ノンコーディングDNAの重複が人間固有の特徴の進化に影響を与えていた可能性

2017
11月 16
(木)
14:00
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

ノンコーディングDNAの重複が人間固有の特徴の進化に影響を与えていた可能性

2017年10月18日、フロリダ州オーランドで開催された2017年American Society of Human Genetics (ASHG) 年次会議においてプレゼンテーションのあった研究によると、ヒト・ゲノム中のノンコーディングDNAの大きなセグメントが重複されてきたことが人間と他の霊長類との違いを生んだ可能性がある。調節塩基配列を含むこのような重複と人間の特徴と行動に及ぼすその影響を突き止めれば人間の疾患の遺伝的要因が説明できるようになる可能性がある。

この研究の報告を行ったPaulina Carmona-Mora, PhD、Megan Dennis, PhDや同僚研究者らUniversity of California, Davisの研究グループは、ヒト・ゲノムにはあっても他の霊長類やその他の動物に見られない、1,000塩基対以上の長さのDNAセグメントの反復というヒト固有の重複 (HSD) の履歴を調べた。また、その研究では、遺伝子コードを持たず、他の遺伝子の発現を調節するだけのHSD領域に注目した。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    前のニュース「
    次のニュース「
    閲覧(1191)

    投稿ツリー


    bioassociates  投稿日時 2017/11/17 11:35
    引用:

    mizukiさんは書きました:
    「Duplication」の日本語訳を「複製」をしていますが、正しくは「重複」ですね。
    ご指摘有難うございます。修正させて頂きました。
    mizuki  投稿日時 2017/11/17 9:58
    「Duplication」の日本語訳を「複製」をしていますが、正しくは「重複」ですね。


    おすすめ製品・サービス

    VOICE200Ultra マルチ反応リアルタイム質量分析計SIFT-MS
    高湿度下でも代謝関連揮発性物質を選択的にpptレベルで前処理せずにリアルタイム定量分析できます。医学研究における強力なツールとなります

    おすすめ製品・サービス

    Enzymatics 5x WGS
    全てを1本のチューブで行う、シンプルかつ迅速なワークフローを実現 Enzymatics社の5x WGS (Whole Genome Sequencing; 全ゲノムシーケンス) ライブラリ調製アッセイでは、次世代シーケンス用ライブラリ調製の全ての工程 (断片化を含む) を1本のチューブで行うことができます。 自在にサイズ調節可能な酵素ベースの断片化と、シンプルで迅速なワークフローにより、Illumina社の次世代シーケンサーで直ちにシーケンス可能な高品質ライブラリを2.5時間以内に調製できます。 高効率な断片化とライゲーション試薬、さらに最適化されたPCR試薬を組み合わせることで*、5x WGSライブラリ調製アッセイは、 次世代シーケンス用ライブラリ調製における品質、スピードおよび処理能力という課題に対する唯一の解決策となり得ます。 *PCRフリーも可能です
    運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      登録ユーザー数
      2876人
      2017年12月15日 現在
      50 人のユーザが現在オンラインです。 (42 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 50
      抗体よもやま話
      質量分析屋のネタ帳
      創薬よ何処へ
      アクセスカウンター
      DATEVisits/PVs
      2017/12/15:344/978
      2017/12/14:882/14367

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。