BioQuick ニュース 日本語版 Re: Dr. Vogelstein他の研究で、がんリスクの多くが幹細胞分裂に伴う突然変異と関連。がんの3分の2は「不運」、3分の1は環境と遺伝が主因【Re: Dr. Vogelstein他の研究で、がんリスクの多くが幹細胞分裂に伴う突然変異と関連。がんの3分の2は「不運」、3分の1は環境と遺伝が主因 - ご感想・意見交換 - 読者コメント】 - バイオマーケットjp

Re: Dr. Vogelstein他の研究で、がんリスクの多くが幹細胞分裂に伴う突然変異と関連。がんの3分の2は「不運」、3分の1は環境と遺伝が主因

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このフォーラムはコメント用フォーラムです。新規トピックはたてられません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

コメント元


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2015/3/16 10:39
sandiegan  シニア   投稿数: 15
運、不運にかかわらず、早期発見が重要ですね。
投票数:1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/3/16 11:11
atumi  シニア   投稿数: 3
ガン幹細胞に有効な抗がん剤の開発が必要ですね。
投票数:1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/3/16 21:26
masokada  シニア   投稿数: 9
genomeの不安定性とゆらぎなんだろうけどそれを防ぐと遺伝子を傷つけて殺す抗癌剤も効かなくなるのでしょうか??
投票数:2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/4/7 11:04
シマアツシ  ビギナー   投稿数: 2
同じホモサピエンスでも国や地域によって多いがんの種類が全然違っているけど、1/3の要因でホントに説明できるのだろうか。それとも各臓器の幹細胞の分裂回数は人種間でそんなに異なるのか?
投票数:2
  条件検索へ

    登録ユーザー数
    2876人
    2017年12月15日 現在
    44 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 読者コメント を参照しています。)
    登録ユーザ: 0 ゲスト: 44
    アクセスカウンター
    DATEVisits/PVs
    2017/12/15:358/1101
    2017/12/14:882/14367

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。