプ BEH C18 iKey HT デバイス (300 μm × 50 mm、1.7 μm) に 1,000 回注入して分析した研究について記述しています。その結果、変動係数 (% CV) は 5% 未満、UPLC/UHPLC と比べて少なくとも 2 倍の感度、そして各サンプルの分析のサイクルタイムが 3 分以内であることが確認されました。 ニュースリリース全文はこちら http://www.waters.com/waters/newsDetail.htm?locale=ja_JP&id=134904098&xcid=ext2939 ionKey/MSシステム: インフォグラフィックはこちら http://www.waters.com/waters/library.htm?locale=ja_JP&lid=134786992&xcid=ext2939
ウォーターズはIMSC(第21回国際質量分析会議)において、クロマトグラフィーフィッティングの新シリーズおよび新製品のマイクロスケール分離デバイスを発表しました。これらの新製品により、ペプチドバイオアナリシス、薬物動態研究、内因性ペプチドバイオマーカーのバリデーション研究において、ナノからマイクロスケールの液体クロマトグラフィー (LC) によるさらに高いレベルの生産性の達成が可能になりました。 ウォーターズが新たに発表した論文では、6 種類の低分子分析種を含む破砕血漿サンプルを、同一のプロトタイプ BEH C18 iKey HT デバイス (300 μm × 50 mm、1.7 μm) に 1,000 回注入して分析した研究について記述しています。その結果、変動係数 (% CV) は 5% 未満、UPLC/UHPLC と比べて少なくとも 2 倍の感度、そして各サンプルの分析のサイクルタイムが 3 分以内であることが確認されました。 ニュースリリース全文はこちら http://www.waters.com/waters/newsDetail.htm?locale=ja_JP&id=134904098&xcid=ext2939 ionKey/MSシステム: インフォグラフィックはこちら http://www.waters.com/waters/library.htm?locale=ja_JP&lid=134786992&xcid=ext2939

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MS関連学会での話題] 液体クロマトグラフィー研究懇談会関連イベント (2016/6/16 9:36:02)
近々に予定されている、液体クロマトグラフィー研究懇談会のイベント情報です。 ・6/30 第300回液体クロマトグラフィー研究懇談会記念例会(申込締切6/23) http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/reikai/lckon300.html ・7/8 特別見学会、東京都健康安全研究センター(申込締切6/29) http://lckon.sakura.ne.jp/event/event029.html ・7/20 第301回液体クロマトグラフィー研究懇談会、テーマ:高分子LCバイオアナリシスの現状と課題(申込締切7/13) http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/reikai/lckon301.html
近々に予定されている、液体クロマトグラフィー研究懇談会のイベント情報です。 ・6/30 第300回液体クロマトグラフィー研究懇談会記念例会(申込締切6/23) http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/reikai/lckon300.html ・7/8 特別見学会、東京都健康安全研究センター(申込締切6/29) http://lckon.sakura.ne.jp/event/event029.html ・7/20 第301回液体クロマトグラフィー研究懇談会、テーマ:高分子LCバイオアナリシスの現状と課題(申込締切7/13) http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/reikai/lckon301.html

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MS関連学会での話題] 液体クロマトグラフィー研究懇談会関連イベント (2016/6/16 9:36:02)
近々に予定されている、液体クロマトグラフィー研究懇談会のイベント情報です。 ・6/30 第300回液体クロマトグラフィー研究懇談会記念例会(申込締切6/23) http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/reikai/lckon300.html ・7/8 特別見学会、東京都健康安全研究センター(申込締切6/29) http://lckon.sakura.ne.jp/event/event029.html ・7/20 第301回液体クロマトグラフィー研究懇談会、テーマ:高分子LCバイオアナリシスの現状と課題(申込締切7/13) http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/reikai/lckon301.html
近々に予定されている、液体クロマトグラフィー研究懇談会のイベント情報です。 ・6/30 第300回液体クロマトグラフィー研究懇談会記念例会(申込締切6/23) http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/reikai/lckon300.html ・7/8 特別見学会、東京都健康安全研究センター(申込締切6/29) http://lckon.sakura.ne.jp/event/event029.html ・7/20 第301回液体クロマトグラフィー研究懇談会、テーマ:高分子LCバイオアナリシスの現状と課題(申込締切7/13) http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/reikai/lckon301.html

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] 超高感度 タンデム四重極型質量分析計Xevo-TQ XS誕生! (2016/6/10 17:35:21)
Xevo-TQ XSは極めて高い感度により分析の範囲を拡張し、これまでにないレベルの信頼性、再現性、パフォーマンスを実現します。一度の分析で幅広い化合物を高感度検出可能で、しかもメンテナンスは工具不要です。 Xevo-TQ XSは、過酷なサンプルマトリックスに対しても信頼できる結果を出す堅牢な装置です。 [特長] ■ 難易度の高い化合物に対しても感度を向上させる 独自の設計のイオンガイドを搭載 ■ 高感度を達成するために6 桁のリニアダイナミックレンジを実現する、改善された検出部 ■ 日常的なメンテナンスにかかる時間を削減し、ユーザー間での再現性を向上する、工具不要のプローブ設計 また、オプションのUniSprayイオン源により、一度の分析で幅広い化合物を検出することが可能です。非常に扱い易く、より幅広い化合物への適用が可能なイオン源であり、またイオン源やプローブを変更することなく、これまでより多くの化合物の分析結果を得ることができます。これにより、装置の部品を交換する時間が短縮され、結果を得るためのプロセスにより多くの時間を費やすことができます。 近日、製品モールにも製品情報を掲載予定です。是非ご覧ください。 ニュースリリースはこちら
Xevo-TQ XSは極めて高い感度により分析の範囲を拡張し、これまでにないレベルの信頼性、再現性、パフォーマンスを実現します。一度の分析で幅広い化合物を高感度検出可能で、しかもメンテナンスは工具不要です。 Xevo-TQ XSは、過酷なサンプルマトリックスに対しても信頼できる結果を出す堅牢な装置です。 [特長] ■ 難易度の高い化合物に対しても感度を向上させる 独自の設計のイオンガイドを搭載 ■ 高感度を達成するために6 桁のリニアダイナミックレンジを実現する、改善された検出部 ■ 日常的なメンテナンスにかかる時間を削減し、ユーザー間での再現性を向上する、工具不要のプローブ設計 また、オプションのUniSprayイオン源により、一度の分析で幅広い化合物を検出することが可能です。非常に扱い易く、より幅広い化合物への適用が可能なイオン源であり、またイオン源やプローブを変更することなく、これまでより多くの化合物の分析結果を得ることができます。これにより、装置の部品を交換する時間が短縮され、結果を得るためのプロセスにより多くの時間を費やすことができます。 近日、製品モールにも製品情報を掲載予定です。是非ご覧ください。 ニュースリリースはこちら

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] 超高感度 タンデム四重極型質量分析計Xevo-TQ XS誕生! (2016/6/10 17:35:21)
Xevo-TQ XSは極めて高い感度により分析の範囲を拡張し、これまでにないレベルの信頼性、再現性、パフォーマンスを実現します。一度の分析で幅広い化合物を高感度検出可能で、しかもメンテナンスは工具不要です。 Xevo-TQ XSは、過酷なサンプルマトリックスに対しても信頼できる結果を出す堅牢な装置です。 [特長] ■ 難易度の高い化合物に対しても感度を向上させる 独自の設計のイオンガイドを搭載 ■ 高感度を達成するために6 桁のリニアダイナミックレンジを実現する、改善された検出部 ■ 日常的なメンテナンスにかかる時間を削減し、ユーザー間での再現性を向上する、工具不要のプローブ設計 また、オプションのUniSprayイオン源により、一度の分析で幅広い化合物を検出することが可能です。非常に扱い易く、より幅広い化合物への適用が可能なイオン源であり、またイオン源やプローブを変更することなく、これまでより多くの化合物の分析結果を得ることができます。これにより、装置の部品を交換する時間が短縮され、結果を得るためのプロセスにより多くの時間を費やすことができます。 近日、製品モールにも製品情報を掲載予定です。是非ご覧ください。 ニュースリリースはこちら
Xevo-TQ XSは極めて高い感度により分析の範囲を拡張し、これまでにないレベルの信頼性、再現性、パフォーマンスを実現します。一度の分析で幅広い化合物を高感度検出可能で、しかもメンテナンスは工具不要です。 Xevo-TQ XSは、過酷なサンプルマトリックスに対しても信頼できる結果を出す堅牢な装置です。 [特長] ■ 難易度の高い化合物に対しても感度を向上させる 独自の設計のイオンガイドを搭載 ■ 高感度を達成するために6 桁のリニアダイナミックレンジを実現する、改善された検出部 ■ 日常的なメンテナンスにかかる時間を削減し、ユーザー間での再現性を向上する、工具不要のプローブ設計 また、オプションのUniSprayイオン源により、一度の分析で幅広い化合物を検出することが可能です。非常に扱い易く、より幅広い化合物への適用が可能なイオン源であり、またイオン源やプローブを変更することなく、これまでより多くの化合物の分析結果を得ることができます。これにより、装置の部品を交換する時間が短縮され、結果を得るためのプロセスにより多くの時間を費やすことができます。 近日、製品モールにも製品情報を掲載予定です。是非ご覧ください。 ニュースリリースはこちら

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Re: イオンモビリティー分離法による代謝物プロファイリングに対応する新たなリファレンスライブラリー (2016/6/10 15:20:37)
訂正します。 ニュースリリースはこちら http://www.waters.com/waters/newsDetail.htm? locale=ja_JP&id=134895905&xcid=ext2939 CCSによって何がわかる?ホワイトペーパーはこちら http://www.waters.com/waters/library.htm?cid=511436&lid=134743905?xcid=ext2939
訂正します。 ニュースリリースはこちら http://www.waters.com/waters/newsDetail.htm? locale=ja_JP&id=134895905&xcid=ext2939 CCSによって何がわかる?ホワイトペーパーはこちら http://www.waters.com/waters/library.htm?cid=511436&lid=134743905?xcid=ext2939

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] イオンモビリティー分離法による代謝物プロファイリングに対応する新たなリファレンスライブラリー (2016/6/10 14:50:30)
900 を超える衝突断面積 (CCS) 値を含む代謝物プロファイリング CCS ライブラリーにより、ノンターゲット分析における信頼性が向上! ウォーターズは、イオンモビリティー質量分析において使用する、代謝物プロファイリングに対応した新たなリファレンスライブラリーを発表しました。代謝物プロファイリング CCS ライブラリーには、900 を超える衝突断面積 (CCS) 値が含まれています。CCS は気相分子の立体形状の尺度となるもので、分析結果を確認するためにより確実な同定を行うことができます。また、ライブラリーには 600 以上の MS/MS スペクトルも含まれています。 ニュースリリースはこちら CCSによって何がわかる? ホワイトペーパーはこちら
900 を超える衝突断面積 (CCS) 値を含む代謝物プロファイリング CCS ライブラリーにより、ノンターゲット分析における信頼性が向上! ウォーターズは、イオンモビリティー質量分析において使用する、代謝物プロファイリングに対応した新たなリファレンスライブラリーを発表しました。代謝物プロファイリング CCS ライブラリーには、900 を超える衝突断面積 (CCS) 値が含まれています。CCS は気相分子の立体形状の尺度となるもので、分析結果を確認するためにより確実な同定を行うことができます。また、ライブラリーには 600 以上の MS/MS スペクトルも含まれています。 ニュースリリースはこちら CCSによって何がわかる? ホワイトペーパーはこちら

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] イオンモビリティー分離法による代謝物プロファイリングに対応する新たなリファレンスライブラリー (2016/5/18 9:45:23)
900 を超える衝突断面積 (CCS) 値を含む代謝物プロファイリング CCS ライブラリーにより、ノンターゲット分析における信頼性が向上! ウォーターズは、イオンモビリティー質量分析において使用する、代謝物プロファイリングに対応した新たなリファレンスライブラリーを発表しました。代謝物プロファイリング CCS ライブラリーには、900 を超える衝突断面積 (CCS) 値が含まれています。CCS は気相分子の立体形状の尺度となるもので、分析結果を確認するためにより確実な同定を行うことができます。また、ライブラリーには 600 以上の MS/MS スペクトルも含まれています。 ニュースリリースはこちら CCSによって何がわかる?ホワイトペーパーはこちら
900 を超える衝突断面積 (CCS) 値を含む代謝物プロファイリング CCS ライブラリーにより、ノンターゲット分析における信頼性が向上! ウォーターズは、イオンモビリティー質量分析において使用する、代謝物プロファイリングに対応した新たなリファレンスライブラリーを発表しました。代謝物プロファイリング CCS ライブラリーには、900 を超える衝突断面積 (CCS) 値が含まれています。CCS は気相分子の立体形状の尺度となるもので、分析結果を確認するためにより確実な同定を行うことができます。また、ライブラリーには 600 以上の MS/MS スペクトルも含まれています。 ニュースリリースはこちら CCSによって何がわかる?ホワイトペーパーはこちら

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] 超高感度 タンデム四重極型質量分析計Xevo-TQ XS誕生! (2016/5/18 9:45:23)
Xevo-TQ XSは極めて高い感度により分析の範囲を拡張し、これまでにないレベルの信頼性、再現性、パフォーマンスを実現します。一度の分析で幅広い化合物を高感度検出可能で、しかもメンテナンスは工具不要です。 Xevo-TQ XSは、過酷なサンプルマトリックスに対しても信頼できる結果を出す堅牢な装置です。 [特長] ■ 難易度の高い化合物に対しても感度を向上させる 独自の設計のイオンガイドを搭載 ■ 高感度を達成するために6 桁のリニアダイナミックレンジを実現する、改善された検出部 ■ 日常的なメンテナンスにかかる時間を削減し、ユーザー間での再現性を向上する、工具不要のプローブ設計 また、オプションのUniSprayイオン源により、一度の分析で幅広い化合物を検出することが可能です。非常に扱い易く、より幅広い化合物への適用が可能なイオン源であり、またイオン源やプローブを変更することなく、これまでより多くの化合物の分析結果を得ることができます。これにより、装置の部品を交換する時間が短縮され、結果を得るためのプロセスにより多くの時間を費やすことができます。 近日、製品モールにも製品情報を掲載予定です。是非ご覧ください。 ニュースリリースはこちら http://www.waters.com/waters/newsDetail.htm?locale=ja_JP&id=134891966
Xevo-TQ XSは極めて高い感度により分析の範囲を拡張し、これまでにないレベルの信頼性、再現性、パフォーマンスを実現します。一度の分析で幅広い化合物を高感度検出可能で、しかもメンテナンスは工具不要です。 Xevo-TQ XSは、過酷なサンプルマトリックスに対しても信頼できる結果を出す堅牢な装置です。 [特長] ■ 難易度の高い化合物に対しても感度を向上させる 独自の設計のイオンガイドを搭載 ■ 高感度を達成するために6 桁のリニアダイナミックレンジを実現する、改善された検出部 ■ 日常的なメンテナンスにかかる時間を削減し、ユーザー間での再現性を向上する、工具不要のプローブ設計 また、オプションのUniSprayイオン源により、一度の分析で幅広い化合物を検出することが可能です。非常に扱い易く、より幅広い化合物への適用が可能なイオン源であり、またイオン源やプローブを変更することなく、これまでより多くの化合物の分析結果を得ることができます。これにより、装置の部品を交換する時間が短縮され、結果を得るためのプロセスにより多くの時間を費やすことができます。 近日、製品モールにも製品情報を掲載予定です。是非ご覧ください。 ニュースリリースはこちら http://www.waters.com/waters/newsDetail.htm?locale=ja_JP&id=134891966

feed [LC-MS:質問・疑問:分析条件] Re: LC/MSでリン酸塩緩衝液を使用可能にする技術 (2016/3/22 21:59:16)
分析をお受けするのは5月からですが、3月中の早期予約に対して分析費用を30%割引します。オンライン・リアルタイムでの脱リン酸塩技術は世界初です。その技術をいち早く実感してみませんか?
分析をお受けするのは5月からですが、3月中の早期予約に対して分析費用を30%割引します。オンライン・リアルタイムでの脱リン酸塩技術は世界初です。その技術をいち早く実感してみませんか?

feed [LC-MS:質問・疑問:分析条件] Re: LC/MSでリン酸塩緩衝液を使用可能にする技術 (2016/3/22 21:59:16)
分析をお受けするのは5月からですが、3月中の早期予約に対して分析費用を30%割引します。オンライン・リアルタイムでの脱リン酸塩技術は世界初です。その技術をいち早く実感してみませんか?
分析をお受けするのは5月からですが、3月中の早期予約に対して分析費用を30%割引します。オンライン・リアルタイムでの脱リン酸塩技術は世界初です。その技術をいち早く実感してみませんか?

feed [LC-MS:質問・疑問:分析条件] LC/MSでリン酸塩緩衝液を使用可能にする技術 (2016/3/7 21:51:26)
LC/MSでリン酸塩緩衝液が使用できないことは良く知られています。 その常識が変わります。 数年前からそのための技術開発をしていて、かなり実用化に近づいてきました。 装置を事業化する前に、その技術を使った受託分析を行うことにしました。 基本的には、お客様の装置にこの技術を使って分析を行います。 実際の分析は5月からお受けする予定です。 詳細情報を、数日中に弊社ホームページに掲載します。 http://www.ms-solutions.jp/ ご不明な点は、ホームページからお問合せ下さい。
LC/MSでリン酸塩緩衝液が使用できないことは良く知られています。 その常識が変わります。 数年前からそのための技術開発をしていて、かなり実用化に近づいてきました。 装置を事業化する前に、その技術を使った受託分析を行うことにしました。 基本的には、お客様の装置にこの技術を使って分析を行います。 実際の分析は5月からお受けする予定です。 詳細情報を、数日中に弊社ホームページに掲載します。 http://www.ms-solutions.jp/ ご不明な点は、ホームページからお問合せ下さい。

feed [LC-MS:質問・疑問:分析条件] LC/MSでリン酸塩緩衝液を使用可能にする技術 (2016/3/7 21:51:26)
LC/MSでリン酸塩緩衝液が使用できないことは良く知られています。 その常識が変わります。 数年前からそのための技術開発をしていて、かなり実用化に近づいてきました。 装置を事業化する前に、その技術を使った受託分析を行うことにしました。 基本的には、お客様の装置にこの技術を使って分析を行います。 実際の分析は5月からお受けする予定です。 詳細情報を、数日中に弊社ホームページに掲載します。 http://www.ms-solutions.jp/ ご不明な点は、ホームページからお問合せ下さい。
LC/MSでリン酸塩緩衝液が使用できないことは良く知られています。 その常識が変わります。 数年前からそのための技術開発をしていて、かなり実用化に近づいてきました。 装置を事業化する前に、その技術を使った受託分析を行うことにしました。 基本的には、お客様の装置にこの技術を使って分析を行います。 実際の分析は5月からお受けする予定です。 詳細情報を、数日中に弊社ホームページに掲載します。 http://www.ms-solutions.jp/ ご不明な点は、ホームページからお問合せ下さい。

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSの話題・口コミ] Re: AC-MS (2016/1/13 16:19:37)
細胞の中身の挙動が計測できる新技術が水面下で開発されている現在、爆発ヒットも考えられますね。機能性食品有効分子のエビデンスがとれれば、また新しい市場ができる可能性も秘めてると想像できます。
細胞の中身の挙動が計測できる新技術が水面下で開発されている現在、爆発ヒットも考えられますね。機能性食品有効分子のエビデンスがとれれば、また新しい市場ができる可能性も秘めてると想像できます。

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSの話題・口コミ] Re: AC-MS (2016/1/13 16:19:37)
細胞の中身の挙動が計測できる新技術が水面下で開発されている現在、爆発ヒットも考えられますね。機能性食品有効分子のエビデンスがとれれば、また新しい市場ができる可能性も秘めてると想像できます。
細胞の中身の挙動が計測できる新技術が水面下で開発されている現在、爆発ヒットも考えられますね。機能性食品有効分子のエビデンスがとれれば、また新しい市場ができる可能性も秘めてると想像できます。

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSの話題・口コミ] Re: AC-MS (2016/1/13 15:23:52)
AC-MSは全く新しい創薬支援システムとなります。 分子間相互作用のモニタリングはビアコアによって確立されてきた大変有用なアッセイ方法です。この実績に基づいた新たな技術として米国のシリコン・カイネティクス社が開発したのがAC-MSです。 相互作用を司る場として3Dチップが採用され、モニターできる分子の量が従来の100倍以上となり、それによって質量分析による分子同定が可能となりました。解離曲線中にアフィニティが若干異なる複数成分が同時に溶出してきても別々に同定可能であり、これまで「やってみたい!!」と思ってきた多くの相互作用解析と候補分子の同定が出来ます。
AC-MSは全く新しい創薬支援システムとなります。 分子間相互作用のモニタリングはビアコアによって確立されてきた大変有用なアッセイ方法です。この実績に基づいた新たな技術として米国のシリコン・カイネティクス社が開発したのがAC-MSです。 相互作用を司る場として3Dチップが採用され、モニターできる分子の量が従来の100倍以上となり、それによって質量分析による分子同定が可能となりました。解離曲線中にアフィニティが若干異なる複数成分が同時に溶出してきても別々に同定可能であり、これまで「やってみたい!!」と思ってきた多くの相互作用解析と候補分子の同定が出来ます。

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSの話題・口コミ] Re: AC-MS (2016/1/13 15:23:52)
AC-MSは全く新しい創薬支援システムとなります。 分子間相互作用のモニタリングはビアコアによって確立されてきた大変有用なアッセイ方法です。この実績に基づいた新たな技術として米国のシリコン・カイネティクス社が開発したのがAC-MSです。 相互作用を司る場として3Dチップが採用され、モニターできる分子の量が従来の100倍以上となり、それによって質量分析による分子同定が可能となりました。解離曲線中にアフィニティが若干異なる複数成分が同時に溶出してきても別々に同定可能であり、これまで「やってみたい!!」と思ってきた多くの相互作用解析と候補分子の同定が出来ます。
AC-MSは全く新しい創薬支援システムとなります。 分子間相互作用のモニタリングはビアコアによって確立されてきた大変有用なアッセイ方法です。この実績に基づいた新たな技術として米国のシリコン・カイネティクス社が開発したのがAC-MSです。 相互作用を司る場として3Dチップが採用され、モニターできる分子の量が従来の100倍以上となり、それによって質量分析による分子同定が可能となりました。解離曲線中にアフィニティが若干異なる複数成分が同時に溶出してきても別々に同定可能であり、これまで「やってみたい!!」と思ってきた多くの相互作用解析と候補分子の同定が出来ます。

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MS関連学会での話題] LCテクノプラザ (2016/1/3 11:43:29)
液体クロマトグラフィー研究懇談会主催、第21回LCテクノプラザが開催されます。 http://lckon.sakura.ne.jp/lctech/lctec21.html 2日目の基礎講座、今回は全てLC/MSの内容です。 その他、一般演題も通常の学会と異なり、最新の研究内容というよりは、ノウハウなどを含む現場の分析者向けです。 是非ご参加ください。
液体クロマトグラフィー研究懇談会主催、第21回LCテクノプラザが開催されます。 http://lckon.sakura.ne.jp/lctech/lctec21.html 2日目の基礎講座、今回は全てLC/MSの内容です。 その他、一般演題も通常の学会と異なり、最新の研究内容というよりは、ノウハウなどを含む現場の分析者向けです。 是非ご参加ください。

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Waters 製品、Analytical Scientist のInnovation Award 1位と2位を独占受賞! (2015/12/18 15:00:17)
ウォーターズの製品がAnalytical Scientistのイノベーションアワード1位と2位を受賞しました。 イノベーションアワードは、一年間のうちに発表されたテクノロジーの中から革新的なテクノロジーに贈られるものです。 1位 フルスペクトル分子イメージングシステム:高品質で、包括的な、高空間分解能の分子情報を取得できる、MSイメージング先進技術のコンビネーション 2位 iKnife(アイナイフ)ダイレクトサンプリング機能搭載REIMS研究システム:高性能飛行時間型MSと組み合わることができる、ダイレクトサンプリングイオン化技術 ***評価に参加した審査員のコメント*** [フルスペクトル分子イメージング]は、MSイメージングモードの強力なコンビネーションにより、イメージング技術を真に有用なものにする可能性を大いに持っています。 [iKnife(アイナイフ)サンプリング機能搭載REIMS研究システム]は、リアルタイムサンプリングと実用的な分析という点において、今までの常識を覆す、まさに画期的な製品です。 関連リンク: Analytical Scientist Innovation Award 2015 フルスペクトル分子イメージングシステム iKnifeサンプリング機能搭載REIMS研究システム
ウォーターズの製品がAnalytical Scientistのイノベーションアワード1位と2位を受賞しました。 イノベーションアワードは、一年間のうちに発表されたテクノロジーの中から革新的なテクノロジーに贈られるものです。 1位 フルスペクトル分子イメージングシステム:高品質で、包括的な、高空間分解能の分子情報を取得できる、MSイメージング先進技術のコンビネーション 2位 iKnife(アイナイフ)ダイレクトサンプリング機能搭載REIMS研究システム:高性能飛行時間型MSと組み合わることができる、ダイレクトサンプリングイオン化技術 ***評価に参加した審査員のコメント*** [フルスペクトル分子イメージング]は、MSイメージングモードの強力なコンビネーションにより、イメージング技術を真に有用なものにする可能性を大いに持っています。 [iKnife(アイナイフ)サンプリング機能搭載REIMS研究システム]は、リアルタイムサンプリングと実用的な分析という点において、今までの常識を覆す、まさに画期的な製品です。 関連リンク: Analytical Scientist Innovation Award 2015 フルスペクトル分子イメージングシステム iKnifeサンプリング機能搭載REIMS研究システム

feed Waters 製品、Analytical Scientist のInnovation Award 1位と2位を独占受賞! (2015/12/18 15:00:17)
[b][color=0000FF]ウォーターズの製品がAnalytical Scientistのイノベーションアワード1位と2位を受賞しました。[/color][/b]イノベーションアワードは、一年間のうちに発表されたテクノロジーの中から革新的なテクノロジーに贈られるものです。1位 フルスペクトル分子イメージングシステム:高品質で、包括的な、高空間分解能の分子情報を取得できる、MSイメージング先進技術のコンビネーション2位 iKnife(アイナイフ)ダイレクトサンプリング機能搭載REIMS研究システム:高性能飛行時間型MSと組み合わることができる、ダイレクトサンプリングイオン化技術***評価に参加した審査員のコメント*** [フルスペクトル分子イメージング]は、MSイメージングモードの強力なコンビネーションにより、イメージング技術を真に有用なものにする可能性を大いに持っています。[iKnife(アイナイフ)サンプリング機能搭載REIMS研究システム]は、リアルタイムサンプリングと実用的な分析という点において、今までの常識を覆す、まさに画期的な製品です。関連リンク:[url=https://theanalyticalscientist.com/]Analytical Scientist Innovation Award 2015[/url][url=http://biomarket.jp/waters/full-spectrum-molecular-imaging.html]フルスペクトル分子イメージングシステム[/url][url=http://biomarket.jp/waters/iknife.html]iKnifeサンプリング機能搭載REIMS研究システム [/url]
[b][color=0000FF]ウォーターズの製品がAnalytical Scientistのイノベーションアワード1位と2位を受賞しました。[/color][/b]イノベーションアワードは、一年間のうちに発表されたテクノロジーの中から革新的なテクノロジーに贈られるものです。1位 フルスペクトル分子イメージングシステム:高品質で、包括的な、高空間分解能の分子情報を取得できる、MSイメージング先進技術のコンビネーション2位 iKnife(アイナイフ)ダイレクトサンプリング機能搭載REIMS研究システム:高性能飛行時間型MSと組み合わることができる、ダイレクトサンプリングイオン化技術***評価に参加した審査員のコメント*** [フルスペクトル分子イメージング]は、MSイメージングモードの強力なコンビネーションにより、イメージング技術を真に有用なものにする可能性を大いに持っています。[iKnife(アイナイフ)サンプリング機能搭載REIMS研究システム]は、リアルタイムサンプリングと実用的な分析という点において、今までの常識を覆す、まさに画期的な製品です。関連リンク:[url=https://theanalyticalscientist.com/]Analytical Scientist Innovation Award 2015[/url][url=http://biomarket.jp/waters/full-spectrum-molecular-imaging.html]フルスペクトル分子イメージングシステム[/url][url=http://biomarket.jp/waters/iknife.html]iKnifeサンプリング機能搭載REIMS研究システム [/url]

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MS関連学会での話題] Re: LC-DAYs2015 (2015/12/3 15:24:07)
素晴らしい研修会なんですね? JASISで会議場を借りて発表会とか特別企画とか連携がとれれば、もっと広く告知できるのではないでしょうか? 可能性はたくさんありますよ。
素晴らしい研修会なんですね? JASISで会議場を借りて発表会とか特別企画とか連携がとれれば、もっと広く告知できるのではないでしょうか? 可能性はたくさんありますよ。

feed LC-DAYs2015 (2015/12/3 15:24:07)
素晴らしい研修会なんですね? JASISで会議場を借りて発表会とか特別企画とか連携がとれれば、もっと広く告知できるのではないでしょうか? 可能性はたくさんありますよ。
素晴らしい研修会なんですね? JASISで会議場を借りて発表会とか特別企画とか連携がとれれば、もっと広く告知できるのではないでしょうか? 可能性はたくさんありますよ。

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MS関連学会での話題] Re: LC-DAYs2015 (2015/12/3 13:03:49)
LC, LC/MSの研修会”LC-DAYs 2015”が、11/26, 27に熱海で開催されました。早いもので、今年で15回目になりました。私は、すべて参加しています。以下、簡単に報告します。 この会は、日本分析化学会の傘下にある、液体クロマトグラフィー研究懇談会が主催で、役員たちが講師を務め、主に企業や大学等で最近LCやLC/MSを始めた人達に勉強してもらう場です。 今年は、二日間で50近い演題があり、一般参加者たちは、さぞお腹一杯になったことでしょう。前処理、分離、検出、MS、その他もろもろ、LC, LC/MSに関する知識を広く(浅く)学ぶには、最適な会だと思います。 この会の特徴の一つに、オーバーナイトセッションがあります。初日の21時頃から、前処理、分離、検出、MSなどのテーマに分かれ、それぞれの分野を得意とする役員が司会役となり、参加者の方達が疑問に思っていることなどを日付が変わるまでディスカッションします。 会の終わりには、分析化学会認証のLC(あるいはLC/MS)分析士初段試験の免除試験を受けることができます。これに合格すると、本試験を受けなくても資格が得られるというものです。 来年も、11月最終の木・金で開催される予定です。
LC, LC/MSの研修会”LC-DAYs 2015”が、11/26, 27に熱海で開催されました。早いもので、今年で15回目になりました。私は、すべて参加しています。以下、簡単に報告します。 この会は、日本分析化学会の傘下にある、液体クロマトグラフィー研究懇談会が主催で、役員たちが講師を務め、主に企業や大学等で最近LCやLC/MSを始めた人達に勉強してもらう場です。 今年は、二日間で50近い演題があり、一般参加者たちは、さぞお腹一杯になったことでしょう。前処理、分離、検出、MS、その他もろもろ、LC, LC/MSに関する知識を広く(浅く)学ぶには、最適な会だと思います。 この会の特徴の一つに、オーバーナイトセッションがあります。初日の21時頃から、前処理、分離、検出、MSなどのテーマに分かれ、それぞれの分野を得意とする役員が司会役となり、参加者の方達が疑問に思っていることなどを日付が変わるまでディスカッションします。 会の終わりには、分析化学会認証のLC(あるいはLC/MS)分析士初段試験の免除試験を受けることができます。これに合格すると、本試験を受けなくても資格が得られるというものです。 来年も、11月最終の木・金で開催される予定です。

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MS関連学会での話題] LC/MSワークショップ開催報告 (2015/11/5 11:47:27)
10/29-30、掛川のヤマハ嬬恋リゾートにおいて、第7回LC/MSワークショップが開催されました。 このワークショップは、横浜市立大学の高山教授と製薬企業でLC/MSを使った研究者が立ち上げた会で、LC/MSにおいて大きな問題になっているマトリックス効果や、偶数電子イオンからのフラグメンテーションに関して、毎回熱い議論が交わされます。 私は初回から全て、2回目からは世話人として参加し、プログラム構成や話題提供のための実証実験などを行っています。 前回と今回、エレクトロスプレーイオン化の研究で有名な、山梨大学の平岡名誉教授にご講演頂き、ディスカッションする中で、エレクトロスプレーイオン化においてマトリックス効果が起こる原因がかなり明確になってきました。 ネブライザータイプの(所謂通常の)エレクトロスプレーイオン源を用いて、マトリックス効果を低減させるための実証実験を、今後行っていく予定です。 エレクトロスプレーイオン化におけるマトリックス効果について詳細を知りたい方は、このスレッドに書き込みしてください。個別に相談に応じます。
10/29-30、掛川のヤマハ嬬恋リゾートにおいて、第7回LC/MSワークショップが開催されました。 このワークショップは、横浜市立大学の高山教授と製薬企業でLC/MSを使った研究者が立ち上げた会で、LC/MSにおいて大きな問題になっているマトリックス効果や、偶数電子イオンからのフラグメンテーションに関して、毎回熱い議論が交わされます。 私は初回から全て、2回目からは世話人として参加し、プログラム構成や話題提供のための実証実験などを行っています。 前回と今回、エレクトロスプレーイオン化の研究で有名な、山梨大学の平岡名誉教授にご講演頂き、ディスカッションする中で、エレクトロスプレーイオン化においてマトリックス効果が起こる原因がかなり明確になってきました。 ネブライザータイプの(所謂通常の)エレクトロスプレーイオン源を用いて、マトリックス効果を低減させるための実証実験を、今後行っていく予定です。 エレクトロスプレーイオン化におけるマトリックス効果について詳細を知りたい方は、このスレッドに書き込みしてください。個別に相談に応じます。

feed LC/MSワークショップ開催報告 (2015/11/5 11:47:27)
10/29-30、掛川のヤマハ嬬恋リゾートにおいて、第7回LC/MSワークショップが開催されました。このワークショップは、横浜市立大学の高山教授と製薬企業でLC/MSを使った研究者が立ち上げた会で、LC/MSにおいて大きな問題になっているマトリックス効果や、偶数電子イオンからのフラグメンテーションに関して、毎回熱い議論が交わされます。私は初回から全て、2回目からは世話人として参加し、プログラム構成や話題提供のための実証実験などを行っています。前回と今回、エレクトロスプレーイオン化の研究で有名な、山梨大学の平岡名誉教授にご講演頂き、ディスカッションする中で、エレクトロスプレーイオン化においてマトリックス効果が起こる原因がかなり明確になってきました。ネブライザータイプの(所謂通常の)エレクトロスプレーイオン源を用いて、マトリックス効果を低減させるための実証実験を、今後行っていく予定です。エレクトロスプレーイオン化におけるマトリックス効果について詳細を知りたい方は、このスレッドに書き込みしてください。個別に相談に応じます。
10/29-30、掛川のヤマハ嬬恋リゾートにおいて、第7回LC/MSワークショップが開催されました。このワークショップは、横浜市立大学の高山教授と製薬企業でLC/MSを使った研究者が立ち上げた会で、LC/MSにおいて大きな問題になっているマトリックス効果や、偶数電子イオンからのフラグメンテーションに関して、毎回熱い議論が交わされます。私は初回から全て、2回目からは世話人として参加し、プログラム構成や話題提供のための実証実験などを行っています。前回と今回、エレクトロスプレーイオン化の研究で有名な、山梨大学の平岡名誉教授にご講演頂き、ディスカッションする中で、エレクトロスプレーイオン化においてマトリックス効果が起こる原因がかなり明確になってきました。ネブライザータイプの(所謂通常の)エレクトロスプレーイオン源を用いて、マトリックス効果を低減させるための実証実験を、今後行っていく予定です。エレクトロスプレーイオン化におけるマトリックス効果について詳細を知りたい方は、このスレッドに書き込みしてください。個別に相談に応じます。

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MS関連学会での話題] LC-DAYs2015 (2015/10/16 13:35:01)
今年もLC, LC/MSの研修会”LC-DAYs”が開催されます。 プログラムが確定し、現在参加者募集中です。 http://lckon.sakura.ne.jp/lcdays/lcdays2015.html
今年もLC, LC/MSの研修会”LC-DAYs”が開催されます。 プログラムが確定し、現在参加者募集中です。 http://lckon.sakura.ne.jp/lcdays/lcdays2015.html

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MSに関する業界動向] LC/MS関連書籍 (2015/10/16 13:31:41)
LC-MSのメンテナンスに関する書籍が発刊されました。 http://shop.ohmsha.co.jp/shopdetail/000000004362/
LC-MSのメンテナンスに関する書籍が発刊されました。 http://shop.ohmsha.co.jp/shopdetail/000000004362/

feed LC/MS関連書籍 (2015/10/16 13:31:41)
LC-MSのメンテナンスに関する書籍が発刊されました。http://shop.ohmsha.co.jp/shopdetail/000000004362/
LC-MSのメンテナンスに関する書籍が発刊されました。http://shop.ohmsha.co.jp/shopdetail/000000004362/

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MS関連学会での話題] Re: JAIMA/JASISセミナー (2015/8/13 13:05:10)
先ほどのプログラムは昨年度のものでした。今年のはこちらです。 http://www.jasis.jp/regist/jp/jasisconfsrch.php
先ほどのプログラムは昨年度のものでした。今年のはこちらです。 http://www.jasis.jp/regist/jp/jasisconfsrch.php

feed JAIMA/JASISセミナー (2015/8/13 13:05:10)
先ほどのプログラムは昨年度のものでした。今年のはこちらです。http://www.jasis.jp/regist/jp/jasisconfsrch.php
先ほどのプログラムは昨年度のものでした。今年のはこちらです。http://www.jasis.jp/regist/jp/jasisconfsrch.php

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MS関連学会での話題] JAIMA/JASISセミナー (2015/8/13 12:52:28)
JAIMA/JASISセミナー、LC編のご案内です。私はLC/MSの話をします。 http://www.jasis.jp/2014/seminar/popup/0904_03.html
JAIMA/JASISセミナー、LC編のご案内です。私はLC/MSの話をします。 http://www.jasis.jp/2014/seminar/popup/0904_03.html

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] 電気メスで触れるだけ、たった数秒でサンプル内およびサンプル間の差異を瞬時に測定 (2015/8/11 10:30:42)
Knife ダイレクトサンプリング機能搭載 REIMS 研究システム 急速蒸発イオン化質量分析法(Rapid Evaporative Ionization Mass Spectrometry; REIMS) REIMS は試料表面から直接分子プロファイルを取得する今までにない新しいサンプリング法です。食品、微生物および組織学などの最新の研究に携わる研究者は、化学的あるいは生体システムに対する深い洞察を通して、迅速かつ容易にサンプル間の差異を判別、さらに高い信頼性でその差異成分を同定することが可能になります。 ■サンプル前処理やクロマトグラフィー分離が不要 ■サンプル間の差異の原因である分子マーカーを同定 ■包括的なプロファイリングアプローチを目的としてその他のサンプリング法と組み合わせることが可能 *iKnife サンプリング機能搭載REIMS 研究システムは研究用であり、診断および治療への直接的な使用はできません。 REIMS資料はこちらから
Knife ダイレクトサンプリング機能搭載 REIMS 研究システム 急速蒸発イオン化質量分析法(Rapid Evaporative Ionization Mass Spectrometry; REIMS) REIMS は試料表面から直接分子プロファイルを取得する今までにない新しいサンプリング法です。食品、微生物および組織学などの最新の研究に携わる研究者は、化学的あるいは生体システムに対する深い洞察を通して、迅速かつ容易にサンプル間の差異を判別、さらに高い信頼性でその差異成分を同定することが可能になります。 ■サンプル前処理やクロマトグラフィー分離が不要 ■サンプル間の差異の原因である分子マーカーを同定 ■包括的なプロファイリングアプローチを目的としてその他のサンプリング法と組み合わせることが可能 *iKnife サンプリング機能搭載REIMS 研究システムは研究用であり、診断および治療への直接的な使用はできません。 REIMS資料はこちらから

feed 電気メスで触れるだけ、たった数秒でサンプル内およびサンプル間の差異を瞬時に測定 (2015/8/11 10:30:42)
Knife ダイレクトサンプリング機能搭載 REIMS 研究システム急速蒸発イオン化質量分析法(Rapid Evaporative Ionization Mass Spectrometry; REIMS)REIMS は試料表面から直接分子プロファイルを取得する今までにない新しいサンプリング法です。食品、微生物および組織学などの最新の研究に携わる研究者は、化学的あるいは生体システムに対する深い洞察を通して、迅速かつ容易にサンプル間の差異を判別、さらに高い信頼性でその差異成分を同定することが可能になります。■サンプル前処理やクロマトグラフィー分離が不要■サンプル間の差異の原因である分子マーカーを同定■包括的なプロファイリングアプローチを目的としてその他のサンプリング法と組み合わせることが可能*iKnife サンプリング機能搭載REIMS 研究システムは研究用であり、診断および治療への直接的な使用はできません。[url=http://www.waters.com/waters/library.htm?lid=134846772&cid=511436&locale=ja_JP&xcid=ext623]REIMS資料はこちらから[/url]
Knife ダイレクトサンプリング機能搭載 REIMS 研究システム急速蒸発イオン化質量分析法(Rapid Evaporative Ionization Mass Spectrometry; REIMS)REIMS は試料表面から直接分子プロファイルを取得する今までにない新しいサンプリング法です。食品、微生物および組織学などの最新の研究に携わる研究者は、化学的あるいは生体システムに対する深い洞察を通して、迅速かつ容易にサンプル間の差異を判別、さらに高い信頼性でその差異成分を同定することが可能になります。■サンプル前処理やクロマトグラフィー分離が不要■サンプル間の差異の原因である分子マーカーを同定■包括的なプロファイリングアプローチを目的としてその他のサンプリング法と組み合わせることが可能*iKnife サンプリング機能搭載REIMS 研究システムは研究用であり、診断および治療への直接的な使用はできません。[url=http://www.waters.com/waters/library.htm?lid=134846772&cid=511436&locale=ja_JP&xcid=ext623]REIMS資料はこちらから[/url]

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MSに関する業界動向] 無題 (2015/7/1 19:13:03)
「LC/MS、LC/MS/MSの基礎と応用」ですね。
「LC/MS、LC/MS/MSの基礎と応用」ですね。

feed 書籍 (2015/7/1 19:13:03)
「LC/MS、LC/MS/MSの基礎と応用」ですね。
「LC/MS、LC/MS/MSの基礎と応用」ですね。

feed [LC-MS:最近のトピックス:LC-MSに関する業界動向] 書籍 (2015/7/1 18:42:11)
もう発刊されて暫く経ちますが、このLC/MS関連書籍、なかなか評判が良いです。もう直ぐ初版が売り切れるそうです。 http://shop.ohmsha.co.jp/shopdetail/000000003947/
もう発刊されて暫く経ちますが、このLC/MS関連書籍、なかなか評判が良いです。もう直ぐ初版が売り切れるそうです。 http://shop.ohmsha.co.jp/shopdetail/000000003947/

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] 高分離能質量分析計に新しい次元の分離技術と革新的イオン化法を導入 (2015/6/2 14:58:35)
イオンモビリティースペクトロメトリーおよび REIMS サンプル直接イオン化により、ルーチンの LC-MS 分析や MS 分析をより明確に、高い信頼性で、短時間に行えるようになります。 【Vion IMS QTof 質量分析計】 高分解能ハイブリッド型質量分析計とイオンモビリティー分離テクノロジーを融合したベンチトップ型質量分析計で高い信頼性で、明瞭な分析結果をもたらします。イオンモビリティーにより、クロマトグラフィーで未分離であった成分においても各MSスペクトルを取得でき、同時にすべてのイオンに関して衝突断面積 (CCS) 値が測定されることで、従来の LC-MS システムより網羅性に優れた情報を得ることができます。 【iKnife サンプリング機能搭載REIMS 研究システム 】 サンプルのダイレクトイオン化と高性能飛行時間型質量分析計、および強力で直感的に使用できるソフトウェアを組み合わせることで、サンプル前処理とクロマトグラフィー分離が不要となり、食品、微生物、および組織の分析を行う研究者はほぼ瞬時にデータ取得を行うことができます。iKnife サンプリング機能搭載REIMS 研究システム を使用することで、サンプルを迅速で簡単に識別し、特異的な特徴を高い信頼性で特定することができるため、調査対象の化学的システムや生物学的システムをより深く洞察することができます。 ニュースリリースはこちら
イオンモビリティースペクトロメトリーおよび REIMS サンプル直接イオン化により、ルーチンの LC-MS 分析や MS 分析をより明確に、高い信頼性で、短時間に行えるようになります。 【Vion IMS QTof 質量分析計】 高分解能ハイブリッド型質量分析計とイオンモビリティー分離テクノロジーを融合したベンチトップ型質量分析計で高い信頼性で、明瞭な分析結果をもたらします。イオンモビリティーにより、クロマトグラフィーで未分離であった成分においても各MSスペクトルを取得でき、同時にすべてのイオンに関して衝突断面積 (CCS) 値が測定されることで、従来の LC-MS システムより網羅性に優れた情報を得ることができます。 【iKnife サンプリング機能搭載REIMS 研究システム 】 サンプルのダイレクトイオン化と高性能飛行時間型質量分析計、および強力で直感的に使用できるソフトウェアを組み合わせることで、サンプル前処理とクロマトグラフィー分離が不要となり、食品、微生物、および組織の分析を行う研究者はほぼ瞬時にデータ取得を行うことができます。iKnife サンプリング機能搭載REIMS 研究システム を使用することで、サンプルを迅速で簡単に識別し、特異的な特徴を高い信頼性で特定することができるため、調査対象の化学的システムや生物学的システムをより深く洞察することができます。 ニュースリリースはこちら

feed 高分離能質量分析計に新しい次元の分離技術と革新的イオン化法を導入 (2015/6/2 14:58:35)
イオンモビリティースペクトロメトリーおよび REIMS サンプル直接イオン化により、ルーチンの LC-MS 分析や MS 分析をより明確に、高い信頼性で、短時間に行えるようになります。【Vion IMS QTof 質量分析計】高分解能ハイブリッド型質量分析計とイオンモビリティー分離テクノロジーを融合したベンチトップ型質量分析計で高い信頼性で、明瞭な分析結果をもたらします。イオンモビリティーにより、クロマトグラフィーで未分離であった成分においても各MSスペクトルを取得でき、同時にすべてのイオンに関して衝突断面積 (CCS) 値が測定されることで、従来の LC-MS システムより網羅性に優れた情報を得ることができます。【iKnife サンプリング機能搭載REIMS 研究システム 】サンプルのダイレクトイオン化と高性能飛行時間型質量分析計、および強力で直感的に使用できるソフトウェアを組み合わせることで、サンプル前処理とクロマトグラフィー分離が不要となり、食品、微生物、および組織の分析を行う研究者はほぼ瞬時にデータ取得を行うことができます。iKnife サンプリング機能搭載REIMS 研究システム を使用することで、サンプルを迅速で簡単に識別し、特異的な特徴を高い信頼性で特定することができるため、調査対象の化学的システムや生物学的システムをより深く洞察することができます。[url=http://www.waters.com/waters/newsDetail.htm?id=134847306]ニュースリリースはこちら[/url]
イオンモビリティースペクトロメトリーおよび REIMS サンプル直接イオン化により、ルーチンの LC-MS 分析や MS 分析をより明確に、高い信頼性で、短時間に行えるようになります。【Vion IMS QTof 質量分析計】高分解能ハイブリッド型質量分析計とイオンモビリティー分離テクノロジーを融合したベンチトップ型質量分析計で高い信頼性で、明瞭な分析結果をもたらします。イオンモビリティーにより、クロマトグラフィーで未分離であった成分においても各MSスペクトルを取得でき、同時にすべてのイオンに関して衝突断面積 (CCS) 値が測定されることで、従来の LC-MS システムより網羅性に優れた情報を得ることができます。【iKnife サンプリング機能搭載REIMS 研究システム 】サンプルのダイレクトイオン化と高性能飛行時間型質量分析計、および強力で直感的に使用できるソフトウェアを組み合わせることで、サンプル前処理とクロマトグラフィー分離が不要となり、食品、微生物、および組織の分析を行う研究者はほぼ瞬時にデータ取得を行うことができます。iKnife サンプリング機能搭載REIMS 研究システム を使用することで、サンプルを迅速で簡単に識別し、特異的な特徴を高い信頼性で特定することができるため、調査対象の化学的システムや生物学的システムをより深く洞察することができます。[url=http://www.waters.com/waters/newsDetail.htm?id=134847306]ニュースリリースはこちら[/url]

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSの話題・口コミ] Re: AC-MS (2015/4/24 12:30:59)
固定化したたんぱく質に対する相互作用分子の結合をSPRで評価し、MSで同定するようですね。 http://www.siliconkinetics.com/affinity-capture.php 阻害剤や酵素の基質など、低分子の相互作用物質のスクリーニングに活用できそうです。たんぱく質同士の相互作用解析には立体障碍などの問題を解決する必要があるかもしれません。それから、SPRからMSへもっていくインターフェイスがちょっと気になります。
固定化したたんぱく質に対する相互作用分子の結合をSPRで評価し、MSで同定するようですね。 http://www.siliconkinetics.com/affinity-capture.php 阻害剤や酵素の基質など、低分子の相互作用物質のスクリーニングに活用できそうです。たんぱく質同士の相互作用解析には立体障碍などの問題を解決する必要があるかもしれません。それから、SPRからMSへもっていくインターフェイスがちょっと気になります。

feed AC-MS (2015/4/24 12:30:59)
固定化したたんぱく質に対する相互作用分子の結合をSPRで評価し、MSで同定するようですね。http://www.siliconkinetics.com/affinity-capture.php阻害剤や酵素の基質など、低分子の相互作用物質のスクリーニングに活用できそうです。たんぱく質同士の相互作用解析には立体障碍などの問題を解決する必要があるかもしれません。それから、SPRからMSへもっていくインターフェイスがちょっと気になります。
固定化したたんぱく質に対する相互作用分子の結合をSPRで評価し、MSで同定するようですね。http://www.siliconkinetics.com/affinity-capture.php阻害剤や酵素の基質など、低分子の相互作用物質のスクリーニングに活用できそうです。たんぱく質同士の相互作用解析には立体障碍などの問題を解決する必要があるかもしれません。それから、SPRからMSへもっていくインターフェイスがちょっと気になります。

feed AC-MS (2015/4/24 12:30:59)
固定化したたんぱく質に対する相互作用分子の結合をSPRで評価し、MSで同定するようですね。http://www.siliconkinetics.com/affinity-capture.php阻害剤や酵素の基質など、低分子の相互作用物質のスクリーニングに活用できそうです。たんぱく質同士の相互作用解析には立体障碍などの問題を解決する必要があるかもしれません。それから、SPRからMSへもっていくインターフェイスがちょっと気になります。
固定化したたんぱく質に対する相互作用分子の結合をSPRで評価し、MSで同定するようですね。http://www.siliconkinetics.com/affinity-capture.php阻害剤や酵素の基質など、低分子の相互作用物質のスクリーニングに活用できそうです。たんぱく質同士の相互作用解析には立体障碍などの問題を解決する必要があるかもしれません。それから、SPRからMSへもっていくインターフェイスがちょっと気になります。

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] 無題 (2015/4/24 10:57:17)
コメントありがとうございます。 はい。JASISにも出す予定でおりますので、ご予定が合いましたら是非お立ち寄りください!
コメントありがとうございます。 はい。JASISにも出す予定でおりますので、ご予定が合いましたら是非お立ち寄りください!

feed 【フルスペクトル分子イメージングシステム】~Pittcon2015 Editor's Award銀賞受賞 (2015/4/24 10:57:17)
コメントありがとうございます。はい。JASISにも出す予定でおりますので、ご予定が合いましたら是非お立ち寄りください!
コメントありがとうございます。はい。JASISにも出す予定でおりますので、ご予定が合いましたら是非お立ち寄りください!

feed 【フルスペクトル分子イメージングシステム】~Pittcon2015 Editor's Award銀賞受賞 (2015/4/24 10:57:17)
コメントありがとうございます。はい。JASISにも出す予定でおりますので、ご予定が合いましたら是非お立ち寄りください!
コメントありがとうございます。はい。JASISにも出す予定でおりますので、ご予定が合いましたら是非お立ち寄りください!

feed [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Re: 【フルスペクトル分子イメージングシステム】~Pittcon2015 Editor's Award銀賞受賞 (2015/4/23 16:00:36)
組織病理などの形態学がデジタル化を目指す現在、欠かせない装置になりそうですね? JASIS2015には展示でみられるのでしょうか?
組織病理などの形態学がデジタル化を目指す現在、欠かせない装置になりそうですね? JASIS2015には展示でみられるのでしょうか?

feed Agilent 6545 Q-TOF LC/MS システム (2015/3/19 17:06:29)
アジレント・テクノロジーです。先日、アジレントの新しいQ-TOF LC/MS についてのメールニュースをお客様に配信しました。詳細はこちらからご覧いただけます。http://www.chem-agilent.com/contents.php?id=1003489製品について、ご質問などございましたら、こちらでもどうぞ。回答を急ぐ場合は、弊社コールセンターまで(0120-477-111)
アジレント・テクノロジーです。先日、アジレントの新しいQ-TOF LC/MS についてのメールニュースをお客様に配信しました。詳細はこちらからご覧いただけます。http://www.chem-agilent.com/contents.php?id=1003489製品について、ご質問などございましたら、こちらでもどうぞ。回答を急ぐ場合は、弊社コールセンターまで(0120-477-111)

feed Agilent 6545 Q-TOF LC/MS システム (2015/3/19 17:06:29)
アジレント・テクノロジーです。先日、アジレントの新しいQ-TOF LC/MS についてのメールニュースをお客様に配信しました。詳細はこちらからご覧いただけます。http://www.chem-agilent.com/contents.php?id=1003489製品について、ご質問などございましたら、こちらでもどうぞ。回答を急ぐ場合は、弊社コールセンターまで(0120-477-111)
アジレント・テクノロジーです。先日、アジレントの新しいQ-TOF LC/MS についてのメールニュースをお客様に配信しました。詳細はこちらからご覧いただけます。http://www.chem-agilent.com/contents.php?id=1003489製品について、ご質問などございましたら、こちらでもどうぞ。回答を急ぐ場合は、弊社コールセンターまで(0120-477-111)

feed 日本薬学会 第135年会(神戸) アジレントランチョンセミナー (2015/3/19 17:00:59)
アジレント・テクノロジーです。3月25日~28日に開催される日本薬学会に出展し、ランチョンセミナーを開催します。ぜひ聞きに来てください。終了後、ご質問や感想をこちらでもお受けします。回答を急ぎで必要な場合は、弊社コールセンターまでご連絡ください。(0120-477-111)日時 : 3月27日(金) 12:15~13:15会場 : 神戸学院大学 B号館 1F B104 O会場プログラム No : LS12【座 長】 アジレント・テクノロジー 前田 斉嘉【演 題】 Exposomics:生涯曝露を測定する挑戦【演 者】 国立環境研究所 環境健康研究センター 総合影響評価研究室 室長 中山 祥嗣 先生詳しくはホームページで http://www.chem-agilent.com/contents.php?id=1003447
アジレント・テクノロジーです。3月25日~28日に開催される日本薬学会に出展し、ランチョンセミナーを開催します。ぜひ聞きに来てください。終了後、ご質問や感想をこちらでもお受けします。回答を急ぎで必要な場合は、弊社コールセンターまでご連絡ください。(0120-477-111)日時 : 3月27日(金) 12:15~13:15会場 : 神戸学院大学 B号館 1F B104 O会場プログラム No : LS12【座 長】 アジレント・テクノロジー 前田 斉嘉【演 題】 Exposomics:生涯曝露を測定する挑戦【演 者】 国立環境研究所 環境健康研究センター 総合影響評価研究室 室長 中山 祥嗣 先生詳しくはホームページで http://www.chem-agilent.com/contents.php?id=1003447

feed 日本薬学会 第135年会(神戸) アジレントランチョンセミナー (2015/3/19 17:00:59)
アジレント・テクノロジーです。3月25日~28日に開催される日本薬学会に出展し、ランチョンセミナーを開催します。ぜひ聞きに来てください。終了後、ご質問や感想をこちらでもお受けします。回答を急ぎで必要な場合は、弊社コールセンターまでご連絡ください。(0120-477-111)日時 : 3月27日(金) 12:15~13:15会場 : 神戸学院大学 B号館 1F B104 O会場プログラム No : LS12【座 長】 アジレント・テクノロジー 前田 斉嘉【演 題】 Exposomics:生涯曝露を測定する挑戦【演 者】 国立環境研究所 環境健康研究センター 総合影響評価研究室 室長 中山 祥嗣 先生詳しくはホームページで http://www.chem-agilent.com/contents.php?id=1003447
アジレント・テクノロジーです。3月25日~28日に開催される日本薬学会に出展し、ランチョンセミナーを開催します。ぜひ聞きに来てください。終了後、ご質問や感想をこちらでもお受けします。回答を急ぎで必要な場合は、弊社コールセンターまでご連絡ください。(0120-477-111)日時 : 3月27日(金) 12:15~13:15会場 : 神戸学院大学 B号館 1F B104 O会場プログラム No : LS12【座 長】 アジレント・テクノロジー 前田 斉嘉【演 題】 Exposomics:生涯曝露を測定する挑戦【演 者】 国立環境研究所 環境健康研究センター 総合影響評価研究室 室長 中山 祥嗣 先生詳しくはホームページで http://www.chem-agilent.com/contents.php?id=1003447

feed 日本農芸化学会 2015年度 岡山大会 アジレントランチョンセミナー (2015/3/19 16:56:06)
アジレント・テクノロジーです。3月26日~29日に開催される日本農芸化学会で、ランチョンセミナーを開催します。ぜひ、聞きに来てください。終了後、ご質問や感想があれば、こちらでもお受けします。急ぎの回答が必要なときは、弊社コールセンターまでご連絡ください。(0120-477-111)日時 : 3月27日(金) 12:30~13:20会場 : 岡山大学津島キャンパス 教養A棟4F A41プログラムNo : LS2 【座 長】 石川県立大学 生物資源環境学部 教授 榎本俊樹 先生【演 題】 食品の機能性成分の効能と分析 ~北陸の農作物を例に~【演 者】 金沢大学大学院 医薬保健学総合研究科 特任教授 鈴木信孝 先生 アジレント・テクノロジー 滝埜昌彦詳細はホームページで http://www.chem-agilent.com/contents.php?id=1003446
アジレント・テクノロジーです。3月26日~29日に開催される日本農芸化学会で、ランチョンセミナーを開催します。ぜひ、聞きに来てください。終了後、ご質問や感想があれば、こちらでもお受けします。急ぎの回答が必要なときは、弊社コールセンターまでご連絡ください。(0120-477-111)日時 : 3月27日(金) 12:30~13:20会場 : 岡山大学津島キャンパス 教養A棟4F A41プログラムNo : LS2 【座 長】 石川県立大学 生物資源環境学部 教授 榎本俊樹 先生【演 題】 食品の機能性成分の効能と分析 ~北陸の農作物を例に~【演 者】 金沢大学大学院 医薬保健学総合研究科 特任教授 鈴木信孝 先生 アジレント・テクノロジー 滝埜昌彦詳細はホームページで http://www.chem-agilent.com/contents.php?id=1003446

feed 日本農芸化学会 2015年度 岡山大会 アジレントランチョンセミナー (2015/3/19 16:56:06)
アジレント・テクノロジーです。3月26日~29日に開催される日本農芸化学会で、ランチョンセミナーを開催します。ぜひ、聞きに来てください。終了後、ご質問や感想があれば、こちらでもお受けします。急ぎの回答が必要なときは、弊社コールセンターまでご連絡ください。(0120-477-111)日時 : 3月27日(金) 12:30~13:20会場 : 岡山大学津島キャンパス 教養A棟4F A41プログラムNo : LS2 【座 長】 石川県立大学 生物資源環境学部 教授 榎本俊樹 先生【演 題】 食品の機能性成分の効能と分析 ~北陸の農作物を例に~【演 者】 金沢大学大学院 医薬保健学総合研究科 特任教授 鈴木信孝 先生 アジレント・テクノロジー 滝埜昌彦詳細はホームページで http://www.chem-agilent.com/contents.php?id=1003446
アジレント・テクノロジーです。3月26日~29日に開催される日本農芸化学会で、ランチョンセミナーを開催します。ぜひ、聞きに来てください。終了後、ご質問や感想があれば、こちらでもお受けします。急ぎの回答が必要なときは、弊社コールセンターまでご連絡ください。(0120-477-111)日時 : 3月27日(金) 12:30~13:20会場 : 岡山大学津島キャンパス 教養A棟4F A41プログラムNo : LS2 【座 長】 石川県立大学 生物資源環境学部 教授 榎本俊樹 先生【演 題】 食品の機能性成分の効能と分析 ~北陸の農作物を例に~【演 者】 金沢大学大学院 医薬保健学総合研究科 特任教授 鈴木信孝 先生 アジレント・テクノロジー 滝埜昌彦詳細はホームページで http://www.chem-agilent.com/contents.php?id=1003446

feed MALDIーMS情報 (2015/3/9 10:52:26)
昨年Sequenom社からSpritしたAgena-Bioscience社の製品動向説明が、JASIS05Webトップページ、先端診断ドローアップセミナー動画からみられます。MALDIでのDNA解析、進んでますね。
昨年Sequenom社からSpritしたAgena-Bioscience社の製品動向説明が、JASIS05Webトップページ、先端診断ドローアップセミナー動画からみられます。MALDIでのDNA解析、進んでますね。

feed MALDIーMS情報 (2015/3/9 10:52:26)
昨年Sequenom社からSpritしたAgena-Bioscience社の製品動向説明が、JASIS05Webトップページ、先端診断ドローアップセミナー動画からみられます。MALDIでのDNA解析、進んでますね。
昨年Sequenom社からSpritしたAgena-Bioscience社の製品動向説明が、JASIS05Webトップページ、先端診断ドローアップセミナー動画からみられます。MALDIでのDNA解析、進んでますね。

feed 分析士資格認証制度 (2015/2/24 9:27:12)
四段の取得おめでとうございます。本フォーラムも引き続き宜しくお願いします!:-)
四段の取得おめでとうございます。本フォーラムも引き続き宜しくお願いします!:-)

feed 分析士資格認証制度 (2015/2/24 9:27:12)
四段の取得おめでとうございます。本フォーラムも引き続き宜しくお願いします!
四段の取得おめでとうございます。本フォーラムも引き続き宜しくお願いします!

feed イメージングMSのマトリックス塗布 (2015/2/23 14:49:25)
イメージング質量分析で、組織切片等へのマトリックス塗布の良し悪しが、データの質を左右することは知られています。添付の製品は、イメージングMS用ではないのですが、製薬企業で精力的にイメージングMSに取り組んでおられる研究者の方が評価して、非常に均一にマトリックスを塗布できるそうです。一般的に用いられているエアブラシより、価格はかなり安いようです。http://eko.co.jp/materials/mat_products/0493.html
イメージング質量分析で、組織切片等へのマトリックス塗布の良し悪しが、データの質を左右することは知られています。添付の製品は、イメージングMS用ではないのですが、製薬企業で精力的にイメージングMSに取り組んでおられる研究者の方が評価して、非常に均一にマトリックスを塗布できるそうです。一般的に用いられているエアブラシより、価格はかなり安いようです。http://eko.co.jp/materials/mat_products/0493.html

feed イメージングMSのマトリックス塗布 (2015/2/23 14:49:25)
イメージング質量分析で、組織切片等へのマトリックス塗布の良し悪しが、データの質を左右することは知られています。添付の製品は、イメージングMS用ではないのですが、製薬企業で精力的にイメージングMSに取り組んでおられる研究者の方が評価して、非常に均一にマトリックスを塗布できるそうです。一般的に用いられているエアブラシより、価格はかなり安いようです。http://eko.co.jp/materials/mat_products/0493.html
イメージング質量分析で、組織切片等へのマトリックス塗布の良し悪しが、データの質を左右することは知られています。添付の製品は、イメージングMS用ではないのですが、製薬企業で精力的にイメージングMSに取り組んでおられる研究者の方が評価して、非常に均一にマトリックスを塗布できるそうです。一般的に用いられているエアブラシより、価格はかなり安いようです。http://eko.co.jp/materials/mat_products/0493.html

feed 液体クロマトグラフィー研究懇談会 (2015/2/23 14:34:30)
4/21に第286回液体クロマトグラフィー研究懇談会が開催されます。LC, LC/MSの基礎的な内容です。http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/yotei/lckon286.html
4/21に第286回液体クロマトグラフィー研究懇談会が開催されます。LC, LC/MSの基礎的な内容です。http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/yotei/lckon286.html

feed 液体クロマトグラフィー研究懇談会 (2015/2/23 14:34:30)
4/21に第286回液体クロマトグラフィー研究懇談会が開催されます。LC, LC/MSの基礎的な内容です。http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/yotei/lckon286.html
4/21に第286回液体クロマトグラフィー研究懇談会が開催されます。LC, LC/MSの基礎的な内容です。http://lckon.sakura.ne.jp/lckon/yotei/lckon286.html

feed データ処理 (2015/2/5 8:12:31)
電話なら対応してくれると思います。今度電話してみます。ちなみに、S社のSはその会社の頭文字ではありません。
電話なら対応してくれると思います。今度電話してみます。ちなみに、S社のSはその会社の頭文字ではありません。

feed データ処理 (2015/2/5 8:12:31)
電話なら対応してくれると思います。今度電話してみます。ちなみに、S社のSはその会社の頭文字ではありません。
電話なら対応してくれると思います。今度電話してみます。ちなみに、S社のSはその会社の頭文字ではありません。

feed LCテクノプラザ (2014/12/27 16:57:04)
1/22, 23、液体クロマトグラフィー研究懇談会主催のLCテクノプラザが、横浜情報文化センターで開催されます。演題申込は1/9までです。発表内容には新規性は問われませんので、演題申込・参加をご検討ください。http://lckon.sakura.ne.jp/lctech/lctec20.html
1/22, 23、液体クロマトグラフィー研究懇談会主催のLCテクノプラザが、横浜情報文化センターで開催されます。演題申込は1/9までです。発表内容には新規性は問われませんので、演題申込・参加をご検討ください。http://lckon.sakura.ne.jp/lctech/lctec20.html

feed LCテクノプラザ (2014/12/27 16:57:04)
1/22, 23、液体クロマトグラフィー研究懇談会主催のLCテクノプラザが、横浜情報文化センターで開催されます。演題申込は1/9までです。発表内容には新規性は問われませんので、演題申込・参加をご検討ください。http://lckon.sakura.ne.jp/lctech/lctec20.html
1/22, 23、液体クロマトグラフィー研究懇談会主催のLCテクノプラザが、横浜情報文化センターで開催されます。演題申込は1/9までです。発表内容には新規性は問われませんので、演題申込・参加をご検討ください。http://lckon.sakura.ne.jp/lctech/lctec20.html

feed LC, LC/MS研修会 (2014/10/3 13:47:58)
JASIS フォーラムでも投稿しておきました。広く情報共有できると良いかと。
JASIS フォーラムでも投稿しておきました。広く情報共有できると良いかと。

feed LC, LC/MS研修会 (2014/10/3 13:47:58)
JASIS フォーラムでも投稿しておきました。広く情報共有できると良いかと。
JASIS フォーラムでも投稿しておきました。広く情報共有できると良いかと。

feed 前処理 (2014/7/4 16:03:00)
Biotage社の珪藻土(キーゼルグール)はなかなか評判が良いみたいです。いろんな会社が出してきましたが、天然物なので品質がバラついてましたね。これは品質が良いみたいと聞きました。
Biotage社の珪藻土(キーゼルグール)はなかなか評判が良いみたいです。いろんな会社が出してきましたが、天然物なので品質がバラついてましたね。これは品質が良いみたいと聞きました。

feed 前処理 (2014/7/4 16:03:00)
Biotage社の珪藻土(キーゼルグール)はなかなか評判が良いみたいです。いろんな会社が出してきましたが、天然物なので品質がバラついてましたね。これは品質が良いみたいと聞きました。
Biotage社の珪藻土(キーゼルグール)はなかなか評判が良いみたいです。いろんな会社が出してきましたが、天然物なので品質がバラついてましたね。これは品質が良いみたいと聞きました。

feed Imaging MS (2014/6/27 21:37:48)
様々な意見があると思いますが、私が最も期待しているのは臨床診断です。
様々な意見があると思いますが、私が最も期待しているのは臨床診断です。

feed Imaging MS (2014/6/27 21:37:48)
様々な意見があると思いますが、私が最も期待しているのは臨床診断です。
様々な意見があると思いますが、私が最も期待しているのは臨床診断です。

feed 四重極LCMS検出器寿命について (2014/6/26 16:16:01)
先ず、採用されている検出器の種類に依存します。LC-QMSに使用されている検出器は、二次電子増倍管かフォトマルチプライヤーのどちらかだと思います。後者は検出器自体が真空に保たれているため、原理的には半永久的に性能は劣化しません。一方、二次電子増倍管は、メンテナンス時等にMS内部を大気に曝露すると、検出器も大気に曝露されるため、検出器中の金属板の酸化による劣化が起こります。二次電子増倍管の寿命は、使い方に依るので一概には言えませんが、平均的には5年位でしょうか。
先ず、採用されている検出器の種類に依存します。LC-QMSに使用されている検出器は、二次電子増倍管かフォトマルチプライヤーのどちらかだと思います。後者は検出器自体が真空に保たれているため、原理的には半永久的に性能は劣化しません。一方、二次電子増倍管は、メンテナンス時等にMS内部を大気に曝露すると、検出器も大気に曝露されるため、検出器中の金属板の酸化による劣化が起こります。二次電子増倍管の寿命は、使い方に依るので一概には言えませんが、平均的には5年位でしょうか。

feed 四重極LCMS検出器寿命について (2014/6/26 16:16:01)
先ず、採用されている検出器の種類に依存します。LC-QMSに使用されている検出器は、二次電子増倍管かフォトマルチプライヤーのどちらかだと思います。後者は検出器自体が真空に保たれているため、原理的には半永久的に性能は劣化しません。一方、二次電子増倍管は、メンテナンス時等にMS内部を大気に曝露すると、検出器も大気に曝露されるため、検出器中の金属板の酸化による劣化が起こります。二次電子増倍管の寿命は、使い方に依るので一概には言えませんが、平均的には5年位でしょうか。
先ず、採用されている検出器の種類に依存します。LC-QMSに使用されている検出器は、二次電子増倍管かフォトマルチプライヤーのどちらかだと思います。後者は検出器自体が真空に保たれているため、原理的には半永久的に性能は劣化しません。一方、二次電子増倍管は、メンテナンス時等にMS内部を大気に曝露すると、検出器も大気に曝露されるため、検出器中の金属板の酸化による劣化が起こります。二次電子増倍管の寿命は、使い方に依るので一概には言えませんが、平均的には5年位でしょうか。

feed 最近LCMSを導入した方へ質問 (2014/5/25 19:08:59)
最近(3年以内)に導入したLCMSで、他社と比較して特にお薦めできると感じているポイントがあれば投稿してください。
最近(3年以内)に導入したLCMSで、他社と比較して特にお薦めできると感じているポイントがあれば投稿してください。

feed 最近LCMSを導入した方へ質問 (2014/5/25 19:08:59)
最近(3年以内)に導入したLCMSで、他社と比較して特にお薦めできると感じているポイントがあれば投稿してください。
最近(3年以内)に導入したLCMSで、他社と比較して特にお薦めできると感じているポイントがあれば投稿してください。

feed LCMS前処理の自動化 (2014/5/25 18:45:18)
なるほど、、今後は診断でLCMSが使われて行く流れですか。臨床サンプルを自動処理する前処理ロボットが求められそうですね。
なるほど、、今後は診断でLCMSが使われて行く流れですか。臨床サンプルを自動処理する前処理ロボットが求められそうですね。

feed LCMS前処理の自動化 (2014/5/25 18:45:18)
なるほど、、今後は診断でLCMSが使われて行く流れですか。臨床サンプルを自動処理する前処理ロボットが求められそうですね。
なるほど、、今後は診断でLCMSが使われて行く流れですか。臨床サンプルを自動処理する前処理ロボットが求められそうですね。

(1) 2 » 

execution time : 0.458 sec
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

運営者:バイオアソシエイツ株式会社

    登録ユーザー数
    2853人
    2017年11月22日 現在
    42 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが バイオ掲示板更新情報 を参照しています。)
    登録ユーザ: 0 ゲスト: 42
    アクセスカウンター
    DATEVisits/PVs
    2017/11/22:422/1859
    2017/11/21:748/16510

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。