遺伝子研究関連のライフサイエンスニュース

  

[公開日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
2014
11月
地上に 生命体 が現れる前には混沌とした液状の分子が漂っていた。これを「 原始スープ 」という。ある時、ごく少数の特殊な分子が 自己複製 を始めた。この 自己複製 が生化学的過程の始まりで遂には最初の 生命体 が出現することになるという仮説については科学者の支持で一致している。しかし、どのようにして分子の 自己複製 が始まったのかということは科学界にとって永遠の謎の一つだ。しかし、2013年9月13日付「Journal of Biological Chemistry」誌に掲載された研究論文で、University of North Carolina (UNC) School of Medici ...もっと読む | 閲覧(6285)
BD Rhapsody シングルセル解析システム
数万のシングルセルに対し数百の遺伝子を同時解析BD社のBD Genomicsグループは、独自のMolecular Indexingテクノロジーを基本に、シングルセル解析システム " Rhapsody "を開発しました。このシングルセル解析システムは、数万のシングルセルをキャプチャーし、数百に上る標的遺伝子に対して個々の発現をデジタル定量化することが可能です。分離されたシングルセルのQC ...
2013
9月
The Scripps Research Institute ( TSRI ) の研究者が主導して行った新しい研究によると、免疫を制御している数種の小分子があって、それらが少しでも過剰生産されるとリンパ腫と呼ばれる 血液がん の引き金になることが突き止められた。 リンパ腫 その他の何種類かのがんで6種の microRNA分子 が過剰生産されることはすでに知られているが、これまでその6種の microRNA分子 のグループこそがそのタイプのがんで主要原因になることは知られていなかった。その研究では、 microRNA ががん成長を引き起こし、持続させる主要な生体パスウエーも突き止められている。 ...もっと読む | 閲覧(6084)
Mantis 次世代分注ディスペンサー <動画で紹介中!>
デッドボリュームわずか 6uL の次世代ディスペンサー MANTIS はマイクロダイアフラムポンプ搭載の分注ヘッドが6種類の異なるサンプル試薬を高精度自動分注します。弊社独自のマイクロダイアフラムはポンプ内の液量を固定化することで精密な分注を実現します。エアフローによりダイアフラムポンプを開閉するのでサンプル試薬の非接触超精密分注を可能にし、クロス ...
2013
6月
ニューヨーク市にある、ワイルコーネル医科大とロックフェラー大学の研究チームが、脾臓を欠いて生まれてくる 無脾症 に関連する遺伝子を、初めて同定した。 無脾症 は感染に対する抵抗が極めて弱いため、この疾患を持った子供達は感染症による死の危険に晒されているのだ。 遺伝子Nkx2.5 は、マウスにおいては、発生初期の段階で脾臓の創生関与している事が実証された。この研究はDevelopmental Cell誌の2012年5月3日号オンライン版に発表されたが、簡単な血液検査で Nkx2.5 の変異を調べることにより、生まれてくる赤ん坊が 無脾症 である可能性を予測できるというのだ。確定診断はスキャン画像 ...もっと読む | 閲覧(5557)
Greenpharma 天然有機化合物ライブラリー
構造多様な480の生物活性低分子有機化合物を厳選/機能性化粧品・医薬外品向けバルク供給も可能 Greenpharma天然有機化合物ライブラリーは、Greenpharma社のケモインフォマティクス・医薬品化学・生薬学の専門知識を駆使して作製された、多様で純粋な天然物由来の低分子有機化合物ライブラリーです。 Greenpharma社が保有するデータベースには、約15万種の天然有機化合物の ...
2014
10月
人間は年を取るにつれて器官の機能が衰えるだけでなく、細胞レベルでも損傷が徐々に増えていく。その理由の一つとして、DNAのエラーが累積され、欠陥のある細胞が作られるようになることが挙げられる。ドイツのケルン所在Max Planck Institute for Biology of AgeingのDr. Nils-Goran Larsson率いる研究チームが、老化は生活の間の DNA損傷 の累積によって決まるだけでなく、母体から受け継いだ損傷によるところもあることを突き止めた。同研究チームは、マウスを使った研究で母体から受け継ぐ ミトコンドリア DNAの 突然変異 が、生まれた瞬間から子供の老化過 ...もっと読む | 閲覧(4960)
ArcherDX FusionPlex融合遺伝子検出アッセイ
次世代シーケンスによる融合遺伝子の検出 疾患関連融合遺伝子の数は増加の一途を辿り、その同定には次世代シーケンサー(NGS)を用いることが現実的になってきています。 しかし、一般的なライブラリ調製法では、偽陰性が生じる、大量のサンプルが必要、新規の融合を容易に検出できない、といった問題があります。 ArcherDX社では、NGS用試薬生産のノウハウに、斬新 ...
2014
9月
2013年8月13日、米国立衛生研究所 ( NIH ) は、24件の研究プロジェクトに総額1,700万ドルの助成金を交付すると発表した。これらのプロジェクトは、最近発見された、 exRNA と呼ばれる 細胞外RNA の作用による 細胞間情報伝達 の仕組みをさらに解明することを目的としており、この助成金交付で研究者は exRNA の基礎的な研究を行い、その成果を疾患の研究、診断、治療に応用する手段や技術を開発することができる。助成金を交付される研究プロジェクトは、この新しい科学分野の可能性を十分に開花させるため、 exRNA が役立つ疾患の解明に取り組むことになっている。対象疾患として各種のがん ...もっと読む | 閲覧(4751)
Ab-Capcher 抗体精製アフィニティ磁気ビーズ
大容量の抗体精製に使用できる優れた結合能 Ab-Capcher 抗体精製アフィニティ磁気ビーズは、特許の高結合・アルカリ耐性 rProtein A 誘導体を結合したアフィニティ磁気ビーズです。 従来製品の約5倍の結合能とアルカリ洗浄による再使用ができるため、従来のアフィニティ磁気ビーズでは困難だった多量の抗体精製を簡便に行うことができます。 ラット・マウスをはじめ幅 ...


運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
    登録ユーザー数
    2876人
    2017年12月15日 現在
    40 人のユーザが現在オンラインです。 (37 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
    登録ユーザ: 0 ゲスト: 40
    抗体よもやま話
    質量分析屋のネタ帳
    創薬よ何処へ
    アクセスカウンター
    DATEVisits/PVs
    2017/12/15:340/937
    2017/12/14:882/14367

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。