BioQuick ニュース 日本語版 Re: 米国臨床検査室におけるLC-MS/MS採用動向【Re: 米国臨床検査室におけるLC-MS/MS採用動向 - ご感想・意見交換 - 読者コメント】 - バイオマーケットjp

Re: 米国臨床検査室におけるLC-MS/MS採用動向

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このフォーラムはコメント用フォーラムです。新規トピックはたてられません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

コメント元


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/7/21 5:28
ohmiS  シニア   投稿数: 15
米国の臨床検査 事情はよくわかりませんが、医療機関現場での検査は、比較的簡単でルーチン化しているものは自前の汎用機器で行い、その他は専門の臨床検査会社へ検体を送り外注するシステムと理解しています。質量分析計を活用する検査は後者に相当すると考えます。したがって、市場としては集中検査をしている大規模検査会社を狙うことになります。もし、このような検査機関へ質量分析計を導入する場合は、各々の検査項目に対して免疫化学的測定や遺伝子解析などの従来法と同時に進行させて検査データを吟味する必要があるため、メーカー側の積極的なサポートがポイントになります。テクノロジーが異なっていますから当然のことながら新しい知見が得られ、これらが従来法の結果に対してどれだけ優位かが焦点になります。このような段階を経て新しい検査方法が良いということになれば、まずは大規模検査拠点への導入と検査方法の切り替えがあって、さらに末端の検査現場への普及が進むと考えます。
投票数:3
  条件検索へ

    登録ユーザー数
    2876人
    2017年12月15日 現在
    40 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 読者コメント を参照しています。)
    登録ユーザ: 0 ゲスト: 40
    アクセスカウンター
    DATEVisits/PVs
    2017/12/15:353/1053
    2017/12/14:882/14367

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。