ブロッコリ抽出物が2型糖尿病の血糖値コントロールを改善

2017
8月 22
(火)
18:00
食品機能/栄養研究のライフサイエンスニュース

ブロッコリ抽出物が2型糖尿病の血糖値コントロールを改善

ある研究チームが、ブロッコリに多く含まれている抗酸化物質が抗糖尿病物質でもあることを突き止めた。糖尿病患者を対象とした研究で、参加者にスルフォラファンを多く含むブロッコリ抽出物を食べさせたところ、血糖値が大幅に低下したということだ。スエーデンのUniversity of Gothenburg, Metabolic Physiology講師を務め、Lund University Diabetes Centreに所属するDr. Anders Rosengrenは、「これが既存の治療薬に対する貴重なサプリメントになる可能性がある」と述べている。

2017年6月14日付Science Translational Medicineに掲載された研究論文は、Sahlgrenska Academy、University of Gothenburg、Lund UniversityのFaculty of Medicineが共同で長年研究を続けてきた成果である。オープンアクセスとして掲載されたこの研究論文は、「Sulforaphane Reduces Hepatic Glucose Production and Improves Glucose Control in Patients with Type 2 Diabetes (スルフォラファンが2型糖尿病患者の肝糖産生を抑え、血糖抑制改善)」と題されている。

この研究の目的は、2型糖尿病の重大なメカニズムである肝臓のブドウ糖産生亢進を抑制する、新しい治療薬の発見にあった。標準的な治療薬のmetforminもまさしくその薬効を持っているが、消化器系の副作用を引き起こしやすく、また腎機能が甚だしく衰えている場合には投与できないため、この薬剤を使えない糖尿病患者も多い。

研究チームは、まず糖尿病患者の肝臓の遺伝子変化のマッピングから始めた。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    前のニュース「
    次のニュース「
    閲覧(847)

    おすすめ製品・サービス

    ガラスMEMSファンドリーサービス
    大型ガラス基板によるマイクロ流路・マイクロストラクチャー加工半導体・FPD用マスクブランクスのメーカーとして培って来たDefect free成膜技術をベースにした大型ガラス基板によるマイクロ化学チップの量産を可能にいたします。

    おすすめ製品・サービス

    VHH抗体のスクリーニング・発現サービス
    動物免疫を行なわず人工合成遺伝子ライブラリーを用いたスクリーニング、VHH抗体を取得するサービスです。抗体医薬が注目される中で昨今注目を浴びつつあるのがラクダ科動物の持つ重鎖抗体の可変領域であるVHH抗体です。VHH抗体は温度やpHなどに対し高い安定性を持ち、微生物での低コスト生産も可能です。VHH(variable domain of heavy chain of heavy chain antibody)抗体とは、ラクダ科動物(ラマ、アルパカ等)が有するH鎖のみで構成される抗体(重鎖抗体)の可変領域の事。本サービスはラクダ科動物への免疫を行なわず、完全合成人工遺伝子ライブラリーを用いてcDNAディスプレイ法によって特異的なVHH抗体遺伝子を効率的にスクリーニング実施します。得られたVHH抗体遺伝子をブレビバチルス発現系で効率的に分泌生産させ目的抗原に対して高 ...
    運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      登録ユーザー数
      2804人
      2017年09月24日 現在
      63 人のユーザが現在オンラインです。 (61 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 63
      抗体よもやま話
      質量分析屋のネタ帳
      創薬よ何処へ
      アクセスカウンター
      DATEVisits/PVs
      2017/09/24:660/24676
      2017/09/23:730/28967

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。