バイオテクノロジー/ライフサイエンスニュース | BioQuick news

  

[公開日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
2011
12月
黒死病 }と呼ばれ14世紀のヨーロッパを襲った壊滅的な 伝染病ペスト は、今はもう絶滅した バクテリアYersinia pestis によるものだと思われる。この記事は2011年8月29日付けのPNAS誌に発表された。カナダのマックマスター大学のポワナー・ヘンデリック博士と研究者グループは、イギリスのロンドンにあるイースト・スミスフィールドの集団埋葬地から掘り出された109人の白骨遺体から検出されたDNAを分析し、この結果にたどり着いた。また、セント・ニコラス・シャンブルから掘り出された10人の遺骨からもDNAを検出し、解析を行なった。 イースト・スミスフィールド に埋葬されていた遺骨からは ...もっと読む | 閲覧(2714)
VOICE200Ultra マルチ反応リアルタイム質量分析計SIFT-MS
高湿度下でも代謝関連揮発性物質を選択的にpptレベルで前処理せずにリアルタイム定量分析できます。医学研究における強力なツールとなります
2014
4月
中国で少なくとも9人が 鳥インフルエンザ で死亡しており、その患者から採取したサンプルの 遺伝子解析 の結果は、ウイルスが進化して ヒト細胞 に適応するようになったことを示しており、世界的な インフルエンザ 大流行が起きる危険性が心配されている。 国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター の田代眞人博士、University of Wisconsin-Madisonと東京大学の河岡義裕博士が指揮するグループの共同研究論文が論文雑誌「Eurosurveillance」の2013年4月11日付に掲載された。同グループは、4人の 鳥インフルエンザ・ウイルス 犠牲者から採取した H7N9 の ...もっと読む | 閲覧(3288)
セルソーター SH800S
全自動セットアップ・小型化を実現した”日本発”セルソーターソニーが開発したセルソーターは、全自動セットアップ・小型化・低価格を実現した新世代セルソーターです。光軸調整、液滴形成、サイドストリーム調整、ディレイタイムの決定をすべて自動化し、手間のかかる設定作業を不要にしました。ソーティングチップは、細胞の種類やアプリケーションにあわ ...
2012
5月
英国レスター大学循環器科学科の研究チームが、高血圧の原因について画期的な研究を行なった。2011年10月31日付けのHypertension誌オンライン版に発表された成果は、ヒトの腎臓内の遺伝子物質を探索し、高血圧に関与すると考えられる遺伝子を発見したというものだ。これにより今後、高血圧の原因を究明する研究に、新しい道が開かれるであろう。腎臓内にヒト高血圧に関与する重要な遺伝子と mRNA 、そして microRNA が存在することが明らかにされた。さらに、高血圧をコントロールするホルモンとして考えられてきたレニンの調節に寄与する2つの microRNA も同定された。腎臓が血圧の調節を行うこ ...もっと読む | 閲覧(2042)
Celsee Diagnostics CTC(Circulating Tumor Cell)キャプチャー検出システム
独自のマイクロ流体回路によるCTCs(Circulating Tumor Cells)キャプチャー・検出システム  米国では年間60万人近くが癌関連で亡くなると推計されています。癌関連死の90%は転移によるものです。現在、癌の転移を検出するための標準的な手法は、生検(生体組織診断またはバイオプシーとも呼ばれます)です。 しかしながら、生検は時間がかかる上、痛みが伴う等患者への ...
2012
3月
アンデス地方やチベット高原などの高地に住む人々は、幾代にも渡り 低酸素 条件での生活に適応してきた。このような特徴的かつ強力な選択圧で生活をする様は、進化論において教科書のように良い例である。しかし、その遺伝子がどのようにして生存優位性を得ているのかは未だ解明されていない。この謎を解くため、ペンシルベニア大学の研究チーム(以下ペン・チーム)は、初となる ゲノムワイド な高々度適応性の研究を始めた。研究は、高々度に適応する主要人口の3位にあたるエチオピア高地のアムハラ族を対象に行われた。驚くべきことに、3つのグループは全て異なる 遺伝的変異 を持ち、この適応性は収束進化によるものであると見られる ...もっと読む | 閲覧(2002)
IMACEL ライフサイエンス研究用の画像解析クラウドサービス
研究に没頭できる環境を作る 人工知能のサポートにより、画像解析の高度な知識がなくても誰でも簡単に短時間で画像解析が可能です。 クラウドを採用することでPC環境等に左右されずに、常に最新の機能・アルゴリズムがご利用いただけます。
2012
10月
2012年3月18日付のネイチャー誌オンライン版に、 レット症候群 モデルにおける 免疫機能 が障害された細胞を、 骨髄移植 ( BMT )によって置き換える試みの結果が掲載された。 レット症候群 マウスモデルを用いた研究結果では、 小児期症 例の重篤な症状の多くが改善され、例えば、 呼吸障害 や 動作障害 の改善や寿命の延長などが観察された。 小グリア不全 における Mecp2タンパク の機能を精査し、「 レット遺伝子 」にコードされる事を明らかにしたのは、バージニア大学医学部の主任研究者ジョナサン・キプニス博士とその研究チームである。彼らは 神経学的症候群 に対処する初めての研究手法の提唱 ...もっと読む | 閲覧(3601)
CELLDATA RNAstorm FFPE RNA抽出キット
FFPEサンプルからの高品質・高収量核酸回収フォルムアルデヒドの使用により、核酸は高領域に渡って化学修飾が生じ ます。現状の手法では、その様なFFPEサンプルからの核酸回収には高温 での処理が行われるため、その結果、核酸の分解を促進し、十分な回収結 果が得られません。 。一方、CellData Sciences社は特許のCAT5TM技術に より、より低温で温和な条件で科学的に修 ...


運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
    登録ユーザー数
    2804人
    2017年09月24日 現在
    63 人のユーザが現在オンラインです。 (61 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
    登録ユーザ: 0 ゲスト: 63
    抗体よもやま話
    質量分析屋のネタ帳
    創薬よ何処へ
    アクセスカウンター
    DATEVisits/PVs
    2017/09/24:660/24677
    2017/09/23:730/28967

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。