BioQuick ニュース 日本語版 Re: Deep Mutational Scanningで疾患遺伝子変異体の機能解析が更に発展【Re: Deep Mutational Scanningで疾患遺伝子変異体の機能解析が更に発展 - ご感想・意見交換 - 読者コメント】 - バイオマーケットjp

Re: Deep Mutational Scanningで疾患遺伝子変異体の機能解析が更に発展

コメント元

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

高木眞佐江

なし Re: Deep Mutational Scanningで疾患遺伝子変異体の機能解析が更に発展

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/9/1 9:22
高木眞佐江  シニア   投稿数: 5
終盤の英訳ですが、「... For example, many genetic variants linked to autism are located in genes that alter the packaging of DNA into a compact form called chromatin...」は、「たとえば、多くの自閉症に関連した遺伝子変異は、DNAをクロマチンと呼ばれる微小構造にコンパクトにまとめる機能(後述ではchromatin remodelingと表記される)を変化させる遺伝子の位置で起きるている。」では、如何でしょうか?
投票数:2

  条件検索へ


    登録ユーザー数
    2961人
    2018年04月21日 現在
    36 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 読者コメント を参照しています。)
    登録ユーザ: 0 ゲスト: 36
    アクセスカウンター
    DATEVisits/PVs
    2018/04/21:288/1426
    2018/04/20:833/14827

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。