抗体書籍の著者による抗体基礎知識 「一本鎖抗体は是か非か」 - 抗体よもやま話

一本鎖抗体は是か非か


トップ  >  一本鎖抗体は是か非か

  著者:  作成:2015/7/27 10:00:00

大海 忍

分子生物学的技法をもっていて様々な抗体をつくりたいと思うとどうしてもここへ行き着くようです。一本鎖抗体scFv, single chain Fv)は、抗原との結合に必要な抗体遺伝子の部分(重鎖と軽鎖の可変領域、それぞれ VH と VL)をリンカーを介して繋げた断片としファージに組み込んだものです。


通常は、抗体産生細胞である B リンパ球の集団から調製しますが、ここから様々な抗体を単離したいので、正常な(無感作の)動物由来の B 細胞を用います。


スクリーニングを繰り返して抗原に結合するファージをとってくると、確かに特異性のあるものがとれてきます。結合実験をすると、ほどほどの強さのデータもとれます。世に出ている一本鎖抗体の論文は大部分がこのようにして生まれています。


そんな良い方法があるならばこれまでの抗体はすべて scFv に取って代わられるかといえば、そうではなく、動物...

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « モノクローナル抗体の特長について
    素朴な疑問 »



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:41平均点:5.61

    おすすめ製品・サービス

    ラット・マウス等、幅広い生物種の抗体精製に。Ab-Capcher
    Ab-Capcherは、従来の抗体精製プロテインAゲルでは限定された適応抗体生物種やプロテインGゲルの結合量の低さと言った問題点を一挙に解決した高性能プロテインA アガロースビーズ(ゲルカラム担体)です。 特にこれまで研究者のご不満の多かったラットやマウスのモノクローナル抗体も簡単・高純度に精製できます。
    高吸着能ゲルを充填したReady to useの抗体精製カラムキット Ab-Express
    高吸着能ゲルを充填したReady to useの使い捨て抗体精製カラム&バッファーキット。 低価格・簡単・スピーディー。 ラット・マウス・ウサギ等、様々な抗体精製にお薦めします。
    抗体トランスフェクション試薬 Ab-Carrier
    抗体トランスフェクション試薬Ab-Carrierは、生細胞内への抗体導入試薬です。 プロテノバが独自に開発した膜透過性人工ペプチドの機能により、細胞毒性を抑制しつつ簡単に効率良く抗体を導入できます。 Ab-Carrierは、高い膜透過活性とIgG 結合活性を有するので、非常に効率よく種々の動物種やサブクラスのIgGを生細胞に導入できます。

    投稿ツリー


    atsushi_takayanagi  投稿日時 2015/12/11 17:32
    大海先生
    >これらのコンパクト抗体は一価なので抗原とのアフィニティーが低くスクリーニングで苦労するとのことですが、
     いえ、スクリーニング自体はタンパク抗原等では容易です。しかし、その中から高親和性抗体を濃縮・選別する方法が案外難しいというか面倒です。この辺はいろいろとノウハウ的なものがあります。通常欠失クローンの方が大腸菌に負荷がかからないせいかphageの増殖が早いのでパンニング(抗原での選抜>大腸菌での増幅)を行いすぎると親和性の弱い欠失クローンばかりになることもあります。また得られたクローンによるELISAのシグナル強度は、培養上清に含まれるファージ量にも寄りますので親和性の指標にはなりません。このため親和性の高いクローンを選抜するにはファージを含む大腸菌上清という汚い溶液でも分子間相互作用を測定可能な機器を使うのが早道です。商業的に行っているところは得られたクローンの親和性を上げるため変異を導入する手法を併用しているそうです。
    なお親和性の低いscFvしか取れなかった場合は、多量体化タグを付けてしまう力業もあります。
     また、scFvライブラリーのようにhelper phageを使うものは実際の抗体提示率は以外に低く<10%であること(ほとんどはscFvを提示していないphageであること)も気に留めておいた方が良いかもしれません。スクリーニング効率を向上するため、抗体提示率を向上させる方法も複数報告されています。
     最近はファージディスプレイの方法論的な報告は減っていますので、成熟した技術になりつつあるのでしょう。その割はあまり広まっていないような。。まあ良いライブラリーを作るのは面倒ですし、あるいは発現ライブラリーなので増幅し過ぎると劣化しやすい欠点もあるからでしょうか(=大量に配布できない)?欲が出るからか?
     なお in vitro での抗体作成の魅力としては、動物を免疫する方法では出来ない効果的なサブトラクション(似ているものには結合しない抗体)や逆に異なる抗原上の共通エピトープに結合する抗体を得ることが可能な点もあります。
    ohmiS  投稿日時 2015/12/7 16:00
    実験をされているかたからのコメントは本当に貴重です。ありがとうございます。私は scFv をとことんやっていないので良さも欠点についても知らないことばかりですが、いろいろと問題点があるわけですね。それから本来の抗体により近い Fab ライブラリーは魅力的です。これらのコンパクト抗体は一価なので抗原とのアフィニティーが低くスクリーニングで苦労するとのことですが、抗原濃度を高めるとなんとかなるような気もします。例えば、ファージディスプレイを利用すると合成ペプチドを使ったときと比べて格段に結合が見えてきます。

    一本鎖抗体や Fab ライブラリーをはじめとする in vitro での抗体作成の魅力は、一見手間がかからないことと免疫動物の力を借りないのでブラックボックスが存在しないわかりやすさなのかもしれません。一度ライブラリーを作ってしまえば色々な抗体に活用できるという意識は、かつての 分子生物学領域での cDNA ライブラリーの発想でしょうか。私も苦労して作った質の良い cDNA ライブラリーから次々とクローンを単離できた覚えがあります。しかし、抗体産生については、私たちがまだこれから学ぶべき仕組みがあるはずです。モノクローナル抗体は、良い抗体が取れてしまえば途中のことは重視されません。せいぜい、スクリーニングをどうやったかなど私たちが把握できている実験過程を振り返るくらいです。動物内での抗体分子の設計がどうなっているかは、 基礎研究レベルで追求してほしいものです。

    引用:

    atsushi_takayanagiさんは書きました:
    大海先生、毎回楽しく読ませて頂いております。自前でライブラリーを作製しscFvを使っている者です。
    scFvの使い勝手が悪い点で、ざっと思いつくのは(1)scFvの検出に通常tag抗体が必要で手間が増えること、(2)scFvタンパク自体を調製する手間がそれなりに必要なこと、(3)親和性がほどほどな物が多く多価にしない限り抗原の検出感度が低いこと、(4)Fab,IgG型に変換すると親和性が落ちるVH/VL遺伝子があること(その場合scFv-Fcという手もあります)、でしょうか。逆にmAbのVH,VL遺伝子を利用してscFvに変換すると親和性が低下する場合が多いのでこちらも注意が必要です。
    なお、高親和性抗体を取るためには、ライブラリーの質(レパートリー数も含む)の向上・スクリーニング法の工夫が必要だと経験上思います。
    総じて、scFvはin vitroで抗体スクリーニングするメリットを生かさないと手間がかかる代物だと思います。
    なお、自前でライブラリーを作ろうと考えている方には(4)のことを考慮してscFvではなくFabライブラリーを私はお薦めします。もっともFabよりscFvの方が一般的に収量が多いこと、改変が容易なことなどもありますので使用目的により選択すべきでしょう。
    atsushi_takayanagi  投稿日時 2015/11/29 18:02
    大海先生、毎回楽しく読ませて頂いております。自前でライブラリーを作製しscFvを使っている者です。
    scFvの使い勝手が悪い点で、ざっと思いつくのは(1)scFvの検出に通常tag抗体が必要で手間が増えること、(2)scFvタンパク自体を調製する手間がそれなりに必要なこと、(3)親和性がほどほどな物が多く多価にしない限り抗原の検出感度が低いこと、(4)Fab,IgG型に変換すると親和性が落ちるVH/VL遺伝子があること(その場合scFv-Fcという手もあります)、でしょうか。逆にmAbのVH,VL遺伝子を利用してscFvに変換すると親和性が低下する場合が多いのでこちらも注意が必要です。
    なお、高親和性抗体を取るためには、ライブラリーの質(レパートリー数も含む)の向上・スクリーニング法の工夫が必要だと経験上思います。
    総じて、scFvはin vitroで抗体スクリーニングするメリットを生かさないと手間がかかる代物だと思います。
    なお、自前でライブラリーを作ろうと考えている方には(4)のことを考慮してscFvではなくFabライブラリーを私はお薦めします。もっともFabよりscFvの方が一般的に収量が多いこと、改変が容易なことなどもありますので使用目的により選択すべきでしょう。
    Happy  投稿日時 2015/8/5 9:27
    ある癌マーカーとしての蛋白質がみつかりそうです。適切な抗体をどこかに作成お願いしたいのですが、何かヒントをいただけますか?


    • 自己紹介
      はじめまして、 大海 忍 (おおうみしのぶ)です。 抗体 にかかわる話題を提供することになりました。 私がはじめて 抗体 を意識したのは1970年代後半で大学院生の頃です。研究テーマの対象が原…続きを読む (2015-7-14)  
    • 素朴な疑問
      抗体 って教科書や辞典で調べると例外なく、外来抗原に対して産生される抗原結合たんぱく質というように説明があります。それでは、血液中に存在する 抗体 = 免疫グロブリン は何に結合するのでしょうか。…続きを読む (2015-7-17)  
    •   »  一本鎖抗体は是か非か(2015-7-27)

    • モノクローナル抗体の特長について
      モノクローナル抗体 の作成技術は、 Köhler と Milstein によって1975年に報告された画期的方法です。 抗体産生細胞 である Bリンパ球 を腫瘍細胞と融合させて 不死化 するこ…続きを読む (2015-8-3)  
    • 抗ペプチド抗体について
      たんぱく質に対する 抗体 を作るときは、免疫原としてそのたんぱく質が必要です。以前は、たんぱく質を精製・純化しましたが、遺伝子が単離されているときはリコンビナントたんぱく質を用いることが多くなりました…続きを読む (2015-8-10)  
    • 抗体の実験操作、温度設定は?
      今夏2015の暑さは異常と言ってもいいほどで外を歩くのが怖かったですね。猛暑日にエンジニアが駆け込む場所はサーバールームという記事を見て大学在職時の実験室を思い出しました。 大きなフロアには低温室があ…続きを読む (2015-8-17)  
    • 「固定」ということば
       実験操作の「 固定 」についてです。「 固定 ( fixation )」はもともと、顕微鏡観察用の標本を作成する際に形態を保持するために加熱、凍結、薬品などで処理することをいいます。この過程でたんぱ…続きを読む (2015-8-24)  
    • 良い抗体
      研究論文に記載されている 抗体 は良い 抗体 だと思いますか?  なぜこんな質問をしたかというと、手持ちの 抗体 を売ってもらう場合、論文を引用できることが必須条件だそうです。 もちろん、発表論文…続きを読む (2015-8-31)  
    • 抗体のパクリはありうるか
      このごろ商標デザインをはじめ各分野での盗用を耳にします。少し前には研究のスキャンダルが一般社会へ漏れ出て大騒ぎになりましたね。 ここでは、 抗体 は知的財産として確立するか、いいかえれば 抗体 を盗…続きを読む (2015-9-7)  
    • イムノブロットのバンドを質量分析計で同定したい
       標的とする抗原が未同定の モノクローナル抗体 をもっている研究者から以下のような相談がありました。 「がん細胞に高発現している抗原に対する モノクローナル抗体 をもっています。がん細胞の全たんぱく質…続きを読む (2015-9-24)  
    • CD 抗原 
      細胞を扱って実験されたことがあるかたは CD 抗原 になじみがおありかもしれません。 CD は cluster of differentiation のことで、白血球の細胞表面抗原を「CD」の…続きを読む (2015-10-1)  
    • 阻害剤の抗体で副作用追跡を
      2015年の ノーベル生理学・医学賞 は皆さんにとってサプライズでしたか。 私はこういう評価も当然ありと考えます。前評判が高いトレンディな研究よりも、地道に長年かけて積み上げた研究成果は、いずれは…続きを読む (2015-10-14)  
    • 膜貫通たんぱく質に対する抗体づくり
      細胞の 形質膜 を一回だけ 貫通 して細胞表面に表現されるたんぱく質に対する 抗体 を考えてみましょう。 がん細胞などでこのようなたんぱく質が特異的に発現していると、良い 腫瘍マーカー になることが期…続きを読む (2015-11-11)  
    • エピトープマッピング
      大きなたんぱく質に対して モノクローナル抗体 を作成したときは、その 抗体 が 抗原 のどの部分に結合するかを知りたいものです。 抗体 が結合する 抗原 の部分構造を 抗原決定基 あるいは エピトープ…続きを読む (2015-12-16)  
    • ポリクローナル抗体のエピトープ解析
      ポリクローナル抗体 は、幾つもの モノクローナル抗体 が混ぜ合わさったものですから、わざわざ エピトープマッピング をする意味がありません。 しかし、抗血清をあえて エピトープ解析 すると面白い結…続きを読む (2016-1-18)  
    • たんぱく質の骨
      通勤や仕事で外出する際にはカバンをお持ちになることが多いかと思います。 好みにも依りますが、ゆったりした大きめのカバンで中身が少ないときは自立しなくてヘナヘナと倒れてしまうことがありますね。そういうと…続きを読む (2016-2-3)  
    • ELISA だけに頼ると失敗するかも
      新しく 抗体 を作るときに、目的の 抗体 ができているか見極める評価法をどのようにされますか。 一般的には、 免疫原 として利用した 抗原 とは異なった材料を評価に用いるのがよろしいです。例えば、ペプ…続きを読む (2016-3-7)  
    • ELISAの定量性について
      私が 酵素抗体法 ( ELISA , Enzyme-Linked Immunosorbent Assay ) と出会ったのは大学院博士課程に在学していた1970年代後半の頃でした。 本郷キャンパ…続きを読む (2016-3-8)  
    • 低分子物質の抗体をつくるときは
      抗原性 はあるが 免疫原性 をもたない低分子物質を ハプテン といいます。なるべく多くの人に読んでもらいたい文章を書こうとするとき、このような導入法は NG ですね。冒頭の一文にある専門用語のうち一…続きを読む (2016-4-11)  
    • 抗 DNP 抗体の活用法
      皆さんタグの抗体は実験でお使いかもしれません。 His タグ 、 FRAG タグ など、タグの配列を組換えたんぱく質に入れ込んでおくと、遺伝子導入したたんぱく質を 抗体 で高感度に検出できるという便利…続きを読む (2016-5-11)  
    • 抗体ロボティクス
      私がまだ在職中、遠心機メーカーで技術を担当されていたかたが来られて、退職してロボットを受託して作る仕事をはじめたとのこと、そのときは漠然と「個別作業に特化した自動装置なんだ。それは良いな」と思ったもの…続きを読む (2017-2-8)  
    • イムノブロットあれこれ、その 2. サンプル調製と保存、いかに抗原性を保つか
       生体サンプルを SDS ポリアクリルアミドゲル電気泳動(SDS-PAGE)にかけて膜に転写し、抗体で解析することは多々あると思います。このイムノブロット法は、抗体を活用するための基本的方法のひとつで…続きを読む (2017-5-24)  
    • 生きている樹木ってすごいよ。
       曽て在職中に駒場キャンパスにある大学院を兼担していたことがありました。文系と理系が融合した総合文化研究科という大学院で、その中に生命環境科学系というグループがありました。植物を対象に研究されている先…続きを読む (2017-7-11)  
    • リン酸化部位特異抗体はやや難しい
      たんぱく質のリン酸化は、数ある翻訳後修飾の中でも可逆的な反応の一つで、細胞内外の環境に呼応して起こるので、生体の情報伝達に関わる現象として研究されてきました。リン酸化されるアミノ酸残基は、主としてセ…続きを読む (2017-10-31)  
    • 抗体づくりのトラブル談 その1.C末端配列が!
       実験には失敗がつきものです。なぜかというと、研究を推し進めるための実験は、ひとつひとつの実験結果をどう解釈し、次の実験をどのように計画するかによって、真実に近づくための手段となるか、道を踏み外して結…続きを読む (2018-2-13)  

    おすすめ製品・サービス

    BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム
    タンパク質分離をより確かに - タンパク質の分離に関わる様々な問題を解決する新規カラム BioResolve RP mAb Polyphenyl カラムのイメージ BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム 高い分子量と、複雑な構造をもつタンパク質の分析には多くの困難が伴います。 粒子径2.7 μmのソリッドコアパーティクル、新規官能基を採用することにより、分離の向上のみならず、キャリーオーバーの改善も実現させ、同時に、タンパク質の逆相分離で一般的に用いられる高温、イオンペア試薬に由来する問題も低減します。 また、ガードカラム、タンパク質分析に特化したスタンダードもラインアップしており、初めてタンパク質分析を行う際にも安心な手順書、分析例など、サポートも充実しています。
    iRepertoire TCR/BCRレパートリー プライマーセット:次世代シーケンサーによる網羅的シーケンス解析
    次世代シーケンシングによる免疫レパートリーの配列決定 次世代シーケンシングは、免疫レパートリーのV領域(またはV(D)J配列)をパラレルに数百万の塩基配列決定を可能にしますが、次世代シーケンサーの多くは配列のread-lengthに限界があります。 そこでiRepertoire社では、様々なread-lengthに対応したヒト・マウス免疫細胞のCDR3領域をカバーするマルチプレックスPCRプライマーセットを供給しています。
    ReVERSE-AVIDIN Spin Column
    ビオチン化タンパク質を10分で簡単に精製できるスピンカラムです。 従来のストレプトアビジンと同様の強固な結合は保持しつつ、ビオチンを添加するだけで簡単にアガロースビーズからビオチン化タンパク質を溶出できます。
    運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

    バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

    ユーザー登録すると...

    コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

    様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

     

    ユーザー登録は1分で完了

    ユーザー登録は無料

    運営者:バイオアソシエイツ株式会社

    抗体よもやま話
    • 大海 忍
      元・東京大学医科学研究所 疾患プロテオミクスラボラトリ 准教授 大海 忍 先生による抗体入門講座です。抗体に関する様々な話題や抗体実験で注意すべき点などを分かりやすくご紹介します。

    にほんブログ村 科学ブログ 生命科学へ
      登録ユーザー数
      2961人
      2018年04月21日 現在
      40 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 抗体よもやま話 を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 40
      BioQuick ニュース

      BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
      BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

      質量分析屋のネタ帳
      創薬よ何処へ
      アクセスカウンター
      DATEVisits/PVs
      2018/04/21:266/1155
      2018/04/20:833/14827

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。