バイオテクノロジー/ライフサイエンスニュース | BioQuick news

  

[公開日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
2017
2月
長年、科学者は コレステロール について頭をひねっていた。コレステロールは生体に必須の物質であり、同時にはっきりと有害な物質だが、細胞で コレステロール がもっとも集中している 細胞膜 でのその働きを誰も知らない。イリノイ州シカゴ市のUniversity of Illinois at Chicago (UIC) の研究チームは、先駆的な光学画像技術を用い、世界で初めて 細胞膜 内での コレステロール の位置と動きを正確に追跡した。その結果、 コレステロール は様々な生体的役割の他に、 細胞膜 内で情報を伝達する信号分子の役割という意外な発見があった。 この研究論文は、2016年12月26日付 ...もっと読む | 閲覧(39)
Enzymatics 5x WGS

全てを1本のチューブで行う、シンプルかつ迅速なワークフローを実現 Enzymatics社の5x WGS (Whole Genome Sequencing; 全ゲノムシーケンス) ライブラリ調製アッセイでは、次世代シーケンス用ライ ...
2017
2月
生細胞 の中のタンパク質がどのように液体やゲル状固体と言った異なる状態に組み立てられるかを理解するために、光で物質を操作するツールが用いられ始めた。細胞は驚異的な複雑さで数千もの化学反応を同時にこなしており、いくつかの反応は オルガネラ と呼ばれる特殊なコンパートメント内で行われている。 しかし、ある オルガネラ は、細胞内に浮遊する物質を取り除く膜を欠いている。 これら膜のない オルガネラ は何らかの形で、タンパク質・核酸等の分子が浮かぶ細胞の海の真っただなかで自己完結型構造として存続している。 プリンストン大学の科学者は、膜のない オルガネラ が機能する化学作用の理解へ、これまでにない ...もっと読む | 閲覧(164)
Xevo G2-XS QTof四重極飛行時間型(QTof)質量分析計

高性能ベンチトップ型QTof質量分析計により糖タンパク質をすべての構造レベルで解析! 高性能ベンチトップ型QTof質量分析計 Xevo G2-XS QTofをRapiFluor-MS標識試薬と組み合わせることで、前例 ...
2017
2月
最近、 アルツハイマー病 を治療する可能性がある新しい分子について、2つの重要な研究成果が発表された。 両研究の主任研究員は、モスクワ物理技術研究所(MIPT:Moscow Institute of Physics and Technology)の医化学生命情報学研究所の所長Yan Ivanenkov博士である。 2つの新しい分子の論文は、Molecular Pharmaceutics and Current Alzheimer Researchに掲載された。 別のMIPT研究者Mark Veselovも第2の研究に参加した。 両論文は、 5-HT6R 受容体に対する神経保護物質 - アンタゴ ...もっと読む | 閲覧(384)
iCubate 自動DNAサンプル調製システム:特許マルチプレックスPCRでPCRバイアスを排除。完全密封型カセットでコンタミ防止。

特許のマルチプレックスPCR (arm-PCR)テクノロジーによるPCRバイアスを排除したDNAサンプル調製。 icubate社の自動DNAサンプル調製システムは、核酸抽出〜マルチプレックスPCR (arm-PCR)〜マイク ...
2017
2月
ハーバード大学の研究チームは、 脳 の3つの領域の間の接続性をモデルとする多域 brain-on-a-chip を新しく開発した。その過程で、 脳 の異なる領域の ニューロン の違いを詳しく調べ、領域間の接続性を再現する目的でin vitroモデルが用いられた。 このハーバード大学の研究論文は、2016年12月28日付The Journal of Neurophysiology誌オンライン版に掲載され、「Neurons Derived from Different Brain Regions Are Inherently Different in Vitro: A Novel Multire ...もっと読む | 閲覧(432)
GlycoWorks RapiFluor-MS N型糖鎖解析キット

糖タンパク質N型糖鎖解析を飛躍的に効率化する革新的新ソリューション誕生! 糖タンパク質N型糖鎖の切り出し~標識~精製をたった3つのステップで30分以内で行うためのキットです ...
2017
2月
La Jolla Institute for Allergy and Immunologyの研究チームは、 T細胞 活性をコントロールする遺伝子発現パターンをさらに良く理解するため、急性、慢性の ウイルス感染 に対して T細胞 が反応する際の ゲノムワイド における クロマチンアクセシビリティ の変化をマップ化した。2016年12月20日付Immunityオンライン版に掲載されたこの研究結果は、Tリンパ球の処分を決める分子メカニズムに光を当て、さらに T細胞 活性を調節し、免疫機能改善のための臨床介入方法に新しい道を開くもので、研究論文は、「 Genome-Wide Changes in ...もっと読む | 閲覧(300)
Celsee Diagnostics CTC(Circulating Tumor Cell)キャプチャー検出システム

独自のマイクロ流体回路によるCTCs(Circulating Tumor Cells)キャプチャー・検出システム  米国では年間60万人近くが癌関連で亡くなると推計されています。癌関連死の90%は転移によるもの ...


BioQuick ニュース

BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

APEX2015


にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ

    登録ユーザー数
    2609人
    2017年02月28日 現在
    アクセスカウンター
    DATEVisits/PVs
    2017/02/28:451/1827
    2017/02/27:964/5751
    14 人のユーザが現在オンラインです。
    (8 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
    登録ユーザ: 0 ゲスト: 14
    質量分析屋のネタ帳
    創薬よ何処へ

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。