バイオテクノロジー/ライフサイエンスニュース | BioQuick news

  

[公開日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
2011
12月
地球上で最も数奇な運命を辿った バクテリア は海洋に由来し、 SAR11グループ に属すると考えられてきた。スウェーデンのアップセラ大学の研究者グループが行なった最新の研究によって「数奇な運命」の内容が明らかにされると共に、これらの バクテリア について従来認められてきた理解の概要に疑問が呈される事となった。彼らの解析によると、新たにこれまで発見されていなかった貴重な ミトコンドリア の仲間も同定された。 ミトコンドリア は細胞内の発電所の役目を果たしている。この発見はMolecular Biology and Evolution誌の2011年9月7日号とPloS ONE誌の2011年9月14 ...もっと読む | 閲覧(2271)
Greenpharma ヒト内在性リガンドライブラリ
化学的に多様な骨格のヒト内在性リガンドが400化合物含まれたライブラリ  Greenpharmaヒト内在性リガンドライブラリは、オーファン受容体の研究におけるリガンド探索や、新しい疾患代謝経路の解明に有用です。 ドラッグディスカバリーでは強いアフィニティー分子の中からヒットを選ぶので後のオプティマイズや工夫が困難であったり、他社と似通った化合物やターゲ ...
2011
12月
黒死病 }と呼ばれ14世紀のヨーロッパを襲った壊滅的な 伝染病ペスト は、今はもう絶滅した バクテリアYersinia pestis によるものだと思われる。この記事は2011年8月29日付けのPNAS誌に発表された。カナダのマックマスター大学のポワナー・ヘンデリック博士と研究者グループは、イギリスのロンドンにあるイースト・スミスフィールドの集団埋葬地から掘り出された109人の白骨遺体から検出されたDNAを分析し、この結果にたどり着いた。また、セント・ニコラス・シャンブルから掘り出された10人の遺骨からもDNAを検出し、解析を行なった。 イースト・スミスフィールド に埋葬されていた遺骨からは ...もっと読む | 閲覧(2714)
マクロファージ免疫賦活能の評価/機能性食品等の研究開発支援(マクロファージ活性化能 受託評価試験サービス)
機能性食品素材成分等の免疫賦活作用に関するエビデンスデータ取得を支援するマクロファージ受託評価試験サービスを提供しています。 これまでに自然免疫応用技研では様々な企業様から免疫活性化成分(βグルカン、乳酸菌、クロレラ等)の評価試験を受託した実績を有しています。
2011
12月
癌治療 の際に大きな問題となるのが“ 薬剤耐性 ”( ADR )である。この耐性に関与するタンパク質をモニターする事が、今まで研究者達の超えられない課題となっていた。しかし、フロリダ州タンパにあるモフィット癌センターの研究チームが、 ADR についての理解を深める事につながる、有望なモニタリング技術を開拓しているのだ。さらにこの技術は臨床面でも、 多発性骨髄腫患者 の 個別治療法 を開発する際に役立つ。更には他の種類の癌にも応用出来ると思われる。チームの研究結果は、Molecular and Cellular Proteomics誌の10月号に掲載されたが、オンラインではすでに8月16日に公 ...もっと読む | 閲覧(2316)
Xcell Biosciences Avatarシステム
細胞本来の生育環境を正確に反映した細胞培養システムAvatarシステムは、細胞の機能・外部特性・内部特性(遺伝子的特性等)を維持したまま培養できる細胞培養システムです。採取された貴重な細胞が正常に増殖し、意味のある結果を導き出すためには本来の状態を維持する環境が必要です。Avatarシステムは、生体内環境状態を再現できる初めての細胞増殖システムで ...
2012
1月
コロンビア大学メディカルセンター ( CUMC )と他の研究機関で構成される遺伝子研究チームが、 哺乳類細胞 における膨大な 遺伝子機能調節ネットワーク を明らかにした。これによって、 遺伝的変異性 の観点から、 悪性腫瘍 や他の疾病を説明できる道筋が出来た事になる。この新たな機能ネットワークに関連する4つの研究結果が、2011年10月14日付Cell誌に発表された。「この 遺伝子機能調節ネットワーク の解析によって、 細胞内情報伝達機構 を解明するために欠けていたパズルのピースが見つかり、これまでは不明だった特定の腫瘍や疾病に関与する遺伝子を同定する事が出来るのです。」と CUMC研究報告 ...もっと読む | 閲覧(2154)
ArcherDX FusionPlex融合遺伝子検出アッセイ
次世代シーケンスによる融合遺伝子の検出 疾患関連融合遺伝子の数は増加の一途を辿り、その同定には次世代シーケンサー(NGS)を用いることが現実的になってきています。 しかし、一般的なライブラリ調製法では、偽陰性が生じる、大量のサンプルが必要、新規の融合を容易に検出できない、といった問題があります。 ArcherDX社では、NGS用試薬生産のノウハウに、斬新 ...
2012
1月
古代から現代までのヒトの DNAパターン を研究している国際チームは、40,000年前のアジアへの集団大移動と人種間のDNAの混合について新事実を発見した。ハーバード大学医学部とドイツ、ライプツィヒの マックス・プランク進化人類学研究所 の研究チームが最先端の ゲノム解析 法を使って調べた結果、 デニソバン と呼ばれる古代人類が、現代のニューギニアだけではなく、フィリピンとオーストラリアのアボリジニのDNAに関与していることが分かった。このデニソバンとは最古の人類の一種で、去年シベリアで発掘された指骨の DNAを解析 した結果解明された。今回の研究結果はこれまでの 遺伝子学研究 による説を否定 ...もっと読む | 閲覧(2416)
NanoExplorer 高速AFM
世界最速のAFM「NanoExplorer」を用いたナノスケールのリアルタイム動画観察生体分子計測研究所の高速AFM「NanoExplorer」は、従来型AFMでは不可能だった最速1フレーム0.05秒(1秒間に20フレーム)の溶液中の動画観察が可能なAFMです。従来型AFMの静止画では観察できない「『生きた』サンプルの反応過程と形状変化」のリアルタイム観察を実現します。DNAや分子モーター、膜タ ...


運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
    登録ユーザー数
    2804人
    2017年09月24日 現在
    63 人のユーザが現在オンラインです。 (60 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
    登録ユーザ: 0 ゲスト: 63
    抗体よもやま話
    質量分析屋のネタ帳
    創薬よ何処へ
    アクセスカウンター
    DATEVisits/PVs
    2017/09/24:660/24711
    2017/09/23:730/28967

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。