臨床医学関連のライフサイエンスニュース

  

[公開日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
2017
5月
パーキンソン病 の定義、研究、および治療への転換的アプローチが発表された。これを概説している2つの文献はNature Reviews Neurology and Movement Disorders誌にオンライン掲載されている。共にシンシナティ大学(UC)Gardner Neuroscience Instituteの研究者が共同執筆者として携わっている。 パーキンソン病 を単一の実体として治療するのではなく、特定の症状または分子的特徴に基づいて、患者の異なる「ノードまたはクラスター」への治療を目的とするべきだと、この国際研究グループは主張する。 「私たちが何をすべきかを問い直す時が来ている ...もっと読む | 閲覧(1870)
IMACEL ライフサイエンス研究用の画像解析クラウドサービス
研究に没頭できる環境を作る 人工知能のサポートにより、画像解析の高度な知識がなくても誰でも簡単に短時間で画像解析が可能です。 クラウドを採用することでPC環境等に左右されずに、常に最新の機能・アルゴリズムがご利用いただけます。
2017
2月
長年、科学者は コレステロール について頭をひねっていた。コレステロールは生体に必須の物質であり、同時にはっきりと有害な物質だが、細胞で コレステロール がもっとも集中している 細胞膜 でのその働きを誰も知らない。イリノイ州シカゴ市のUniversity of Illinois at Chicago (UIC) の研究チームは、先駆的な光学画像技術を用い、世界で初めて 細胞膜 内での コレステロール の位置と動きを正確に追跡した。その結果、 コレステロール は様々な生体的役割の他に、 細胞膜 内で情報を伝達する信号分子の役割という意外な発見があった。 この研究論文は、2016年12月26日付 ...もっと読む | 閲覧(1223)
プロキューブ(ProCube) 組換えタンパク質受託生産サービス
カイコ‐バキュロウイルス発現系を用いたリコンビナントタンパク質受託生産サービス "ProCube®は、世界的にも珍しいカイコ‐バキュロウイルス発現系を用いたリコンビナントタンパク質の発現受託サービスをご提供しております。 カイコ‐バキュロウイルス発現系は、一般的な昆虫培養細胞を用いたバキュロウイルス発現系と異なり、カイコ虫体そのものを発現宿主 ...
2017
2月
テキサス大学 南西部医療センターの研究者は、 脳腫瘍 の一般的なタイプである グリオーマ ( 神経膠腫 )の新しい バイオマーカー を発見した。このバイオマーカーは、医師がどれほど活動的な癌であるかを決定することや、治療方針を決める上で助けになるという。 Harold C. Simmons Comprehensive Cancer Centerの研究者は、 SHOX2 と呼ばれる遺伝子の高発現が中等度の グリオーマ における生存率の低下を予測できることを発見した。「独立した バイオマーカー として、SHOX2の発現は、IDH変異として知られている現在最も広く使用されているマーカーほど強力です。 ...もっと読む | 閲覧(740)
ReVERSE-AVIDIN Spin Column
ビオチン化タンパク質を10分で簡単に精製できるスピンカラムです。 従来のストレプトアビジンと同様の強固な結合は保持しつつ、ビオチンを添加するだけで簡単にアガロースビーズからビオチン化タンパク質を溶出できます。
2016
9月
無作為化第3相臨床試験MA.17Rで、letrozole (商品名Femara) を使ったアロマターゼ阻害薬 (AI) 療法を5年から10年に引き延ばすことで閉経後の早期 乳がん に対する治療効果が高まることを突き止めた。 以前にtamoxifenを投与されたことがあり、その後5年間のAI療法を受けた乳がん患者は、さらに5年間のletrozole投与を受けることで、プラセボ投与患者に比べて再発率を34%引き下げることができた。この試験はCanadian Cancer Trials Groupが主導し、Canadian Cancer Trials Groupの参加で行われた。 この研究成果は ...もっと読む | 閲覧(1836)
Xevo G2-XS QTof四重極飛行時間型(QTof)質量分析計
高性能ベンチトップ型QTof質量分析計により糖タンパク質をすべての構造レベルで解析! 高性能ベンチトップ型QTof質量分析計 Xevo G2-XS QTofをRapiFluor-MS標識試薬と組み合わせることで、前例のない MS および MS/MS 感度を実現し、微量の糖鎖成分までを容易に、より高い信頼性で同定します。 さらに、糖タンパク質プロファイリング、サブユニット解析、糖ペプチドマッピング ...
2016
9月
膵がん 治療薬の試験としてはかなり大きな規模で行われた第3相試験で、 gemcitabine と経口抗がん剤の capecitabine を併用することで毒性を増すことなく生存率を引き上げることができることが示された。現在、gemcitabineは、膵がん摘出手術後の標準的な 補助化学療法 として世界的に用いられている。 この研究は、2016年6月3日の記者会見で発表されており、また、2016年6月3日から7日までアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ市で開催された2016 American Society of Clinical Oncology ( ASCO ) Annual Meetingにお ...もっと読む | 閲覧(894)
IMACEL ライフサイエンス研究用の画像解析クラウドサービス
研究に没頭できる環境を作る 人工知能のサポートにより、画像解析の高度な知識がなくても誰でも簡単に短時間で画像解析が可能です。 クラウドを採用することでPC環境等に左右されずに、常に最新の機能・アルゴリズムがご利用いただけます。


運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
    登録ユーザー数
    2804人
    2017年09月24日 現在
    63 人のユーザが現在オンラインです。 (61 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
    登録ユーザ: 0 ゲスト: 63
    抗体よもやま話
    質量分析屋のネタ帳
    創薬よ何処へ
    アクセスカウンター
    DATEVisits/PVs
    2017/09/24:660/24679
    2017/09/23:730/28967

     

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。