遺伝子研究関連のライフサイエンスニュース

  

[公開日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
2012
1月
コロンビア大学メディカルセンター ( CUMC )と他の研究機関で構成される遺伝子研究チームが、 哺乳類細胞 における膨大な 遺伝子機能調節ネットワーク を明らかにした。これによって、 遺伝的変異性 の観点から、 悪性腫瘍 や他の疾病を説明できる道筋が出来た事になる。この新たな機能ネットワークに関連する4つの研究結果が、2011年10月14日付Cell誌に発表された。「この 遺伝子機能調節ネットワーク の解析によって、 細胞内情報伝達機構 を解明するために欠けていたパズルのピースが見つかり、これまでは不明だった特定の腫瘍や疾病に関与する遺伝子を同定する事が出来るのです。」と CUMC研究報告 ...もっと読む | 閲覧(2234)
ラット・マウス等、幅広い生物種の抗体精製に。Ab-Capcher
Ab-Capcherは、従来の抗体精製プロテインAゲルでは限定された適応抗体生物種やプロテインGゲルの結合量の低さと言った問題点を一挙に解決した高性能プロテインA アガロースビーズ(ゲルカラム担体)です。 特にこれまで研究者のご不満の多かったラットやマウスのモノクローナル抗体も簡単・高純度に精製できます。
2012
1月
古代から現代までのヒトの DNAパターン を研究している国際チームは、40,000年前のアジアへの集団大移動と人種間のDNAの混合について新事実を発見した。ハーバード大学医学部とドイツ、ライプツィヒの マックス・プランク進化人類学研究所 の研究チームが最先端の ゲノム解析 法を使って調べた結果、 デニソバン と呼ばれる古代人類が、現代のニューギニアだけではなく、フィリピンとオーストラリアのアボリジニのDNAに関与していることが分かった。このデニソバンとは最古の人類の一種で、去年シベリアで発掘された指骨の DNAを解析 した結果解明された。今回の研究結果はこれまでの 遺伝子学研究 による説を否定 ...もっと読む | 閲覧(2509)
Greenpharma Active Ingredients on Demand 有効成分オンデマンド受託開発サービス
機能性化粧品・医薬外品等に最適な天然物由来の生物活性低分子有機化合物を探索・供給 Greenpharma社(フランス)は、最先端のケモインフォマティクスを駆使したリバース生薬学で天然物由来の生物活性分子を探索し、エビデンスの明確な機能性化粧品・医薬外品等の開発を支援します。 Greenpharma社では、有効成分を含有する天然原料の安定確保を含め、製品開発・生産 ...
2012
1月
鳥類用の最大規模の DNAデータ セットと 次世代シーケンス ( NGS )法とにより、スミソニアン研究チームは、世界で最も種類が多く且つ絶滅の危機に瀕している鳥類である ハワイミツスイ種 }の進化系統樹を解析した。 ミツスイ類 に属し、その進化のルーツであるフィンチのタイピングを行なうだけではなく、ハワイの主たる4諸島で迅速に進化したタイミングにも焦点を当てた。「55種類を超える色彩豊かな ソングバード がいましたが、同属であるかどうかは明確ではありません。種子を食する種もいれば果実やカタツムリを、或いは果汁を食する種もいます。オウムのような嘴や ムシクイ のような嘴を持つと思えば、フィンチ ...もっと読む | 閲覧(2584)
ラット・マウス等、幅広い生物種の抗体精製に。Ab-Capcher
Ab-Capcherは、従来の抗体精製プロテインAゲルでは限定された適応抗体生物種やプロテインGゲルの結合量の低さと言った問題点を一挙に解決した高性能プロテインA アガロースビーズ(ゲルカラム担体)です。 特にこれまで研究者のご不満の多かったラットやマウスのモノクローナル抗体も簡単・高純度に精製できます。
2012
1月
1世紀以上の研究を経ても、未だ 減数分裂 によって生物体が繁殖するメカニズムはミステリーのままであり、 細胞分裂 の過程においても、父系と母系独自の遺伝的多様性を司る特異的な位置を占めている。ミズーリー州カンサス市ストワーズ医学研究所の研究者たちは、 減数分裂 の初期に重要なメカニズムが動いている事に注目している。この研究はCurrent Biology誌2011年10月27日号のオンライン版に発表され、 シナプトネマ構造 ( SC )に含まれる セントロメア と呼ばれる重要な 染色体領域 の役割が、明らかにされている。「今回の成果と、 減数分裂 に関する他のメカニズムを理解する事は大変重要で ...もっと読む | 閲覧(2653)
フルスペクトル分子イメージング
MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析を融合した高精度・高空間分解能分子イメージング 生理学と細胞機能をより理解し、組織または生体全体における薬剤の分布をモニター、可視化する目的で、ウォーターズでは、MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析の技術の長所を融合しました。 空間分解能に優れ、質量分析イメージングとして実績の高 ...
2012
2月
今後の 小児がん の治療法を変えるであろう、劇的な 遺伝的新事実 を、カナダ、モントリオールの マギル大学ヘルスセンター研究所 ( RIMUHC )率いる国際研究チームが解明した。研究チームは、 小児グリア芽細胞腫 の約40%の原因である二つの 遺伝子変異 を同定した。 小児グリア芽細胞腫 は 化学療法 にも 放射線療法 にも非応答性である致命的な癌である。発見された変異は DNA調節 に関与していることが分かり、そのために従来の治療が効果的で無かったのではないかと思われる。他の 癌治療 にも多大な影響を与える可能性を持つ本研究は、2012年1月29日付けのネイチャー誌に記載された。また、同日 ...もっと読む | 閲覧(2144)
GenTegra 核酸安定化プロダクト
核酸サンプルの長期室温安定保存が実現GenTegra社の特許取得済みの核酸保存用製品GenTegra(精製したDNA・RNA)およびGenPlate(血液サンプル)は、室温での多サンプルの長期保存や輸送に大変便利にお使い頂けます。


運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
    登録ユーザー数
    2876人
    2017年12月15日 現在
    46 人のユーザが現在オンラインです。 (37 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
    登録ユーザ: 0 ゲスト: 46
    抗体よもやま話
    質量分析屋のネタ帳
    創薬よ何処へ
    アクセスカウンター
    DATEVisits/PVs
    2017/12/15:348/988
    2017/12/14:882/14367

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。