バイオテクノロジー/ライフサイエンスニュース | BioQuick news

  

[公開日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
2017
7月
Johns Hopkins MedicineとUniversity of British Columbiaの研究者は、遺伝子シーケンシング・ツールを使い、子宮の外で子宮内膜状の組織が増殖し、ひどい痛みを伴う良性 子宮内膜症 患者24人の組織サンプルから一組の 遺伝子変異体 を発見した。2017年5月11日付New England Journal of Medicineに掲載されたこの発見により、いつか、侵襲性の強い 子宮内膜症 と臨床的に緩慢な非侵襲性 子宮内膜症 とを判別する分子レベルのテストを開発できる可能性がある。 NEJMの研究論文は、「Cancer-Associated Mutat ...もっと読む | 閲覧(1689)
SPRm 200 SPR-顕微鏡システム
膜タンパク質―アナライト分子間のSPR相互作用計測・解析の新技術。膜タンパク質の単離・精製は不要!!Biosensign Instrument社(BI社)が提供するSPR顕微鏡システムは、センサーチップ上で培養した細胞をそのまま固定して、膜タンパク質とアナライト分子との分子間相互作用を計測・解析を行うことができる、新しいSPRシステムです。膜タンパク質を単離・精製せずに細胞 ...
2017
7月
ランニングの健康効果については毎週のように新しい話題が現れる。それ自体は素晴らしいことだが、走れない人にとっては何の意味もない。高齢者、肥満者、その他、運動機能に支障のある人にとっては 有酸素運動 の効果というのは望んでも得られないことだった。Salk Instituteの研究チームは、 ランニング によって起動される 遺伝子経路 を突き止めた過去の研究を基礎にして、 化合物 によって運動不足のマウスの経路を完全に起動する手段を見つけ、 脂肪燃焼 効率や スタミナ を高めるなど運動の健康効果を再現することができた。 2017年5月2日付のCell Metabolismに掲載されたこの研究論文 ...もっと読む | 閲覧(1779)
GenTegra 核酸安定化プロダクト
核酸サンプルの長期室温安定保存が実現GenTegra社の特許取得済みの核酸保存用製品GenTegra(精製したDNA・RNA)およびGenPlate(血液サンプル)は、室温での多サンプルの長期保存や輸送に大変便利にお使い頂けます。
2017
6月
一般的な 茶 にも紅茶、緑茶、烏龍茶、白茶、チャイなど様々な種類があるが、いずれもCamellia sinensis、一般的には 茶樹 と呼ばれる常緑低木の葉を原料としている。茶は文化的にも経済的にも重要でありながら、茶の葉の木についてはあまりよく知られていない。2017年5月1日付Molecular Plant誌オンライン版に掲載された茶樹の ゲノム解析 初稿を読めば、なぜ茶の葉には 抗酸化物質 や カフェイン が豊富に含まれているのかが想像できるのではないか。このオープンアクセス論文は、「The Tea Tree Genome Provides Insights into Tea ...もっと読む | 閲覧(1883)
IMACEL ライフサイエンス研究用の画像解析クラウドサービス
研究に没頭できる環境を作る 人工知能のサポートにより、画像解析の高度な知識がなくても誰でも簡単に短時間で画像解析が可能です。 クラウドを採用することでPC環境等に左右されずに、常に最新の機能・アルゴリズムがご利用いただけます。
2017
6月
非侵襲性の PET イメージング 法は、免疫細胞ががん細胞を殺すために放出する グランザイムB (写真) というタンパク質を測定する方法で、マウスと人間で、治療の初期に 免疫チェックポイント阻害薬 に反応する がん と、反応しないがんを判別することができた。その研究結果はCancer Research の2017年5月号に掲載されている。 この論文は、「 Granzyme B PET Imaging as a Predictive Biomarker of Immunotherapy Response ( 免疫療法 反応の予測バイオマーカーとしてのグランザイムB PETイメージ ...もっと読む | 閲覧(806)
ReVERSE-AVIDIN Spin Column
ビオチン化タンパク質を10分で簡単に精製できるスピンカラムです。 従来のストレプトアビジンと同様の強固な結合は保持しつつ、ビオチンを添加するだけで簡単にアガロースビーズからビオチン化タンパク質を溶出できます。
2017
6月
抗生物質 によって救われる命が日々ある中、その功罪併せ持つ特性こそが欠点となることもある。高用量では感染を引き起こす細菌とともに健康な細胞も破壊し、既知の 抗生物質 がもはや効果をもたない「 スーパーバグ 」を創り出すことになるからだ。しかし、 抗生物質 の効力を劇的に高める メープルシロップ 抽出物が発見されたことにより、 抗生物質 の使用量を自然に減らすことが可能になるかもしれない。この研究は4月2日、第253回アメリカ外科学会議(ACS)の全国会議博覧会において発表された。世界最大の科学会であるACSは4月2日から6日までサンフランシスコにて年次総会を開催し、14,000件以上の多種多 ...もっと読む | 閲覧(1488)
Xcell Biosciences Avatarシステム
細胞本来の生育環境を正確に反映した細胞培養システムAvatarシステムは、細胞の機能・外部特性・内部特性(遺伝子的特性等)を維持したまま培養できる細胞培養システムです。採取された貴重な細胞が正常に増殖し、意味のある結果を導き出すためには本来の状態を維持する環境が必要です。Avatarシステムは、生体内環境状態を再現できる初めての細胞増殖システムで ...


運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
    登録ユーザー数
    2804人
    2017年09月24日 現在
    64 人のユーザが現在オンラインです。 (62 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
    登録ユーザ: 0 ゲスト: 64
    抗体よもやま話
    質量分析屋のネタ帳
    創薬よ何処へ
    アクセスカウンター
    DATEVisits/PVs
    2017/09/24:660/24681
    2017/09/23:730/28967

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。