バイオテクノロジー/ライフサイエンスニュース | BioQuick news

  

[公開日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
2017
5月
サンフランシスコのグラッドストーン研究所の科学者達は、マウスがヒトの老化疾患を発症するのを防ぐ重要なメカニズムを発見し、ヒトでよく見られる広範囲の疾患の重症度を説明した。どちらの局面も、年齢とともに浸食される染色体末端の保護キャップとしての役割を担う テロメア と関連している。 テロメア の侵食と老化の疾患の関連性は長く知られているが、 テロメア の長さがヒトの病気にどのように影響を与えるかは謎とされてきた。しかし今、科学者達によって、 心臓病 に関連したヒトの遺伝子変異を有するマウスの テロメア を短くすると心臓弁および血管にカルシウムが致命的な量に蓄積することが見出されている。これによっ ...もっと読む | 閲覧(128)
Enzymatics ZipScript One-Step RT-qPCR Mix

高精度なマルチプレックスを可能にしたワンステップRT-qPCRアッセイ ZipScript One-Step RT-qPCR Mixは、RNAに特化した高効率のマルチプレックスqPCRアッセイで、広いダイナミックレンジでのター ...
2017
5月
ヒトの 記憶 に重要な 遺伝子 が100以上も同定された。しかも、初めて 記憶 処理中の 遺伝子 データと 脳活動 との相関関係が明らかになったのである。これにより、ヒトの記憶というものに新たな可能性が出てきた。 「これらの 遺伝子 と行動の関係を特定することで、 記憶 機能や機能障害といった局面における 遺伝子 の役割を研究することが可能になります。これは非常にエキサイティングなことです。なぜなら、人の記憶を支える分子メカニズムの解明に一歩近づけたということですから。これを基に様々な 記憶 問題に役立てることができるでしょう。」と、サウスウェスタン・テキサス大学(UT)のGenevieve ...もっと読む | 閲覧(265)
SKi Pro System LC/MS接続可能な生体分子間相互作用解析装置

質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接 ...
2017
5月
オーストラリアのニューサウスウェールズ大学(UNSW)の研究者らは、実際に 老化 を逆行させ、 DNA修復 を改善し、NASAの火星任務をも可能にするであろう革新的な薬物を発見した。2017年3月23日のScience誌に発表された論文は「 老化 中の タンパク質-タンパク質相互作用 を調節する保存された NAD+ 結合ポケット(“A Conserved NAD+ Binding Pocket That Regulates Protein-Protein Interactions During Aging.”)」と題され、研究者チームは細胞が損傷したDNAを修復できるよ ...もっと読む | 閲覧(567)
Celsee Diagnostics CTC(Circulating Tumor Cell)キャプチャー検出システム

独自のマイクロ流体回路によるCTCs(Circulating Tumor Cells)キャプチャー・検出システム  米国では年間60万人近くが癌関連で亡くなると推計されています。癌関連死の90%は転移によるもの ...
コメントあり 1  | 
2017
5月
ある研究者の植物生物学への取り組みによって、 天然分子 が 軸索 ( ニューロン 間で電気信号を運ぶ糸状突起物)の修復を刺激促進することが発見された。 脊髄損傷 や 卒中 などの障害症状を引き起こす主な原因はこの軸索損傷である。 マギル大学(カナダ)のモントリオール神経学研究所病院に所属するAndrew Kaplan博士は、Alyson Fournier博士(Neurology and Neurosurgery教授)の研究室が調べていた神経保護機能を持つ 14-3-3タンパク質 ファミリーに注目し、軸索再生の薬理学的な研究文献を探していた。その検索中に植物が特定タイプの 真菌 感染にどう反応 ...もっと読む | 閲覧(675)
Xevo G2-XS QTof四重極飛行時間型(QTof)質量分析計

高性能ベンチトップ型QTof質量分析計により糖タンパク質をすべての構造レベルで解析! 高性能ベンチトップ型QTof質量分析計 Xevo G2-XS QTofをRapiFluor-MS標識試薬と組み合わせることで、前例 ...
2017
4月
白色脂肪 に比べると、 褐色脂肪 はかなりの速さで燃焼し、エネルギーに変わるが、これまで人体の褐色脂肪の比率はかなり小さいものと思われていた。ところが、ドイツのTechnical University of Munich (TUM) 研究チームの研究で、人体中の 褐色脂肪 の量はこれまで考えられていたよりも3倍も多いことが分かった。そのことから、 褐色脂肪 組織を活性化する新しいタイプの肥満・ 糖尿病 薬がより効果的ではないかと期待されている。 Journal of Nuclear Medicineに掲載されたこの研究では、1,644人の患者の3,000件近いPETスキャンが分析されている。 ...もっと読む | 閲覧(1094)
フルスペクトル分子イメージング

MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析を融合した高精度・高空間分解能分子イメージング 生理学と細胞機能をより理解し、組織または生体全体における薬剤の分布をモニタ ...


BioQuick ニュース

BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

APEX2015


にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ

    登録ユーザー数
    2662人
    2017年05月23日 現在
    13 人のユーザが現在オンラインです。
    (8 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
    登録ユーザ: 0 ゲスト: 13
    質量分析屋のネタ帳
    創薬よ何処へ
    アクセスカウンター
    DATEVisits/PVs
    2017/05/23:29/135
    2017/05/22:827/10476

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。