抗体よもやま話 読者コメント Re: モノクローナル抗体の特長について【Re: モノクローナル抗体の特長について - ご感想・意見交換 - 読者コメント】 - バイオマーケットjp

Re: モノクローナル抗体の特長について

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このフォーラムはコメント用フォーラムです。新規トピックはたてられません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
対象モジュール 抗体よもやま話
件名 モノクローナル抗体の特長について
要旨 モノクローナル抗体の作成技術は、Köhler と Milstein によって1975年に報告された画期的方法です。抗体産生細胞であるBリンパ球を腫瘍細胞と融合させて不死化することにより、単一...

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 | 投稿日時 2015/8/5 9:25
Happy  トップ   投稿数: 75
抗体医薬開発での今後の変化や留意点はありますでしょうか?
投票数:1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/8/11 8:34
sandiegan  シニア   投稿数: 15
4つの特徴、どれもありなのかと思いますが、、、
2の力価の高い抗体について、ポリクロでは同一抗原上のことなる部位を認識する抗体が混在する可能性があり、単一抗原部位を認識するモノクロよりは抗体価が高い可能性がある。
ただし、モノクロでも十分なアフィニティーを有し、高力価のものもありますから、一概には言えませんね。
投票数:2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/8/11 16:35
ohmiS  シニア   投稿数: 15
ポリクローン抗体と比較したときの特長なので、力価に関する記述が間違っていることになります。抗体がうまくできたときは、ポリでもモノでも同じ力価を示します。ただ、おっしゃる通り、抗原の複数の部位にポリクローナル抗体ができたときは、ポリの力価が高くなります。辞書を執筆されたかたは、抗体ができにくいときはひとつ良いモノクローン抗体をとれば高力価の抗体が得られるとしてうっかり書いてしまったのでしょう。
他にモノクローン抗体の特長をご存知でしたがぜひコメントして教えて下さい。
投票数:2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/8/11 17:50
ohmiS  シニア   投稿数: 15
ビジネス特に抗体医薬などの大規模な市場へ活用できるのは、ものクローン抗体です。比較的手軽にできるのはポリクローン抗体なので、個別研究レベルで良い抗体ができてきたら、それを企業がモノクロ化するというような住み分けができると良いです。もっと望ましいのは、民間企業も積極的に独自の良い抗体を作ってほしいです。

引用:

Happyさんは書きました:
抗体医薬開発での今後の変化や留意点はありますでしょうか?
投票数:1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/9/1 9:34
mayumi  ビギナー   投稿数: 2
ある有名な抗体の会社よりモノクローナル抗体を購入しますと、lot間に差があり、4本中2本は、正しいバンドを認識しましたが2本は非特異的バンドがが多く検出されました。
クローンが変更になったのかと問い合わせをしましたが、変更なしとのことで精製方法かもしれないということでした。モノクローナル抗体でもこのようなことが起きるのでしょうか?
投票数:1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/9/3 8:54
ohmiS  シニア   投稿数: 15
モノクローン抗体は、免疫時の抗原の状態にもよりますが、イムノブロットを苦手とすることがあります。同一クローンということなので、精製方法や保存法が原因かもしれません。非特異バンドが目立つのは、本来の抗原に対する結合が弱くなっているので、相対的に他のたんぱく質を染めてしまっているからです。
うまくバンドがでたものを分注して大事に使うのがよろしいかと思います。ただし、凍結保存はよくないことが多々有ります。濃度を保って冷蔵をおすすめします。
投票数:2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/9/3 9:18
ohmiS  シニア   投稿数: 15
モノクローン抗体の特長として、知財として確保しやすいことがあります。特許をとるときはモノクロが断然有利です。しかしモノクロは、コスト的にポリクローン抗体の10倍かかります。それから、スクリーニングをしっかり準備していないと、良いクローンを絞り込めないです。したがって、まずはポリクロ、よさそうだったらモノクロでという戦略は良いでしょう。ただし、たんぱく質の飜訳後修飾を見分けるような特殊抗体は、ポリクロではなかなかとれないので、最初からモノクロで挑戦ということも選択肢のひとつになります。どのような抗体が欲しいかによって作戦を変え、どんどん抗体作成をすすめてもらえると嬉しいです。
このごろは大学などの公的研究機関が知財を囲い込むことが目立っていますが、大学・研究所での個別研究では基礎を重視し、いろいろな企業と連携することによって情報を公開、ほんとうのビジネス化は民間に任せることが良いです。そうしないと、研究をやっていく人材が育たなくなってしまうからです。
投票数:1
  条件検索へ

    登録ユーザー数
    2874人
    2017年12月13日 現在
    33 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 読者コメント を参照しています。)
    登録ユーザ: 0 ゲスト: 33
    アクセスカウンター
    DATEVisits/PVs
    2017/12/13:543/4064
    2017/12/12:827/15167

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。