Johns Hopkins病院の研究: 早期膵臓がんの液相生検で、がん固有のDNAとタンパク質マーカーを検出

2017
9月 14
(木)
11:00
先端診断のライフサイエンスニュース

Johns Hopkins病院の研究: 早期膵臓がんの液相生検で、がん固有のDNAとタンパク質マーカーを検出

Johns Hopkins病院の研究チームは、早期膵臓がんのがん固有のDNAとタンパク質バイオマーカーを検出する血液検査法の開発を発表した。複合「液相生検」で、早期膵臓がん患者221人の血液サンプルのバイオマーカーを検出したのである。

2017年9月4日付PNAS誌オンライン版に論文が掲載されたこの研究で、DNAとDNAの産物であるタンパク質との双方のマーカーの検出で疾患を判定する方法は、DNAのみの検出よりも2倍も正確であることを示している。そのような液相生検は、血液中を無数の正常なDNAが流れる中からがん固有のDNA分子を拾い上げることを狙いとしている。がんはその突然変異したDNAを血流中に放出する傾向があるため、ゲノム・シーケンシング・ツールを使って血液をふるいにかけると、そのようながん固有のDNAを見つけることができる。

Johns Hopkins University School of MedicineのAssistant Professor of Surgeryを務めるJin He, MDは、「早期膵臓がんは、ほとんどの場合イメージング・スキャンの際に偶然発見されるだけで通常は何の症状も見せない。その結果、しばしばかなり進行してから発見されるため、切除、手術を行うことが難しい状態になっている」と述べている。Dr. Heは、「過去30年間、切除可能な段階でがんを発見することに関してはほとんど進歩を見せていない。この検査法の効力がもっと大規模な研究で確かめられれば、早期の症候を見せない膵臓がんの発見に用いることができるようになる」と述べている。また、研究チームは、「この検査法はまだ研究室の外に持ち出せる段階ではないが、がんから血液中に放出されるタイプの突然変異DNAはきわめてがん固有のものだ」としている。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    前のニュース「
    次のニュース「
    閲覧(754)

    おすすめ製品・サービス

    経上皮電気抵抗(TEER)測定装置
    角膜上皮細胞、皮膚上皮細胞、神経細胞等、様々な細胞のバリア機能の評価にお使いいただけます。ad-MED ビトリゲル®シリーズに対応した専用電極を開発。インサートにしっかりと固定することによって、TEERのわずかな変化も正確に測定できます。TEER値を測定しながらインサート内にサンプルを添加できます。細胞に対するサンプルの影響をリアルタイムにモニタリングできます。付属のデータ転送ソフトによるパソコンへのデータ保存・閲覧が可能です。また、保存したデータの表計算ソフト等で加工・解析も可能です。

    おすすめ製品・サービス

    Mantis 次世代分注ディスペンサー <動画で紹介中!>
    デッドボリュームわずか 6uL の次世代ディスペンサー MANTIS はマイクロダイアフラムポンプ搭載の分注ヘッドが6種類の異なるサンプル試薬を高精度自動分注します。弊社独自のマイクロダイアフラムはポンプ内の液量を固定化することで精密な分注を実現します。エアフローによりダイアフラムポンプを開閉するのでサンプル試薬の非接触超精密分注を可能にし、クロスコンタミを回避します。
    運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      登録ユーザー数
      2804人
      2017年09月24日 現在
      65 人のユーザが現在オンラインです。 (64 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 65
      抗体よもやま話
      質量分析屋のネタ帳
      創薬よ何処へ
      アクセスカウンター
      DATEVisits/PVs
      2017/09/24:660/24661
      2017/09/23:730/28967

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。